箱根駅伝2019選手のピンクのシューズが気になる!ナイキの厚底シューズはコレか

CM・TV・NEWS
スポンサーリンク

第95回大会となる箱根駅伝はスタート早々、大東文化大学の選手が転倒するというアクシデントも・・・

無事にタスキを繋げてホッとしました。

 

お正月といったら箱根駅伝を見るのは外せませんね!

実家ではテレビで箱根駅伝を見つつ、お雑煮をいただきます(笑)

 

そんな気になる箱根駅伝、今回は選手の足元に目が行ってしまいました。そう!蛍光ピンクの靴!

スポンサーリンク

箱根駅伝で選手の足元のピンクシューズが気になる!

スタート地点に並ぶ選手がテレビに映されていて、ふと気になったのが足元。

やけに蛍光色が目に付く。

学校は違うのに、同じ蛍光ピンクのシューズを履いた選手が何人もいる!

あのシューズって人気なの?どこのシューズ?

めっちゃ気になる~

 

と思って、Twitterで情報収集しちゃいました(笑)


私と同じようにシューズが気になる~という人、多いみたいです(笑)

正面から見ると、靴の裏側(ソール)が、つま先のところで見える感じが足袋みたい。

実家で母とテレビを見ながら、陸王の足袋シューズなんじゃないの?なんて言って笑ってたんですけどね。

足袋シューズと言えば、子ども用の足袋スニーカーも流行ってるそうですね。

 

箱根駅伝で選手が履くランニングシューズはナイキの厚底だ!

情報収集で得た結果が・・・

NIKE ZOOM VAPORFLY 4% FLYKNIT ( ヴェイパーフライ フライニット)

なんだって。

 従来のランニングシューズに比べかなり厚底なソールを採用した大人気モデルの新色がこれ。

シカゴマラソンで日本記録更新した大迫傑選手が着用していたNIKEのシューズということで話題になっていました。

大迫選手が着用していたNIKE(ナイキ)のランニングシューズのモデル名がNIKE ZOOM VAPOR FLY 4% FLY KNIT(ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット)。

「沈むけど、その分きちんと反発があって非常にいい靴」と、大迫選手が絶大な信頼を寄せる秘密は靴底。

従来のランニングシューズと比べかなり厚底であることが特徴のこのシューズ、話題になったことで売り切れ状態が続いているそうが、販売ショップでは再入荷のお知らせもあるのでチェックですね。

国内の市民ランナーの間でもユーザーが急増中!

ZOOM VAPORFLY 4% FLYKNIT EKIDEN PACK (ズーム ベイパーフライ フライニット エキデン パック)は新古品でもかなりのお値段。

 

ナイキのランニングシューズの最上位モデル「ヴェイパーフライ 4% フライニット」は価格帯が飛び抜けて高くて品薄なので、購入しにくいのが現状です。

ひとつ下のモデルでも機能的には十分、という方には「ズーム フライニット」がおすすめです。

箱根駅伝を見ているとランニングしなくても、ナイキのランニングシューズ欲しくなっちゃいますね(笑)

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました