手首の腱鞘炎は繰り返す?!予防のためのサポーターの役割や繰り返す痛みを防ぐには?

腱鞘炎で悩む人は多いですよね。

当然痛みには個人差があるので、ちょっと痛い人から、全然動かせないレベルの人もいます。

そして、なにより辛いのは繰り返すことの多い症状だからです。

治ったと思い使うと、また痛くなってくる。

あなたも今その状態でしょうか?

では、これから繰り返さないようにするために、どうしたらよいかを、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

手首の腱鞘炎は繰り返すもの?痛みに悩まされたたらすること

腱鞘炎は、残念ながら繰り返します。

とは言っても、みんながみんななるわけではありません。

腱鞘炎の原因は、繰り返しの動作によって、手首に負担がかかることが一番の原因です。

なので、例え痛みが引いたとしても、また同じ繰り返しの動作をすると、負担がかかって来ます。

そんなあなたもそうでしょう?

でも…手だから使わないわけには…いかないですよね。

しかも繰り返せば繰り返すほど、治りにくくなり、どんどん痛みの度合いもあがりやすいです。

負のスパイラルに陥りやすいんですね。

悩やみますよよね。

いまあなたに出来ることは

1.病院に行く

2.痛い手をなるべく使わない(仕事でも、日常生活でも)

3.痛いところを冷やし、肘周りを自分で軽くマッサージする

などでしょう。

3つめは手の構造上、腱鞘炎の原因は、痛いのは手首でも、実際はそれよりも違う所にある可能性が高いです、それに痛いところを触りたくなるかもしれませんが、素人が当たることほど怖いものはないですから、無難な肘周りだけマッサージしてください。

手首の腱鞘炎を予防するのにサポーターは有効?

サポーターは有効だと思います。

しかしサポーターにも種類があるので、出来るだけ動きを制限してくれるものを選んでください。

理由は先ほど伝えたように、使い過ぎが原因なので、使わせないようにするためです。

しないよりはした方がいいですが、伸縮性のありすぎるもは個人的にはオススメしません。

最近では、100円ショップにもサポーターを見かけますが、あなたの症状では防ぎきれないので、安さに動かされないようにしてください。

サポーターの目的は、ザックリですが、動きの制限、補助、保温、圧迫などになります。

ケガした時には、安静、冷やす、圧迫、上げるが基本になりますので、サポーターをすることで、この中の、安静、圧迫の二つを獲得できるので、サポーターは種類にもよりますが、有効だと思います。

腱鞘炎になった手首・・・繰り返すのを防ぐには

繰り返す腱鞘炎を防ぐには、究極は使わない!です。

が無理ですよね、あなただけではなく、みんな無理です。

職場の動きでなったのであれば、職場の人に行って業務内容を変えてもらうとか、周りの方にサポートしてもらう。

日常で痛むなら、日常の痛い動きは極力避けるようにするのが防ぐ方法ですね。

たとえ繰り返していて、痛みが引いたタイミングがっても、それで治っているわけではありません。おそらく、痛めた場所はしこりのように、コリコリとした痛めた跡が残っています。

それがまた使い過ぎのせいで、痛みを出します。

なので、再発防止は、根本的に治すようにするが、正しいでしょう。

そして、治ったら、少し筋トレをした方がいいでしょう。

治っても、結局使いすぎると、またなる可能性があります。

今度は繰り返しならないように、筋トレをして同じ動作をしても、耐えれるようにすることが必要です。

さいごに

痛めてしまったものは仕方ありません。わざとやりたくて、やったわけではないでしょうし。

ですので、これ以上、あなたが苦しまないためにも、今、お伝えしたことを守って行動して頂ければと思います。

ケガや病気は、早期発見、早期治療です。

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。