レジのパートは思っているより難しい!?スムーズに清算するコツや早く打つにはこの方法!

レジパートと聞くとスーパーのレジでレジ打ちだけをしているイメージがありますね。

レジ打ちもそんなに難しくないのではと思われているようですが実際はどうでしょう?

実際のところは慣れるまではかなり難しい仕事です。

レジ打ちの仕事においてスムーズに精算するコツや早く打つ方法についてお話します。

スポンサーリンク

レジのパートを始めてみたら難しかった?!スムーズに清算するコツは?

私は以前ディスカウントストアで働いていた時にレジ打ちしていた経験があります。

最近は商品をかざして「ピッ」とするだけで商品入力ができるためかなり簡単な仕事では?と思われるはずです。

実際にバーコードにかざして「ピッ」としてもなかなか反映されないこともあったりして、お客様を待たせていると思うとついつい焦ってしまいます。

バーコードを利用しないレジを使用している場合は一つの商品の金額を入力してから、野菜など部門を入力して、次の商品の金額を入力し小計してお客さんに金額を伝えてから精算します。

単純な作業のようにみえますが、始めたばかりの人だと慣れるまでどうしてもつまってしまい難しいはずです。

スムーズに精算するコツは、レジ入力に必要なキーボードをまず覚えてから焦らずに打っていくことを必要とします。

結局のところレジ入力を早く打つためには、入力に慣れることも必要ですがサービス業となるので人に慣れることが一番なようです。

レジを正確に早く打つには何に気をつけたらいいの?

レジ入力を正確に打つには何に気をつけるには、実はつぶやきながら入力すると間違えずに正確に入力することができます。

例えば「108円が2点、220円が1点・・・」と価格と点数(個数)を読み上げたりですね。

入力するときにつぶやく声の大きさは、人に聞こえるか聞こえない程度の大きさでつぶやきながら入力することをお勧めします。

特にレジパートを始めたばかりの人に、つぶやきながらレジ入力しているうちに慣れてきてどんどん入力も早くなっていきますよ。

レジ入力を正確に打つためのコツはまずは正確に入力することです。

早く入力しようとすればますます焦ってしまいます。

焦ると正確さがなくなってしまうので落ち着いて確実に正確に打つことが必要です。

正確にレジ入力ができるようになるとレジパートの仕事にも自信がついて楽しくなってきますよ。

慣れるしかないの?レジを正確に早く打つ方法はコレ!

最近多くみられるバーコード入力におけるコツは、初めにバーコードの位置をしっかりと把握することでだんだんとレジ入力が早くなってきます。

レジ入力の全般にいえることですが、商品を手に持ちつつ慣れてくると、手元をみないで入力しているとどうしても間違えやすくなってしまうため入力時はしっかり手元をみて打つようにしてくださいね。

また、レジ入力を正確に打つためには商品キーなどをしっかりと覚えることで早く打てるようになりますので自分のペースで仕事してくださいね。

さいごに

レジのパートは始めたばかりのときはどうしても難しく感じてしまいますが、焦らずに自分のペースで精算できるようになると楽になってきます。

商品バーコードの位置を把握すること。テンキーの位置を覚えることからスタートし、会計を間違えずに行うことが大切です。

レジパートは接客業です。お客様とのコミュニケーションも大切です。

笑顔での受け答えや挨拶だけでも印象が良くなり、常連のお客様が自分のレジに並んでくれるという嬉しいこともあるかもしれません(´艸`*)

自分がお客としてレジに並ぶとき、混雑状況が同じなら”感じのいいひと”のところに並んでしまいます。

自分がお客だったら、というお客様目線で自分の仕事を見直してみるのもいいかもしれませんね!

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

 

関連コンテンツ

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする