靴乾燥機はシャープのプラズマクラスターイオン乾燥機DI-ED1S-Wがおすすめ!利用メリットや効果的な使い方

通販商品レビュー
スポンサーリンク

靴乾燥機について調べていくうちに、プラズマクラスターイオン乾燥機DI-ED1S-Wがピッタリくるという方も多いのではないでしょうか。

しかし実際のところ使い心地はいかがなものなのでしょうか・・・。

 

そこで“プラズマクラスターイオン乾燥機DI-ED1S-W”を実際使用してみたメリットや効果的な使い方なんかを紹介します。

 

スポンサーリンク

靴乾燥機はシャープのプラズマクラスターイオン乾燥機DI-ED1S-Wがおすすめ

 


近ごろは様々な種類の靴乾燥機が店頭に並びますが、特におすすめしたいのはプラズマクラスターイオン乾燥機DI-ED1S-Wです。

そこでプラズマクラスターイオン乾燥機DI-ED1S-Wのおすすめポイントを紹介いたします。

玄関の消臭・除菌

シャープ独自の「プラズマクラスター技術」による空気浄化機能によって嫌な臭いを取り除き、空中の菌を退治してくれる効果にも期待が持てます。

強力な靴乾燥機能

本来こちらの商品は靴を乾燥させる為だけの製品ではありません。しかし靴乾燥アタッチメントを装着することによって、靴乾燥機として機能します。本来は布団をも乾燥できるほどのパワーなので、靴乾燥機としてはかなりの効果を発揮します。

機能が豊富

靴・布団などの乾燥だけではなく、空気の浄化・スポット暖房など様々な機能が付いています。布団の乾燥に関していえば、付属されている布団乾燥用マットを使用することによって布団のダニ対策に大きい効果が得られるのも一つの特徴です。

見た目が安っぽくない

シャープの製品だけあって作りがしっかりしています。そのため玄関に出しっぱなしにしていても変に恥ずかしく思うことはありません。

靴乾燥機を使って得られる効果やメリット

では実際に使用した場合、どのような効果がえられるのでしょうか。

 

  • 濡れた靴もしっかり乾かすことができる

靴乾燥機がなかった時は、丸めた新聞紙を靴の中に詰めたりなどしていましたが、それでも乾かないことも多々あります。

 

しかし靴乾燥機能のおかげで、数時間後には濡れた靴もしっかり乾かすことが出来ます。

 

  • 玄関の嫌な臭いがとれる

空気浄化機能(消臭)で雨の日の嫌な臭いを集中的に取り除くことが出来ます。また、雨の日だけではなく、夏の暑い日も空気浄化機能(消臭)は大活躍します。

 

夏場は靴に染み付いた汗の臭いが玄関にこもってしまします。そんな時、この機能を使えば嫌な臭いを消し去ってくれます。

 

  • ビジネスシューズ(皮靴)の臭いもとれる

水洗いしにくいビジネスシューズの臭い消しにも効果的に使えます。空気浄化機能(消臭)の効果を “弱”にしておけば、皮靴などのデリケート素材の靴の消臭も可能となるでしょう。

 

靴乾燥機の上手な使い方

 

それでは最後に、靴乾燥機の上手な使い方を紹介いたします。

 

  • すぐに使える状態にしておく

梅雨の時期や、夏場で靴が汗臭くなる日が続く時などは靴乾燥機の出番が頻繁に訪れます。収納しては取り出して。また収納して…。の繰り替えしになるのは少し面倒です。

 

もし玄関スペースにゆとりがあるなら出しっぱなしにしておくことをおすすめします。

 

  • 靴のアタッチメントを付けておく

靴のアタッチメントを装着している状態でも、玄関の浄化機能は使用できます。玄関での使用頻度が高い家庭は、靴のアタッチメントを装着したままでも良いのではないでしょうか。

 

  • 使い方を家族に伝えておく

使い方も簡単なので、他の家族にも使い方を教えておきましょう。更にすぐに使える状態にしておけば、自分から進んで使用してくれるのでこちらも大助かりです。

 

  • 布団の乾燥の仕方を使い分ける

付属の布団乾燥用マットを使用しなくても簡易的に布団を乾燥出来ます。なので普段はマットなしで簡易的に布団のお手入れ。

 

布団乾燥用マットは定期的に使用して、徹底的に布団のダニ退治をしましょう。このように布団の乾燥の仕方の使い分けをすれば、日頃の手間も軽減されます。

さいごに

唯一のデメリットと思えるのが、玄関での使用頻度が高いあまりに、本来メインとされる布団乾燥機能を使わずじまいになる傾向があります。せっかく布団も乾燥出来るので、たまには使うよう心がけてくださいね(笑)

実際使用している人に聞いたプラズマクラスターイオン乾燥機DI-ED1S-Wのメリットや効果的な使い方を紹介してきましたがいかがでしたか?是非こちらの記事が靴乾燥機を使う時、何かの参考になればいいなと思います。

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました