美容部員になるには高卒不可?求人は無いの?専門学校に行って学ぶ?ベストな進路とは

女性にとってデパートの一階はとても特別な場所ですよね。
あのなんとも言えない化粧品と香水と色々な香りが混ざりあった香り。

苦手な方もいるかもしれないですけれど…。

そして、バッチリメイクを決めたキラキラとした美容部員さん達が素敵な制服を着て接客している姿に女性なら憧れたことが一度はあるんではないでしょうか?

でもでも、美容部員という仕事は高卒ではなれないのでしょうか?
どうやってあのキラキラとした世界に足を踏み入れることができるのでしょうか?

ここでは、美容部員の仕事に就くための進路についてご紹介していきたいと思いますで是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

美容部員になるには高卒だとなれないの?

美容部員という職業ですが…
化粧品会社によっても違ってはくるのですが高卒でも基本的には大丈夫なんです!!

学歴にはあまりこだわっておらず学歴不問なのです。

学歴や年齢よりも、「美容が好き」とか「接客が好き」、とかそういったところがとても大切になってくるようです。

ようは、お勉強ができるかできないかよりも美容や化粧品にたいする興味やお客様との接客力が必要となってくるということですね。

美容部員になりたいが高卒の求人は無いに等しい?それはなぜ?

しかしながらですね…
実際のところ求人なんかを見てみると特に大手化粧品会社などは高卒の求人はとてもとても少ないようです。

最終学歴が専門学校、短大からとなっているところが多いようです。

それはいったいなぜなんでしょうか?

やはり一般的に高卒よりも専門学校や短大を出てからの採用のほうがよりスムーズに化粧品の知識や接客の知識を吸収できたり、一般常識が備わっているであろうということではないでしょうか。

企業側の扱いやすさといったところですかね。

美容部員になるために高校卒業後は専門学校へ行くべき?ベストな進路は?

ということは、高卒よりも専門学校や短大を卒業していたほうが、就職先の選択肢がグーンと広がるということがはっきりと言えますね。

その中で、特に通わなければいけない学校というのも特にないです。

でも、もしご自身で少しでも早く化粧品やメイク、接客等の知識を身につけたいという意欲があれば特別な学校もありますのでこれからご紹介していきますね。

美容専門学校

美容専門学校というと美容師になるための学校と思うかたもいるかと思いますが、それだけではなく美容部員になるための「ビューティーコンサルタント科」などがあります。

その中で、皮膚のお勉強や化粧品、接客のお勉強もすることができます。

就職のサポートも充実しているので化粧品会社系列の専門学校だとグループ企業への就職には近道になりますね。

美容短大

美容専門学校と同じような学び+短大としての一般教養もあわせて学べる学校です。

スクール系の学校

美容部員といえばお客様にメイクをすることやカウンセリングをする仕事ですので
そういったスキルを身につけられる学校もあります。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
あのデパートの一階でキラキラしている憧れの美容部員さんになるための進路について少しでもお役に立てたでしょうか?
お勉強スキルというよりも、美容への興味関心やコミュニケーション能力がとても大切であるということが一番大切なのですね。
そして、就職先への選択肢を広げるためには専門、短大は出ておいたほうがより良いということですね。
あと、私が経験したことで言えるのはお給料も高卒より専門・短大、専門・短大より大学といったように大きく変わってくるということを頭の片隅にでも置いておいていただきたいなと思います!
同じ仕事内容でも学歴だけで変わるということがありますからね。
素敵な美容部員さん目指して頑張ってくださいね。

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。