転職したいと思うタイミングには理由があった?!その時期は?新卒入社で辞めるのは?

友人が転職をして成功したという話を聞くと、自分にも他に合った仕事があるのではないかと考えてしまうことがあります。

自分も新しいことに挑戦したいと思っていても、今の職場を裏切るような気持ちになり、転職にはネガティブなイメージを持ってしまうのではないでしょうか。

ここでは、転職の適切なタイミングや理由について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

転職をしたいと思うタイミングには理由が?!

転職をしたいと思ってしまうタイミングには、人それぞれ理由があるようです。

転職をするタイミングとその理由として一番多いのは、職場に人間関係ではないでしょうか。

同じ職場に合わない人や上司がいるとストレスがたまってしまうことがあります。

そこで、仕事を辞めたい・転職したいと考える人もいるでしょう。

現代社会では、パワハラを受けることもあり、人間関係は転職を考えるきっかけになるようです。

その他、転勤や人事異動などで職場や部署が変わった場合にも、転職を考える人はいるでしょう。

今までと環境が変わり希望の職種ではなかった場合です。

ここでも人間関係がかかわってくる場合もあるのではないでしょうか。

また、勤務時間などが転職を考える理由となる場合もあります。

会社に入った時よりも勤務時間や残業が増え、休日が取れなくなってしまったり減ってしまった場合。

給料や会社での評価が下がってしまった場合など、転職を考えるきっかけとなってしまうのではないでしょうか。

転職は、ネガティブなことばかりではありません。

しかし、仕事を急にやめてしまうと周りの人に迷惑がかかることがあるので、タイミングや時期はしっかり考えることが大切になってきます。

スポンサーリンク

転職しやすいタイミングや時期はある?

転職に良いと言われているタイミングとして、3・4月の春と9・10月の秋の時期があります。

春は年度切り替えで退職者が出たり、新卒者が入社する時期であるということ。

秋も年度切り替えや新規事業が始まる時期となっています。

このような事から、春・秋の時期には中途採用を募集するということがあるので、転職には良いタイミングになってきます。

転職をする場合、仕事をつづけながら新しい仕事を探すというのは難しくなってきます。

そのような場合、有給休暇が残っている場合には上手に利用していきましょう。

仕事をしていると所得税を支払っています。

転職のタイミングによっては、多く払うことになる事があるので注意しておいてください。

所得税の徴収時期にはいくつかあるようでタイミングを間違うと手続きが面倒になる事もあるので確認しておきましょう。

転職のタイミングは新卒者だったらどれくらい?

就職をして転職をするタイミングはどのくらいかと言うと、勤続年数が3年以上たってからが良いようです。

入社してすぐに仕事を辞めてしまうと、転職先の人にも「この人は忍耐力がなく続かないのではないか」と思われてしまうからです。

高校・専門学校・大学などを卒業し就職した場合、新卒入社継続3年未満の第二新卒者と呼ばれる人たちを入社させるという会社もあるようです。

社会人の経験はあるが企業色に染まっていない事から、新人教育の時に育てやすく扱いやすいという理由があるようです。

しかし、新卒者で3ケ月でやめてしまうと印象が悪くなり、次の年からその学校から生徒を取らないという会社もあるようなので注意しておきましょう。

出来れば1年は続けることで、社会人としての経験を積む事ができます。

転職する時も新しい会社へのアピールとして使えるのではないでしょうか。

さいごに

転職をするタイミングとその理由には、職場の人間関係や転勤や人事異動などで職場や部署が変わった場合。

勤務時間や残業が増え休日が取れなくなってしまった、給料や評価が下がったという場合があるようです。

転職に良いタイミングは、春と秋の年度切り替えの時期が良いようです。

また勤務年数が3年以上たった場合や、新卒者の場合1年は勤務しどうしても続ける事ができないという場合には転職を考えてみるのも良いでしょう。

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。