セカンドストリートで買取査定で高額査定してもらうコツは?買取価格の決まり方やネットを利用して賢く売る方法とは

生活
スポンサーリンク

 

部屋を片付けていると大量に不要な物が出てきます。中には新品同様の物もあるので、そのまま捨てるには少し忍びない気もしてしまいますよね。そんな時はリサイクルショップを活用してみてはいかがでしょうか。

 

そこでセカンドストリートで買い取ってもらう時のコツや便利な利用方法などを紹介いたします。

スポンサーリンク

セカンドストリートの買取査定で高額査定してもらうコツは?

処分してしまう物とはいえ、出来ることなら一円でも高く買い取って欲しいのが本音です。それではまず初めにセカンドストリートで買い取ってもらう時に、高額査定してもらうコツを集めてみました。

 

  • 流行の物は高額査定のチャンス

やはり流行の物は高く買い取ってくれるようですね。しかもここであるお得情報があります。流行りのデザインであれば、ブランド・ノーブランド問わず高額査定のチャンスだそうです。

 

ノーブランドだから買い取ってもらえないとあきらめていたアイテムも、一度お店に持って行く価値はありそうです。

 

  • 美品である方が良い

汚れや傷だけではなく、臭いも査定基準になります。例えば洋服ならばタバコの臭いは勿論のこと、香水もマイナス材料になってしまいます。

 

香水は良い匂いだから大丈夫だと思っていても、古着の買取という観点からするとあまり好ましくないので注意が必要です。

 

  • シーズン前にうるべし

シーズン真っただ中で売るよりも、“少し前”に売る方が買取価格は高くなります。夏物の衣服であるならば、春先辺りに持ち込んでみてはいかがでしょうか。

セカンドストリートの買取価格は相場で決まる?!

それにしても物の買取価格はいつでも一律同じなのでしょうか。そこでセカンドストリートの買取価格の設定の仕方の流れについて調べてみたのでこちらをご覧ください。

 

  • まずは市場価格調査

普通のお店や他のリサイクルショップではいくらぐらいの値段か、商品の相場を調査するそうです。よそでは売っておらず相場が分からない商品については、セカンドストリートのお店の取引データなどを駆使して販売価格を算出します。

 

つまり相場が上がれば買取価格も上がるということなんでしょうか。古い品物でも相場が高ければ案外高く買い取ってもらえるかもしれませんね。

 

  • “販売価格”決定→“買取価格”決定

セカンドストリートでは販売価格を設定したあとに買取価格を設定します。その時用いるのがセカンドストリート独自の買取価格表で、買取価格を設定する時はこの価格表を参考にしています。

 

  • 地域によって買取価格が異なることがある?

店頭買取は地域の需要に合わせた買取価格を設定しているそうです。そのため同じ商品であっても店舗によって買取価格が違うこともあるでしょう。

セカンドストリートで買取をするならネットを利用するのもアリ!?

 

引っ越し準備をしていると、処分したいものが大量にでてきます。しかしやらなくてはいけないことが山積みで、リサイクルショップに足を運ぶ暇もありません。

 

そんな時便利なのがネットを利用した買取方法です。それでは最後にセカンドストリートのWeb(宅配)買取サービスについて紹介いたします。

 

  • Web(宅配)買取サービスとは

ネットで申し込むと配送業者が品物を取りに来て、後日査定完了したら、登録メールアドレスに査定完了の報告がいきます。

 

サイトのマイページより実際の査定金額を確認したら、そのままマイページ上で品物を買取ってもらうか貰わないかを判断します。買い取ってもらう場合はその後指定の口座に振り込まれます。

 

  • 買い取って貰わない場合

品物を買い取って貰わない場合、返送費用は無料となっています。返送費用が無料なので、やっぱり手放したくないと感じた時は躊躇なく返送することが出来るので助かりますね。

 

  • 年齢制限があります

Web(宅配)買取サービスを利用出来るのは20歳以上の方のみです。20歳未満の人は近くのお店へ。また18歳未満の人は保護者の方と一緒にお店に行く必要があるので気を付けましょう。

 

さいごに

セカンドストリートで買い取ってもらう時のコツや便利な利用方法などを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。是非こちらの記事を参考にして、不用品をリサイクルしてみてはいかがでしょうか。

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
hirotanをフォローする
スポンサーリンク
ひろたんの回想録 日野・八王子

コメント

タイトルとURLをコピーしました