共働き夫婦の家事分担で夫はどこまでしたらいい?

夫婦共働きで子どもが小さいご家庭は、妻の家事にかかる労力ってとてつもないですよね?できることなら、夫にも手伝ってもらいたいと思っている主婦も多いはず!

家事分担を決める時ってどうしたらいいのでしょう?

スポンサーリンク

共働き夫婦の家事分担で夫はどこまでしたらいい?

昔は、旦那は出稼ぎ、妻は家事という風習が多かったですね。

しかし、今は違います。

男女平等という言葉がどんどん強くなり、男性も家事、女性も働き、そのような状況になっていることも多く見られます。

さらに、男性が主夫というのも増えてきました。

まぁ、現実的にはまだまだ、女性は家事、男性は外へ働きにというのが一番多いでしょうが…

だからと言って、なんでもかんでも家のことを妻だけに任せるのはおかしいですよね?

実際共働きというのも多いでしょうから。

では、どうやって夫を上手く家事に巻き込めばいいのか?(笑)

一緒に考えてみましょう。

家事を頼んだ夫の「やってるつもり」は妻から見たら「できてない」?

悲しいですが、出来てないんではないでしょうか?

それには理由があります。

あなたが求めていることと、旦那さんがやったこととでは最終目標が違うからです。

同じ皿洗いでも、洗うだけなのか、水までふきとるまでなのかで違いますよね?

男女差別をするつもりはありませんが、男性は家事という文化に女性ほど触れていないからです。

女性は、花嫁修業とかお手伝いとか色々小さいころから手伝わされる機会が多かったのに対し、男性は(中には出来る人もいるでしょうが)ほとんどの人は母親などがやってくれるからそこまでやることがなかったからです。

それは、誰が悪いからではなく、昔の日本がそういう風潮だったので仕方ないかもしれません。

だから?

と言わないで下さいね…(;^_^A

まぁ、そういう口論はたくさんしてきたかもしれませんね。

頭の中にそういうこともあると思って接すれば少しは、主婦の方々が楽になるのではないでしょうか?

出来るならあなたが、どこまで旦那さんに求めるかを、しっかり伝えることがいいでしょう。

そうすれば、なんとなく旦那さんがイメージしやすくなるかもしれません。

何事もそうですが、理想の形が見えないとどこまでどうしたら良いかわからないことがあります。

それか、私の友人はあえて家事を1週間せずに過ごしてみたそうです。

そしたら、どんどん家や部屋は汚くなって、見かねて旦那さんが自主的に家事を始めたそうです(笑)

これは、賭けみたいなものですが時にはこのようなあら治療も必要かもしれません。

難しいでしょうが、ゴールを伝えることであなたの求めるところまで、家事をしてくれるかもしれませんので一度試してみてください。

家事を手伝う夫に上手くやり方を伝える方法

よく言われるのが褒めることでモチベーションを上げて家事をしてもらうというのが定番みたいです。

やはり、何にしても褒められて嫌な気分の人はいないでしょう。

あとは、伝えるではなく、やって見せるというのも効果的だそうです。

あなたが、旦那さんがやっているようにやることにより、旦那さんが自分がやっていることを違う目線で見れ、自分のやり方の悪いところを認識するということが出来ます。

試していないのであればこちらも有効みたいなので試してみてください。

決してやっていることにケチをつけないようにしてください。

これも男性の特徴ですが、家事は自分の仕事だと思っていない人が多く、家事はやってあげているという認識の人が多いです。

怒らないで下さいね。

そういう特徴です。

しかし、あなたがしっかりあきらめずに続ければ、変わるかもしれません。

継続は力なりです、頑張ってみてください。

さいごに

結局のところ男性は家事に不向きな人が多いです。

だからと言ってやらなくていいというのも違います。

あなたがそれで困っていることもわかります。

まず、小さい事でもコツコツ旦那さんに頼んで行けばそれが習慣になるはずです。

いきなり難しいことを求めても無理です。

なんでもいいので、ごみ捨てくらいのレベルから頼んでみてはどうでしょうか?

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

関連コンテンツ

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする