保育園の連絡帳 毎日書くことないよ?!書くことのポイントはコレ!父親にも書いてもらうには?

保育園生活の必須アイテムである連絡帳は子どもの園での様子や成長を知ることのできる大切なものです。

しかし、ワーキングママにとって毎日毎日書くのはとても大変なことですね。

ましてや兄弟姉妹共に通園中となると労力は二倍!

こんなに書くことなんてない!

たまにはお父さんにも書いてほしい!

なんて思うことはありませんか?

兄弟姉妹でお子さんを通園させている方のために

連絡帳の書き方、ネタの探し方についてまとめました。

スポンサーリンク

保育園の連絡帳に書くことがない?!毎日毎日何を書けばいいの?

「連絡帳」ですから、まずは園に伝えたいこと、連絡したいことを書きます。

体調や機嫌はどうか。

普段と変わったことはないか。

家でどのように過ごしたか。

こんなことができるようになった。

ここに注意してみて欲しい・・・

などお子さんの様子を見て書いていきます。

余裕があれば自分の気持ちをひとこと(送り迎えでもしっかり歩けるようになってきて嬉しい。など)やイラストを入れてもいいですね。

それでもなかなか書けない時は次の項目も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

保育園の連絡帳に書くことのポイントはコレ

一つのネタを使い回しましょう。

一日1ネタでも大変なのに、一日2ネタで書こうとすると、とてもとても時間が足りません。

お子さんの二人とも同じところからネタを拾っても大丈夫です。

兄弟姉妹で遊んでいるとしたら上の子、下の子それぞれにスポットを当てた内容にするのです。

例えばこんな風に書いてみてはいかがでしょうか。

・下の子バージョン

昨日は海水浴に行ってきました。

○○(お子さんのお名前)は初めてみる海に興味津々。

波打ち際にしゃがんで水に手をつけてバシャバシャしたり、

お兄ちゃんの後を追いかけて砂浜を走っていました。

・上の子バージョン

昨日は家族で海水浴へ。

パパに手を引いてもらいながら浮輪をつけてバタ足。

その後は砂で山を作ったり、妹と追いかけっこをしていました。

これは外出時のネタですが、忙しくてお休みの日も出かける元気がない方でも大丈夫です。

おうちで一緒に遊ぶ様子やご飯を食べる時の様子、寝る前の様子など、兄弟姉妹で一緒にいるところから二人でどのように過ごしているのか見ていきましょう。

合わせて育児に関する質問を書いてもいいと思います。

ただし質問内容によっては回答に時間がかかったり、食事関連は栄養士さんに確認する必要が出てきたりします。

保育園の先生方は多忙な中、隙間時間に連絡帳を書かれることが多いので、質問は一度に一問だけ。毎日質問はしないで時々にした方がベターです。

色々試してみたけれど、どうしてもネタがないという日は一行で「今日も元気です」でもOKです。

保育園の連絡帳は父親にも書いてもらうにはどうしたらいい?

育児はどうしてもママの負担が大きくなりがちです。

パパは朝早くから夜遅くまで仕事で手一杯。

仕事、家事、育児はもちろん保育園の持ち物準備や送迎も全部ママ一人でやってます!というご家庭も多いのではないでしょうか。

そんな時は週末メインでパパに連絡帳を書いてもらってはいかがでしょう。

はじめから二人分を毎週はパパも大変なので、月一、二回上の子か下の子かどちらか一人分のみから始めて徐々に書いてもらう日を増やしていけるといいですね。

パパの目線から書かれた連絡帳はお子さんの意外な一面をとらえていたりとママが読んでも新鮮に感じるかもしれませんね。

さいごに

少し工夫することで毎日の連絡帳書きやネタ探しはかなりラクになります。

今日はどんなことを書こうかな?

何曜日はパパに書いてもらおう。

などなど

ぜひ楽しみながらネタを探してみてくださいね。

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。