終身保険の保険料は高い?!払えないときには解約?年金になるというのはどういうこと?

保険初心者 保険
スポンサーリンク

皆さんはどのような保険に加入していますか?

中には終身保険に加入しているけれど、保険料が高いと感じている方もいるはず。掛け捨てタイプの定期保険とは金額が全然違うし…払えなくなれば解約すればいいと言われるけど解約返戻金はあるのか?疑問ですよね。

終身保険は続けないともったいない。年金になるよーなんていう保険の営業担当者もいたり、よくわからないですよね。

そこで今日は終身保険の保険料や、解約について、また年金として受け取れるってどういうこと?という疑問にお答えしていきます!

スポンサーリンク

終身保険の保険料って高いの?それはなぜ?

保険初心者

終身保険の保険料は定期保険と違い高くなっています。

ではそもそも終身保険とは一体どんな保険で、どうして保険料が高くなっているのでしょうか?

終身保険とは、10年・20年と保険期間が決まっているのではなく、一生涯保障が続いていく保険です。
一生涯にわたり、被保険者が亡くなったり、重い障害を負ったときに保険金が受け取れます。

つまり、一生涯の保障ということは・・・人は誰でもいつかは亡くなりますよね・・・かならず支払われる保険金故、保険料は高く設定されているのです。

そしてその保険料も加入した時からずっと変わりません。

通常保険料というのは加入した年齢によってかわるものであり、10年更新の定期保険(期間が決まっている保険)の場合だと、10年ごとの更新(保険期間の満了または続けるかの時期)の際に年齢も10歳とってしまっているので保険料は上がります。

その点、終身保険は何年経っても加入した当初から変わらないので若いうちに加入し、高齢になればその分安く感じる一方、年齢が若い時は定期保険に比べて高額なことが多いです。

また終身保険は途中で解約した場合、掛け捨てで保障の期間が決まっている定期保険と違い、解約返戻金が受け取れます。

その分の保険料がプラスされているので定期保険より保険料が高いということになるのです。

終身保険の保険料が払えない?!そんな時は解約するしかない?

終身保険は保険料の払い込み期間が長いため、途中で保険料が払えない…なんてそんなことも出てくると思います。

じゃあそうなった時はどうすればいいのか?

解約すれば解約金が入ってきますが、今すぐ現金が必要ではなく、ただ毎月の払い込みがしんどいというだけなら、解約以外にも2つの方法ががあるんです!

終身保険を減額

まず1つ目は「減額」といった方法です。
保障額を小さくして保険料を減らす方法です。保険料が安くなるのですから保障も少なくなりますが、解約と違って全くなくなるわけではありません。

また減額した際に少なくした部分の解約返戻金が戻ってくる場合もあります。

終身保険を払済保険へ

2つ目は「払済保険」への変更です。
「払済保険」とは以後の保険料の払い込みをストップし、今まで掛けた保険料の中(解約返戻金)で保険金額を算出します。

もちろん掛けていた期間が長いほど保障は大きいですし、短いほど保障は小さくなります。

また減額と同じように払済保険に変更した際に解約返戻金が戻ってくる場合もあるので、一時金も受け取れます。

今後の保険料の払い込みはなくなるのですが、死亡保障は残ります。

保険料を払うのがしんどくなるとすぐに「解約」と考えてしまいがちですが、この2つの方法を検討してみてもいいと思います。

終身保険の保険料を有期払で払い終えたら年金として受け取れる?!

先ほど書いたように保険料が高めの終身保険ですが、保険の種類や付ける特約によって、亡くなってからの死亡保障ではなく年金として自分で受け取れる商品もあります。

保険料を払い終えた時点で、全部またはその一部を年金として受け取れるといったもので、遺族の方ではなく、自分で受け取れるため老後の貯金がわりにもなります。

頑張って保険料を長い期間払っていたのですから自分で受け取れるのはとても嬉しいですよね。

またそんな選択肢があると、毎月払っていく気持ちも変わってくると思います。

万が一の時の死亡保障が年金で受け取れるという方法もあるというだけでお得な感じがしますよね♪

終身保険に加入していて、年金払いの特約があるか知りたい方は担当営業の方にきいてみるといいかもしれません。

さいごに

保険料が高い、払込期間が長いなど、少し避けてしまいがちな終身保険ですが、メリットやいいところもたくさんあります。

保険は万が一の時のものです。

終身保険なんて高いからいらないよ・・・なんて思うのではなく、今自分にとって必要な保障や保険はなんなのか?を考えて加入するといいですよ。

私自身、終身保険に長い間加入していて現金が必要になったため解約したのですが、一時金を使うことが出来て保険て便利だなと思いました。

利用目的さえしっかり定めて加入すれば保険て素晴らしい商品だと思うんですよね。

ただ、残念なことに今は予定利率(保険料を決めるためのもの)が低いので、保険料の割引率も低いですし、返戻率も低いです。

でも保険としての機能はありますからね!

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました