結婚式へのお呼ばれ30代既婚女性の服装とは?タブーとされる色や必須マナー

タイミングが合わず、30代であっても結婚式に参加したことがないという既婚女性は意外と少なくありません。

そのような女性の中で、急に結婚式に呼ばれて困っている方はいらっしゃいませんか?

そこで30代既婚女性が結婚式へお呼ばれされた時の服装ついて紹介いたします。

スポンサーリンク

結婚式へのお呼ばれ!30代既婚女性におすすめな服装とは?

結婚式ともなると手持ちの服で何とかするというわけにはいきませんよね。

となると新たに結婚式用の服を揃えなければなりません。

そこでまず初めに30代既婚女性が結婚式へ呼ばれた時に着る服装のポイントを紹介します。

  • 肌の露出は避ける

結婚式の服装のマナーの観点からも、極度な肌の露出は避けましょう。またスカートの丈も膝丈もしくはミモレ丈を意識すると上品な印象になります。

  • 上から下まで真っ黒にならないように

どうしても30代女性は無難な黒を選びがちになり、結婚式なのに服装が地味になりすぎてしまうこともあります。

アクセサリーや小物を使い、パーティーらしい鮮やかさを上手に足してあげましょう。

  • 締めつけられないドレス

結婚式では長時間座りっぱなしの可能性もあります。締めつきすぎるドレスだとせっかくのお料理もおいしくいただけません。

その後2次会などに参加することも視野にいれて、なるべく着ていて苦しくないドレスを選びましょう。

  • 体形カバーが出来るドレス

二の腕がしっかり隠れる袖丈で、腰回りがあまり絞られていないドレスは比較的体系をカバーしやすいのでおすすめです。

結婚式のお呼ばれで30代女性にタブーな色とは?

意外に見落としがちなのが結婚式に参列した側の、色のタブーです。

まして30代ともなれば少し気を使い始めなければならない年代です。そ

れでは結婚式に呼ばれた時、30代女性が身につけてはいけないタブーな色とは何色でしょうか。

白は花嫁さんの色です。そのため参列者がこの色の服を着ることは絶対タブーとされています。これは30代のみならず、全ての年代の方に共通して言えることです。

間違っても白い服装だけは来てはいけません。

また白でなくても“白っぽい色”も出来るだけ避けた方が良いでしょう。

  • ピンク

甘すぎる色のドレスを30代が着ると、痛く見えがちです。もしピンク系のドレスを着たい場合、少し色味が落ち着いたサーモンピンクを選ばれたらいかがでしょうか。

初めて結婚式へのお呼ばれ!必須マナーとは?

最後におさえておきたいのが、結婚式の服装のマナーです。どんなにおしゃれな服装でもマナーが成っていなければ台無しです。そこで結婚式の服装の必須マナーについてまとめてみました。

  • 動物革・ファーは殺生を連想させてしまうのでNG

  • 生花は花嫁さんがしている可能性が高目です。花嫁さんとかぶってしまうものは極力避けてあげましょう。

  • 結婚式で時間を気にするのは良くないことだとされています。そのため時計の着用は控えた方が無難です。

  • 「家庭が揺れる」ことを連想させるので、揺れるピアスやイヤリングを縁起が悪いと嫌がる方も中にはいらっしゃいます。

もし目上の方が多く出席される結婚式ならば、念のため派手過ぎないアクセサリーを選ぶようにしましょう。

  • もし挙式から参列されるなら、肩出しの服装はNGです。披露宴に関しては披露宴のタイプによって異なることもあります。

ただ急遽 挙式から参列するなんてこともあり得るかもしれません。なので結婚式に出席する時は、一枚羽織る物を必ず持参するようにしましょう。

  • 基本的に黒タイツ・カラータイツ・網タイツ・素足はNGとされています。

  • 足元はブーツ・つま先やかかとの見える靴(サンダルやミュール)・カジュアルすぎる靴(スニーカーなど)がNGです。

  • 女性のパンツスタイルも本来はNGとされています。

以上が結婚式の服装のマナーでした。しかし近ごろはあまり厳しく言われることも少なくなってきているようです。

特にカジュアルな結婚式の場合、かしこまった服装はかえって周りから一人だけ浮いてしまうこともあります。

出席する結婚式のタイプや参列される人をみて、どういった服装が良いのかご自身でも考えてみてくださいね。

さいごに

結婚式へお呼ばれされた30代既婚女性が着る服装について紹介してきましたがいかがでしたか?ぜひこちらを参考に素敵なお洋服をゲットして、堂々と結婚式に参列してくださいね。

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

関連コンテンツ

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする