バンケットコーディネーターとは?目指すための進路選びやブライダル業界で働きたい方へ

ブライダル業界を目指す人って、まず最初に調べるのは「ウェディングプランナー」かなって思います。

でも、調べていくといろいろな職業がでてきますよね♪

そのなかに「バンケットコーディネーター」というのがあります。

では「バンケットコーディネーター」ってどんな職業でしょう?

また、目指すためにはどうしたらいいと思いますか?

スポンサーリンク

バンケットコーディネーターとはどんな仕事?

「バンケットコーディネーター」のバンケットってなんでしょう???

バンケットとは、宴会、または婚礼や大規模な会議のこと。
「バンケットルーム(Banquet Room)」「バンケットホール(Banquet Hall)」は大宴会場のことを指します。

(参考:ホテリスタ

つまり、「披露宴会場をコーディネートする人」という意味ですね。

では、具体的にどんなことをするのでしょう???

・ウェディングプランナーが新郎新婦と打ち合わせした内容通りに商品を準備する(発注)

・商品がきちんと準備されたか確認する(納品)

・プラン通りの披露宴会場にコーディネートする(現場作業)

結婚式場やパーティー会場によって内容は変わってくるかもしれませんが、すごく簡単に言うとおおむねこんな感じです♪

でも、バンケットコーディネーターの一番重要な仕事。

それは「新郎新婦のやりたいことが本当できるか?」

「それを可能にするためにはどうすればいいのか?」

それを提案し、実現することです!!

バンケットコーディネーターを目指すにはどういった学校へ行けばいい?

やりたいことを実現させるためのアイディアと提案力、また、実現させるために何が必要なのか。

バンケットコーディネーターを目指すにはどうしたらいいのでしょう?

いくつか選択肢があるようですので、みていきましょう♪

専門学校に通う

ブライダルの専門学校は全国各地にありますし、最近はコースも多様化してきてます♪

ブライダルの基礎を学びつつ、より専門的な知識も勉強できます!

ブライダルの専門学校に通う、誰もが一番最初に思い浮かべますよね。

でも、専門学校に行くにはお金もかかるしなあ~

そんな方は下記の選択もおすすめ!

ブライダル業界に就職

ブライダル業界は最近では高卒OKの企業も増えてきています♪

そして、バンケットコーディネーターになる最短ルートは「現場を知る」ことです!

まず初めの研修ではサービスを練習するかもしれません。

サービスとは「配膳」。

つまり、結婚式に参列したゲストに料理を出したりする人のことです☆

実際の披露宴の流れを知るのにサービスの経験は不可欠です。

披露宴の流れがわる。それは本当にすごいことなんです!

将来ブライダル関連のお仕事をしたいと思っている方へ

将来ブライダル関連のお仕事がしたいと思っているあなたへ。

専門学校に通わなければなれないのではないか?

そんなことはありません!

なぜなら未経験からブライダル業界に転職した方も多くいるからです。

必要なのは「人の幸せの為に頑張れるか」ということ。

この人が喜んでくれそうだからこんなことをしてみようか、と一生懸命考えること。

これは難しいかもしれないけれど、なんとかできるようにするにはどうしたらいいのだろう?と考えること。

できないけれど、これならできる!と別の案を提案してみること。

そんな親切が何よりも大切なんです。

それをホスピタリティと、ブライダル業界では呼ぶのかもしれませんね☆

さいごに

いかがでしたでしょうか?

ブライダルってなんだか敷居が高く感じてしまいますよね。

それは、「一生に一度しかすることができない特別なセレモニーだから」です。

その責任は確かに重いですし、大変な職業です。

でも、仕事でこんなに「ありがとう」と言ってもらえる職業ってほかにないと思うんです。

「あなたにお願いして本当に良かった」

あなたがそう言われる喜びに出会えることを楽しみにしています♪

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。