チョコレート効果カカオ95%が不味かったワケ ダイエット効果は?

SPONSORED LINK

知らなかったんです・・・カカオ95%のチョコレートが甘くないって。カカオが多いってことは、苦みが強いチョコだろうくらいにしか思ってなかったんです。一口食べて「まずっ・・・・( ゚Д゚)」旦那さんにも「食べてみて!」と勧めて食べてもらいました。一口食べて「まずっ・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)なんじゃこりゃー。」そう・・・私たち夫婦、二人とも勘違いしていました。食べて初めて知ったのです。「カカオ95%のチョコレートは不味い!(=苦い)」

ハイカカオタイプのチョコレートは高カロリーだった?!

チョコレートにも色々種類がありますが、甘みが強いチョコレートほどカロリーが高いんじゃないか?と思いますよね。(私はそう思っていました(^-^;)ところが・・・・ビターチョコレートの方が、高カロリーだったんです。どうしてか?というと、理由はカカオにありました。ハイカカオタイプのチョコは、カカオマスの含有率が高く、カカオマスは多量の脂肪分を含んでいるので、普通のミルクチョコよりも高カロリーなんです。

実はダイエット効果?!ハイカカオタイプチョコレート

チョコレートの原料にカカオが使われていることは、多くの方がご存知だと思います。カカオにはポリフェノールが豊富に含まれています。このポリフェノールは、植物の樹脂や種などに含まれている天然成分で、チョコレートの苦みや渋みはこの成分によるものなんです。ポリフェノールには、強い抗酸化作用で、老化の原因と言われる活性酸素を除去したり、抗ストレス、抗アレルギー、動脈硬化予防などの効果があると言われています。また、カカオには食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維には、腸内環境を整えたり、胃の中で水分を取り込み膨張するので、食べすぎを防止したり、急激な血糖値の上昇を抑えたりという働きがあります。その他、テオブロミン、ブドウ糖、ビタミン、ミネラルなど、チョコレートに含まれる成分は、身体によいものが多いとされています。ですので、ダイエット向きのチョコレートは、ハイカカオタイプのチョコレートがおススメということになります。

ハイカカオタイプのチョコレートはいつ・どれくらい食べるの?

ハイカカオタイプのチョコレート、ホントに苦いです。まずは70%くらいから試してみてはいかがでしょうか?カカオの量が多いほど良いとは言っても、食べれなければ仕方ありません。1日の目安は50g程度。一度に食べるのではなく、小分けにし食前に食べるのがおススメです。これは、先ほどもお話しした、食物繊維の効果や、急激な血糖値の上昇を抑えるためでもあります。ハイカカオタイプのチョコレートを上手に活用して、ダイエットに取り組んでみるのもいいかもしれませんね!

買ってはみたけれど・・・食べられなかったアナタ!

私のように、知らずに買って、食べてはみたけどもう無理という方(笑)や、ハイカカオタイプのチョコレートでダイエットしようと試みて、やっぱり味がダメだった・・・そんなアナタ!ハイカカオタイプのチョコレート活用法もありますよ!
■刻んだチョコレートとバターにお砂糖をふりかけ、トーストにのせて焼いたら「チョコトースト」に!
■刻んだチョコレートをホットケーキに入れて焼いて「チョコレートホットケーキ」
■刻んだチョコをマグカップに入れ、レンジでチンしてホットコーヒーを注げば「チョココーヒー」
■刻んだチョコレート、はちみつ、オリーブオイル、薄力粉、水を適量加えてお湯を入れたボールで湯銭にかけ溶かして「チョコレートパック」
■手っ取り早く、カレーの隠し味に。
等々、色々と使い道はありそうです。

ハイカカオタイプのチョコレート まとめ

知らずに買ってしまった「明治 チョコレート効果 カカオ95%」ですが、我が家ではチョコレートとして食べるのではなく、他の用途で使うことになりそうです。まずは、カレーの隠し味に使います(笑)。周りにハイカカオタイプのチョコレートが苦くておいしいのでは?と勘違いしている人がいたら、ぜひ教えてあげてほしものです。「とっても苦いよ!」と。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする