仕事を探すときや選ぶとき何を理由に選ぶ?やりがいは必要…でも失ったら?

仕事にやりがいを求める人は多いですよね。やりがいがあれば頑張れるし続けられるもの。
「やりがい」の意味は簡単に言うと「そのことをするだけの価値」です。

ここからは、そんな「やりがい」についてお話します。

スポンサーリンク

仕事を探すときや選ぶとき何を理由に選ぶ?

仕事を選ぶ時の基準は人それぞれ。
給与、休み、環境、、、いろんな基準がありますよね。
私の場合は「給与、休み」です、給与が良くて休みがしっかりあるのがいいです(笑)
冗談はさておき、あなたはどんな理由で選びますか?
1つ1つ見ていきましょう。

・給与
これは誰もが気にするところですよね。生きていく為、それなりの生活を送る為に働くわけですから、
多いに越したことはありませんね(^^)

・休み
これも大切なことですね。私生活が充実していれば仕事もうまくいくもの。その為にはきちんと休んで身体と心を休ませてあげる必要があります。
休日出勤や膨大な時間の残業などは良くないですね💦

・環境
環境とは、従業員数や会社内の冷暖房などの設備もありますが、通勤環境もあります。
あまりにも遠くて通勤だけで疲れてしまってもったいないと思います。
ですので「自分がこれなら通える」時間・距離の限度を考え、その限度よりも少し短い所で探すと良いでしょう。

仕事にやりがいは必要だと感じてる?

仕事をする上で「やりがい」は少なからず必要だと思います。
やりがいを持つことで仕事に対する責任感や達成感が生まれ、モチベーションアップにも繋がるからです。

例えば「お客様の笑顔が見れる」「大きなプロジェクトを成功させる」「商談が成立する」などです。

私も実際、そういったやりがいを感じる事で日々の仕事を頑張ることができました。

しかし、それって本当に必要な事なのでしょうか?

もちろん不要とは言いません。しかしそのやりがいにとらわれすぎて仕事が嫌になってしまっては元も子もないと思うのです。

ですので、仕事にやりがいの必要性を感じていないのであればそこまでこだわることはありません。

決して「やりがいの必要性を感じないから自分はだめだ」とは思わないでください(*^^*)

仕事にやりがいを失ったらときに見つけるコツ

私は、そもそもやりがいとは仕事上の事だけではないと思っています。
例えば「もらったお給料で自分にご褒美を買えた」「頑張って働いた分の休みで旅行に行った」
などのプライベートを充実させる事にやりがいという名の目標を見出してはいかがでしょうか(*^^*)

それでも仕事のやりがいを見つけたい!と思われる方もいらっしゃると思うので、私の中の「やりがいを見付けるコツ」をお話します。

まずは「自発的」に仕事をしてみてください。指示されるまま上司や先輩の「言いなり」になって日々仕事をしていると「自分は何なんだ」と感じてしまうこともあります。

そんな時、自分で仕事を作り出して自分の意思でやっていると感じる事ができれば、仕事に対する考え方も変わってくると思います。

例えば、与えられたノルマの中で自分の目標を決めます。
簡単に言うと、任された仕事をこなす為のタイムテーブルを作るのです。

「何時までにここまで、これは何時間でやる」

の様に簡単な目標でも立てておくと、自分で仕事を進めている感じが掴め、操られてる感は減ると思います。

それを続けているうちに「次は1時間早く終わらせよう!」→「1時間早く終わらせることができた!」→「上司に褒められた!」となり、やりがいを感じることに繋がってくるでしょう。

さいごに

仕事のやりがいについてお話してきましたがいかがでしたでしょうか?
やりがいというのは無理に見つけようとしなくても大丈夫です。
仕事をしてその対価を給与としてもらう事自体が、「やりがい・そのことをするだけの価値」を見出だせているのではないでしょうか( ^ω^ )

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。