物流センターでの仕事内容 ピッキングとは?冬の服装や仕分け体験談

SPONSORED LINK

物流センターでの仕事といっても、いろいろあると思うのですが、ピッキングとはどんな仕事だと思いますか?

そのピッキング、どんな服装で仕事すればいいの?などなど仕分け仕事の体験談です。

物流センターでの仕事内容 ピッキングとは?

物流センターでのピッキング作業とは、倉庫に保管している商品を必要な数だけ取る作業のことを言います。ピック(取る・掴む)の意味ですね!

大体の倉庫では、ロケーションと呼ばれる番号に振り分けられた棚にカゴや台車を持って、置かれた商品を注文リストに沿って必要数取りに行く作業です。

仕事内容は簡単ですが、かなり歩き回ります。そして、扱う商品によっては重労働になることも

倉庫でピッキングのお仕事 冬の服装は?

倉庫でのピッキングのお仕事、その時の服装は?あると便利なグッズも紹介します。

動きやすい服装なら何でもいいですよ。ただし、靴は安全靴、作業用手袋は準備してヘルメットを被ってね。というのは、hirotanが働いているところでの服装です。

女性のパートさんは、スキニーやジーンズで来ている方が多いです。

安全靴ってこんなやつ↓最近のはオシャレですね~

冬場は寒いので、安全靴の中にもインソールがあるといいかもね?

作業用手袋は、滑り止め付きがおすすめ↓

意外と忘れがちだけど、アームカバーはあると便利。段ボールで袖は汚れるのよね・・・。腕に擦り傷、切り傷作らないためにも必要だよ。段ボールって、結構切れるんだよね・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

純綿腕カバー 厚地 両ゴム
価格:410円(税込、送料別)

ボールペンやカッター、ピッキングに使う道具とかを入れるのに、あると便利なのがウエストバッグ↓

足裏の痛み対策には・・・コレ。安全靴で長時間歩いていると、足裏や土踏まずが痛くなることも・・・

屈み仕事が多かったり、重いものを持つなら、腰のベルトがあると楽になる~

こんな感じで仕事スタイルは決まりました。
冬場の防寒は、ジャンパーが必要だけれど動き回ると汗だくに・・・。体温調整ができるようにしておいたほうがいいですよ。あと、マスクはあるといいかも。乾燥するので!空調設備が完備されていても、トラックバース(荷物の積み下ろしをするところ)は、外とつながっているわけで、夏は暑く冬は寒いのですよ・・・”(-“”-)”

SPONSORED LINK

仕分け・ピッキングの体験談

では、ここから体験談。

hirotanがピッキングの仕事をしようと思ったのは、自宅の近くに物流センターがあってパートの募集をしていたからなのですが、その会社はお酒の配送をする会社です。物流センター自体が開所3年目ということで、新しく綺麗で空調設備も整っているのもポイントでした。

なので、ピッキングももちろんお酒なわけで・・・。

面接時には、「ピッキングは1本単位だから軽いから大丈夫だよ。重たいのはフォークリフトで運ぶし。」と聞いていたのですが・・・

仕事あるあるで、入ってみたらどっこい(笑)なわけですよ。

普通に一升瓶6本入った1ケースを10ケース運ぶとか(もちろん、台車は使いますが、台車に乗せるまでが一苦労です)、ワイン10ケースとか(1ケース700ml×12本入りとか)、350mlとか5oomlの缶ビール30ケースとか(1ケース24本入)のリストが出てくるわけですよ・・・。

もちろん、大量の時にはフォークリフトで運びますが、台車で運ぶことも普通にあるし(;^_^A

あら?面接の話とちょっと違うよ?と思ったものです。

でもね?考えようによっては、ピッキングの仕事っていい運動なんですよね。

たくさん歩くし、重いものを持つときには筋トレだと思ってやると、仕事時間はトレーニング時間なんですよ(笑)

でも腰痛持ちにはちょっと辛くて、腰痛ベルトを巻いて仕事してます(;^_^A

仕事をしていて気づいたことがあるんですが、倉庫で仕事をしている人って、足を引きずって歩く癖がある人が多いんです。

理由としては、コンクリートが滑りやすいとか、安全靴の底が硬いとかあると思うのですが・・・。

確かに、長時間安全靴で歩いていると足裏が痛くなるので、土踏まずをサポートするグッズを使うといいということに気づきました。

あと、ヘルメットって必要だなと実感。スチールの棚にちょくちょく頭をぶつけるんですよ・・・。ヘルメットのつばにコツンと当たるので、被っててよかった~と何度思ったことか(笑)

入社から1カ月くらいはロケーション番号の表示を見ながら歩き回っていたので、要領も悪く時間もかかっていましたが、ロケ番号を覚えてくると、動くルートのムダが少なくなってくるのでスムーズになります。

リストの見方も慣れてくると、ピッキングの仕方も早くなります。hirotanが働いていたところはハンディスキャンを使ったり、目視でITFコード(バーコード)を確認してピッキングします。

仕事量がそれなりにあると、時間がたつのも早く、黙々と作業に没頭できますが、独り言も増えます(笑)

働いている人たちも、寡黙な人or良くしゃべる&独り言が多い人の二極化しているように思います。年齢層も様々ですね。男女比で言うと、男性のほうが多く、アルバイト・パートは女性が多いです。お酒だから?

ピッキングだけでなく、検品(入荷個数・出荷個数の確認)をすることもありますよ。hirotanは運が悪いのか、出荷検品をするたびに個数が違ったり、違う商品だったりで、てんやわんや。納品先に迷惑をかけないためにも、ミスはしないようにしないとなと思いました。

こんな感じで働けるのがピッキング。

さいごに・・・

ピッキングする商品にもよりますが、パートの仕事としてはやりやすいんじゃないかなと思いますよ。

何より、子供の体調不良で急にお休みしても、周りに大きな負担をかけなくて済むところも、小さな子供がいる人には働きやすい環境です。私が勤めている会社だけかもしれませんが・・・(;^_^A

【関連】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする