オキシクリーン使ってみた 汚れが落ちないのは衣類の漬け置き足りないから?

子どもの保育園の園服・・・気づけば食べこぼしのシミが落ちない!漂白剤を使ってみたけどダメで、諦めていたんだけど「オキシクリーンなら落ちるよ。」と聞いたので、今更だけど使ってみたよ。

オキシクリーンてバスタオルとかのニオイ戻りにも効果があるって聞いたので、バスタオルの臭いにも悩んでいた我が家にはもってこいのアイテムなんじゃない!

でも、あれれ・・・・汚れが落ちなかったよ(;^_^A

なんで??

オキシクリーン使ってみたよ♪

早速届いたオキシクリーンを使って、お洗濯してみました。

使い方はカンタンで、洗濯機に洗濯洗剤と一緒にスプーン1杯入れてスタートするだけ。

わが家は皆花粉症なため、洗濯物は外に干すことができず部屋干しです。部屋干ししていると、どうしても衣類にニオイが残る・・・。

それなのに、たったこれだけで、気になっていたバスタオルのニオイ戻りは無くなりました!今まで、洗濯用漂白洗剤を使ってみたり、部屋干し用洗剤を使ってみても効果は無かったのに難ということでしょう!!(笑)

ちなみに、洗濯物の「洗い」はお風呂の残り湯を使っています。なので、洗濯時の水温は水道水より高めです。

次に、食べこぼしのシミを落としたいのと、黄ばんでしまったTシャツをなんとかしたい!ということで、つけ置き。

↓食べこぼしによるシミは、衣類の漂白剤でも落ちなかったもの

↓昨シーズン洗濯してしまっておいたら、黄ばんでしまったTシャツ

↓2枚一緒に洗剤を混ぜたぬるま湯につけ置きしてみました

↓Tシャツは黄ばみが落ちて、なんとなくスッキリした感じ

↓でも食べこぼしのシミは・・・ちょっとは落ちたかなってくらいΣ( ̄ロ ̄lll)

ちょっと期待しすぎたのかな~なんて思っていたのですが

オキシクリーンで汚れが落ちないのはなぜ?

思ったほど汚れが落ちなくて、ちょっとがっかり。

でも、ちょっと待てよ?もしかして使い方が悪かったのかな・・・と思ったりして、いろいろ調べてみました。

すると・・・

オキシクリーンの主成分の過炭酸ナトリウム(粉末酸素系漂白剤)は水に溶けて酸素が分解する際の酸化力でシミなど落としたり除菌する効果もある

ということで、よく見る商品レビューにもブクブク泡が出たとか書いてあったのに、hirotan使ったとき泡なんてそんなに出なかったし・・・(;^_^A

つまり、汚れが落ちなかったのは水温が低かったからのようです。

スポンサーリンク

オキシクリーンで衣類を漬け置きする時のコツ

オキシ漬けと呼ばれる方法は
■オキシクリーンは水温40~50度の範囲が最も漂白除菌効果を発揮します。酸化による化学反応が一番効率の良い温度がその範囲。
■お湯1リットルに対し粉末小さじ2(10ml)以上の濃度で30分以上つけ置きする。

なので雑菌臭を摂りたい、シミ抜きしたい場合は、洗濯機に酸素系漂白剤を追加するのではなく、お湯を使って高濃度で時間をおいてつけ置きすることが必要なんですね!

そこで、40℃以上のお湯で再度つけ置きしたところ、真っ白にはならなかったけれど、気にならない程度には落ちました。

汚れが落ち切らなかった理由としては、時間が経ってしまっていたということと、繊維の奥まで汚れが入り込んでしまっていたためかな・・・と思います。

食べこぼした後すぐにやっていたら、スッキリ落ちたのかな~って思います。

さいごに

オキシクリーンは水温によって効果が変わってくるので、汚れを落としたい、ニオイを落としたいという時には、40℃以上のお湯を使わなくてはダメなんですね。

中には、洗剤を投入後泡立て器で泡だてるという方法をとる方もいるようですよ。より酸化力が高まるんでしょうか?

洗濯洗剤にプラスして洗濯機で洗う場合には、オキシクリーン(過炭酸ナトリウム)はアルカリ性なので洗浄力アップにつながります。汗や皮脂などの酸性の汚れは、アルカリ性でよく落ちます。
この場合、漂白効果ではなく洗浄力をあげる「アルカリ助剤」としての効果になるそうです。

オキシクリーンは洗濯以外に掃除などでも活躍してくれる洗剤なので、利用の幅が広がりそうです。



スポンサーリンク

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。