結婚式の披露宴での演出アイディア!ゲストに喜んでもらうための演出方法5選 

結婚式ってセレモニーとしても楽しいですけど、

何より久しぶりに会う友人やゲストの皆さんとお話したりするのがわくわくしますよね(^-^)

せっかく足を運んでくれるゲストに楽しんでもらいたい!

でも、結婚式は挙げるけれど、人数も少なくて小規模なときってどうしたらいいんだろう?

できるだけゲストとのかかわりを増やして、楽しい結婚式にしたい!

そんなあなたには「ゲストとのふれあい重視演出」がおすすめ☆

いくつかご紹介していきたいと思います♫

スポンサーリンク

結婚式の披露宴での演出アイディア!ゲストに喜んでもらうには?

せっかく足を運んでくれたゲストに喜んでもらいたい!

そう思うのは当然ですよね(*´ω`*)

ゲストに楽しんでもらうには、ゲストに参加してもらうのが一番です☆

人というのは、ただ見ているよりも自分も参加した方が印象や記憶に残りやすいんです。

でも、結婚式ってセレモニーだし、参加できる演出なんてあるの???(。´・ω・)?

もちろん、あります!!!

挙式と披露宴、それぞれからトータル5つの演出をご紹介していきます♫

小規模結婚式の披露宴でゲスト参加型の演出方法5選

ブーケトス&ブロッコリートス

未婚の女性に幸せのお裾分けをするブーケトス。

女性が結婚式で憧れるシーンの一つですよね♡♡♡

でも、その時の男性陣、気にしたことありますか???

実は、男性はこの時退屈している可能性があり、喫煙者はたばこを吸いにいってしまう!なんてこともあるんです・・・

これじゃあ淋しいですし、なんだか悲しいですよね(;´・ω・)

なので、先に「ブロッコリートス」をしてみてはいかがでしょう?

え!?ブロッコリー!?

ブロッコリーはブーケと形が似ていますよね。

また、ブロッコリーは小さな花の集合体。

子孫繁栄、健康などを願う意味もあり縁起が良いんです♫

キャッチした方にはマヨネーズを添えて渡すと写真写りもばっちり!(笑)

とっても楽しいですよ(^-^)

パラシュートバズーカ

男女、年齢分け隔てなく参加してほしい!

そんなときは、ブーケトスの代わりに「パラシュートバズーカ」がおすすめ☆

3,2,1・・・発射!!

バズーカからかわいいクマちゃんがパラシュートで降ってくるのでゲストにキャッチしてもらいましょう♫

インパクトもあって大盛り上がり☆楽しいですよ~!

お色直し入場時の各卓演出

披露宴では、入場からお色直し退場まではなかなか時間がとれません。

主賓のあいさつや乾杯など、セレモニーとして外せないイベントがたくさん!

だからこそ、お色直し入場の時はゲストのお席を回って、改めてご挨拶しましょう♫

今はたくさんの演出商品が出ています。

王道のキャンドルサービスは各卓のキャンドルに火をつけて回る演出。

ここから派生して、水をそそぐとグラスが光る演出。

キャンドルが花火になっているものもあります☆

和装で入場なら小樽鏡開きがおすすめ♪

ちっちゃい樽を、ゲストの掛け声で「よいしょー!」とたたきます。

中身はお酒でなくてもOK!

お菓子をいれて手渡しするのも楽しいですよ♪

各卓フォト撮影

もっとゲストと触れ合いたい!

そんなときは各卓フォト撮影をしましょう♫

各卓をまわって、各卓ごとに写真を撮るんです。

すこし長めに時間をとって、各卓ですこし雑談をするのも良いですよね♡

人数が多いとおしゃべりまでは難しいので、小規模だからこそできる演出です(^-^)

ゲストの皆さんはおふたりと写真を撮りたい!

と思っているので、この時間に思い出を記録にも残しましょう。

びっくり!樽ゲームクラッカー

エンターテインメント性を高めたいあなたには特別な演出をご紹介!

「ハラハラドキドキ樽ゲームクラッカー」です☆

内容は黒ひげ危機一髪と同じです。

ナイフを一本ずつ刺していき、当たったらクラッカーがバーンッ!!と飛び出します!

いつ当たるかはわからないのでハラハラドキドキしますよ~!

当たったゲストにはプレゼントをあげるなど、抽選として使うのも◎。

帰り道で、ゲストの皆さんが「あれはびっくりしたよね~!」と盛り上がっているのをよく聞きます(*^^*)

 

さいごに

いかがでしたか?

ゲスト参加型の結婚式演出をご紹介しました♫

小規模だから、大人数だから、と控えめにならず、プランナーさんに相談してみてください(*^^*)

今はまたいろいろな商品が出てきているかもしれません。

おふたりがやってみたい演出を探してみてくださいね♪

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。