腱鞘炎は手の甲の筋だけではなく手首も痛みが?!和らげる方法や治療に効果的な方法は?

誰にでも起こりうる、腱鞘炎。

それは毎日あなたが頑張っている証拠。

しかし、それを我慢し続けると、どんどん痛みが増してきますよ。

とはいえ、仕事もあって、我慢するしかない…

こんな悩みの方は多いと思います。

今回は少しでもあなたの悩みが解決し、腱鞘炎の痛みが和らげばと思います。

スポンサーリンク

腱鞘炎は手の甲の筋だけじゃなく手首の痛みはある?

はい、あります。

そもそも腱鞘炎とは、肘から指先を通り、手首や指を動かす、筋肉や腱があり、手首周辺で、その筋や腱を痛めてしまう総称みたいなものです。

なので、手の甲も、手首周辺も、名前も変わりますが酷いと、肘にまで痛みが出てきます。

腱鞘炎の簡単な見分け方もあるのでやり方を教えますね。

腱鞘炎の簡単な見分け方

痛い側の手を、親指を中に入れて握る。その際に、握った手は小指が地面で、親指が上を向くようにしてください。

それで最後に、小指側に手首を倒せばOKです。

注意してほしいことは、徐々に手首を動かすようにしてください。症状にもよりますが、酷い人だと、親指を中に入れて握ることも激痛で出来ない方もいます。

くれぐれも慎重に行ってください。

これで痛みが出るのであれば、腱鞘炎の可能性が高いです。

スポンサーリンク

腱鞘炎の手首の痛みを和らげるには?

ズバリ、手首を使わない。これが最強です。

が、仕事でそんなことは出来ないですよね?ましてや手首なんて、絶対に日常生活でも使いますからね。

なので正直制限するのが難しいのが現状でしょう。

結局腱鞘炎は使い過ぎでなってしまうので、使わなければいいのですが・・・

ですので、仕事は仕方ないかもしれませんが、日常生活では、反対の手で極力生活するのが、和らげる方法です。

携帯を反対の手で使う、ドアノブを反対の手で回す、シャンプーを片手だけでする、などなど、仕事だけではなく、日常の生活の中でも、痛くする要因はたくさんありますので、積極的に意識して行動してください。

手首の痛み・・・腱鞘炎の治療に効果的な方法は?

効果的な方法は、お金と時間に余裕が作れるのであれば病院や、治療院にいって、しっかり見てもらうことが一番です。

痛めてからあなたは、何日我慢していますか?我慢している時間が長ければ長いほど、治るのにも時間がかかります。

それに、女性の場合、ホルモンバランスの崩れなどで起こることもあるので、どちらにせよ詳しく見てもらうことをオススメします。

しかし、時間などがなかなかない方は、まず仕事終わりに必ず最低5分は冷やすようにしてください。

腱鞘炎、この字をみてなにか思いませんか?

そうです、炎という字がありますよね?

使った後は必ず、使い過ぎで、痛む手首が熱を持っています。なので、それを冷やすようにしてください。

火事と同じです、燃えている火は早めに沈下させないと、他の場所まで燃え移りますからね。

あとは選択肢としては、手術や、痛み止めの注射などもありますが、そこまでの負担をかけさせたくないのと、そこまで達しているなら、症状が酷いので、出来るだけその前で食い止めるためにも、必ず使用後は冷やすようにしてください。

さいごに

腱鞘炎とは、なんか深刻なイメージはないかもしれませんが、なったあなたなら!もうわかるはず。

とても、つらいし、不便ですよね?

今の痛みを最大にさせ、あとはどんどん痛みを減らせるように、注意できるところは注意してください。

そして、油断禁物。

どこかのタイミングで、痛みが引いても、腱鞘炎は繰り返しやすいので、また再発の可能性があるので、痛みが無くなっても、使い過ぎには注意しておいた方が、あなたの為でもあり、手のためになります。

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。