節約生活を一人暮らしで楽しみながらする方法を節約ブログから探る

生活
スポンサーリンク

生きる上でお金はとても大切です。

その為には日頃から節約をすることがとても重要になってくることでしょう。

更にテレビで老後に2000万円以上お金がかかるなどの報道もあり、不安がつのるばかりです。

そこで、今回は節約を心がけていく上で大切なものを教えてくれるプロの技を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

節約生活を一人暮らししながら楽しむには?

一人暮らしは、節約を大いに出来る可能性が高いです。

家族を持っていると、賑やかで楽しい反面、色々と出費も重なってしまいます。

まず、基本的な節約方法は、「外食を極力減らすこと」「必要以上の特売品などは控える事」「貯金する際に目標設定を決めて置く事」「冷蔵庫・冷凍庫をしっかり活用すること」です。

そして、一番大切な事は「無理のない節約」です。

無理をしながらの節約や貯金は、精神的に苦痛に感じてきて人生が楽しくなくなってしまいます。

基本は、楽しみながら行うという姿勢です。

私の場合は、貯金する際に目標設定をしています。

そして、その目標の為には今どういう風に暮らしていけばよいかという事を考えています。

節約生活の術は人気ブログからも学べる

「節約生活・ブログ」などで検索すると見つかると思いますよ(^^♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 ←こちらからもどうぞ

日々の生活に密着している食費・買い物術は、すぐに取り組めるので、おすすめです。

・特売日を上手く活用する

・週1回は、冷蔵庫の中のものでご飯を作る(整理も含めて冷蔵庫の管理が出来るため)

・節約メニューを活かすこと

・作り置きをする

・買い物は、空腹時ではなく食後に行く(必要以上の購買力を抑えるため)

流動費をいかに抑えていくかということがとても大切です。

固定費も苦痛にならない程度で、下げられるところまで下げるというのが貯金に繋がります。

節約するという事は、稼ぐことと一緒だという言葉がありますが、やる気が出てモチベーションが上がります。

節約生活を送るために出来る方法トップ5

携帯代

1つ目は、携帯代です。

格安携帯に変えることで、1万円以上かかっていた維持費が、半分以下になるという話はよく聞きますね。

格安携帯も、色々と出ていますが、ワイモバイルはおすすめです。

他の格安携帯に比べると高いですが、無制限に通話が出来るという事が大きな決め手です。

LINEなども使用できるので、以前と比べても違和感は全くありません。

食費等

2つ目は、食費等です。

いきなり節約レシピを覚えるのも大変なので、まずは買い物の仕方を変えるというだけでも違います。

無駄な買い物をしないように週1回にするのが理想的です。

ですが、これもいきなりだと気が重いので、私の場合は、徐々に変えていきました。

あとは、まとめ買いした際に上手く冷凍庫・冷蔵庫を使って保存することです。

通帳管理

3つ目は、通帳管理です。

節約されている人のほとんどは、通帳を分けている人が多いです。

貯蓄用・給与振り込み用・支払用などと分けておくことで、詳細の金額を明確な数字で見えますので、意欲も湧いてきます。

食生活の見直し

4つ目は、食生活の見直しです。

極力デリバリーや外食は控えて、普段は自炊にすることがカギです。

もし外食する際は、出来るだけランチタイムや、飲食店のクーポンを利用したり、ポイントが溜まるような場所ですると良いでしょう。

家計簿をつける

5つ目は、家計簿をつけることです。

収入と支出をはっきりわかるようにしておくことが大切です。

これは、私の持論ですが、家計簿はずっとつける必要はないと思っています。

家計簿は、何のためにつけているかというと、自分の収支を明確化させるためだからです。

1年間ほどつけたあと、自分の収支がはっきりわかって安定してきたら、毎月の給料から食費・家賃・光熱費などと大体お金をわけておき、その中で生活していくということをすればよいと思います。

そして家計簿の見直しとして2年から3年おきに行うのも大切です。

 

さいごに

参考になったでしょうか。

大前提に、楽しみながらするということが大切だと思います。

さらに、非現実的なプランではなく、現実的に考えられる貯蓄を考えていく事で、モチベーションもあがるでしょう。

仮に現在300歳であれば、65歳まで35年間あります。

35年間で2000万円を貯めるためには、おおよそ月々47,620円の貯金が必要になります。

ですが、月々47,620円の貯金ということは、生活上苦しいと考えるなら、徐々に貯金額を上げていけば良いと思います。65歳までに1000万貯めるなら、大体23,800円ですので、現実的な数字になっていきます。

将来の為に、ただ貯蓄するというのもキツいと考えるなら、投資や副業などでカバーしていくことも考慮していく必要もあるでしょう。

まずは、長期計画を立てる前に、普段の生活の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました