30代男性が行くなら床屋か美容院どっち?その違いや選び方のポイント

生活
スポンサーリンク

いきなりですが30代の男性のみなさん!
髪の毛を切る時、「床屋」か「美容院」どちらに行きますか?

今では美容院に行くという人も増えていますよね。

うちの主人は、美容院に行ってみたら?と言ったらちょっと渋っていました(笑)

「髪を切る」という目的は同じなのに床屋と美容院の違いが気になりますよね。

今回は「床屋」と「美容院」の違いについてお話しますね。

スポンサーリンク

30代男性が行くなら床屋か美容院かどっちを選ぶ?

「床屋」と聞くと

・おじいちゃんが行くところ
・角刈りにされる
・何か恥ずかしい

など、現代の男性からするとおしゃれな感じにはならないイメージではありませんか?

床屋は切ってくれる人のほとんどが男性なので、男性の方は行きやすいのではないでしょうか。

美容院と違ってシャンプーするときはその場でうつ伏せになって洗うのでいちいちシャンプー台まで移動しなくて済みます。

そして今ではおしゃれな床屋さんも多くなってきており、昔のように古びたお店とおじいさんではなく、店内もかっこよくおしゃれで若いイケイケの男性がカットしてくれる所もありますよ!

母親が美容院に通っていた人ならついでに切ってもらったりして小さい頃から美容院慣れしている人も多いでしょう。

小さいころから美容院慣れしている子どもは、床屋に行った事がないかもしれませんね。

むしろ床屋の存在を知らないかも。

 

一方でおしゃれなカラーやパーマをしたい人には美容院がいいでしょう。

しかし基本美容院は女性のお客様が多いので、隣に女性がいると何だか恥ずかしい、髪の毛が薄くなってきた…など男性ならではの悩みもあるかと思います。

最近は小さくて1対1のお店やメンズサロンも増えてきていますのでそういった所を選ぶのがいいですよ!

スポンサーリンク

30代男性が選ぶべき床屋と美容院の違いとは?


まず、床屋の「理容」と美容院の「美容」では業務内容が全く異なるので違いの説明を…

「理容」は容姿を整えるという意味で頭髪の刈り込みや顔そりなどをする所。

「美容」は容姿を美しくするという意味でカラーやパーマ、メイクなどをする所です。

実は2015年までは美容院で男性のカットは禁止されていたのです!

これはちゃんと法律で決められていたものですが知らない人が多いです。

その理由とは?

本来美容院とは「パーマ屋さん」だからです。

女性は常に容姿を気にするのでカットだけでも美容院を利用してもいいものとされていました。

男性が美容院を利用するにはカットだけではなくパーマもする必要がありました。

だからおじいちゃん世代は床屋さんを利用していたのです。

理容は男性、美容は女性と根付いていました。

そしてもうひとつ「美容院ではカミソリが使えない」これは知っている人も多いですね。

カミソリは理容師である床屋さんしか使えません。

昔はカミソリで髪の毛を切っていたものの、カミソリで顔に触れることができるのは床屋だけです。

今は便利な物が多くて、電動カミソリがあります。

美容室でも使えるのですが根っこまで剃れないので剃り残しが出てしまいます。

なんと言ってもカミソリで剃った後の肌はツルツルになり1トーン明るくなります。

今はエステなどでキレイになるため女性は床屋には無縁かもしれません。

先日たまたま見たテレビ番組にある女優さんが出演していて「月に一回顔剃りのために床屋さんに通っている。」と語っていました。

私も電動シェービンクで顔剃りをしますが、自分で剃るのは結構難しいんですよね。

私も一度床屋さんで顔剃りしてほしいものです。

スポンサーリンク

30代男性が行く美容院の選び方のポイントまとめ!


大きなお店だと人も多くてスタイリストとアシスタントが頻繁に入れ替わったり、さっきと違うアシスタントが来てまた同じような話をしたり…そんな経験ありませんか?

正直面倒くさいですよね(笑)

アシスタントがいなくてすべて一人でサービスをする美容院も少なくありません。

男性が行きやすい美容院をまとめてみたのでどういった所に行くのがいいか悩んでいるあなた!ぜひ参考にしてみてください!

・小さなお店で人が少ない(理想は一対一)
・美容師さんが男性
・インスタやSNSなどのヘアカタログで男性が多い
・男性のスタイルを得意としている
・ヘッドスパがついている

今時の美容院ならどこも置いてあるとは思いますが、ヘッドスパがついているかを気にする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クーポンが付いた雑誌などもありますので有効活用しましょう!!

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

コメント


タイトルとURLをコピーしました