異業種への転職動機は前向きな理由?きついと言われる異業種への転職を失敗しないための心得とは

仕事
スポンサーリンク

30代後半・・・そして独身。

独身時代なら身軽に動けるし、転職するなら今しかないっていうのはありますよね?

思い切って未経験の異業種への転職を考えているという場合、年齢が行ってからの異業種への転職はきついとも聞きますが、失敗しないために心得ておくことってなんでしょうか?

スポンサーリンク

異業種への転職動機は前向きな理由ですか?

 

あなたはどうですか?

前向きな理由ですか?

 

私が異業種に転職して感じたことは、自分がやることは変わらないという事でした。

 

仕事をすることは、必ず誰かの役に立ちます。

それをしっかり考えていれば、極論どんな仕事でも大丈夫だと思います。

 

何かを作れば、誰かのためになる。

何かを売れば、誰かが使う。

 

世の中上手い事出来ています。

 

直接的でも、間接的でも、どんな仕事でも誰かのためになります。

そののことだけは忘れないで下さい。

 

逆にそこさえ持って入れば頑張れると思います。

 

異業種への転職がきついと言われるのはなぜ?

 

きついと言われるのは、技術進歩や、情報が多いからではないでしょうか?

多くの方は、自分の経験をもとにステップアップの転職をするのだと思います。

 

ところが、異業種へ転職をしようと思うと今までの知識や経験が役に立たないことも多いですね。

 

そのため、転職先では自分が知らない分、ものすごく頑張らなくてはなりません。

そして、ある程度年齢が行っていれば求められるものも多く、たくさん経験しなくてはいけません。

私の場合は一般社員より一つ上のリーダークラスでの採用でしたので、周りからの風当たりは厳しかったです。

それでもやることをやって、周りから認められる努力をしました。

 

転職で異業種に挑戦する場合は、最初からいる人たちに遅れをとっている分大変なんです。

 

あなたは転職をしてどうしたいですか?

転職後にきついという人の中には、今の仕事よりも転職した方がプラスになるものが多くなると考えている人が多いからではないでしょうか?

給料が今よりいい、休みが今より多い、労働時間が今より短いなど。

そのいいことを考えすぎると、転職した後で、なんか違う・・・などの不満が出ると思います。

 

当然期待して転職するでしょうが、期待しすぎも自分の首を絞めます。

せめて、今の仕事よりも、一つだけ良いポイントを見つけてください。

それだけで、十分だと思います。

 

期待すればするほど辛くなり「異業種への転職はきつい」というふうになってしまいます。

 

異業種への転職を失敗しないための心得

 

失敗しないための心得は、失敗してもいいんだという気持ちです。

 

というよりは、異業種になるのだから失敗は当たり前です。

 

最初からできるなんて、考えが甘い!

 

新人の時を思い出してください。

 

最初から色々出来ていましたか?

 

まあ、なかには出来る人もいたかもしれませんが、ほとんどの人が出来ません。

 

私も当然出来てません。

 

今でも出来ないこともあります。

 

年齢的に失敗は恥ずかしいと思うかもしれませんが、それで行動できない方が周りからも、冷たい目で見られます。

 

むしろ、転職後すぐに失敗した方がいいと思います。

 

後々の方がもっと恥ずかしくなり、周りからもっと冷めた目で見られるでしょう。

 

私は物覚えが悪いので、失敗ばかりでしたが、そのおかげで色々考え失敗しない工夫を学びました。

 

失敗して当たり前を心得ておいてください。

 

あっ、でもだからと言って、ずっと失敗はダメですよ(笑)

さいごに

異業種への転職を考えているあなたの勇気が素晴らしいことです。

人間年齢を重ねるとぬるま湯に浸かりっぱなしで行動出来ません。

 

ですので、大変なこともあるかもしれませんが、ぜひ、前向きに転職をしてみてはどうでしょうか?

 

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

 

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク
hirotanをフォローする
スポンサーリンク
ひろたんの回想録 日野・八王子

コメント

タイトルとURLをコピーしました