医療費控除の書類をエクセルで作成し提出する場合は年末調整でするの?

確定申告で医療費控除という言葉は聞いたことがあるけれど、ややこしそう、難しそうというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、実は結構シンプルです。

年末調整や確定申告では一体何をする必要があるのでしょうか?

今回は、医療費控除の進め方について書きたいと思います。

スポンサーリンク

医療費控除の申請にエクセルを使う事はできるの?

医療費控除の申請をする際、税務署に申告書を提出する必要があります。

その申告書は税務署で配布もしていますが、今はインターネットで取得することも出来ます。

国税庁のホームページから取得します。

URL https://www.nta.go.jp

そして、添付書類として医療費の領収書や源泉徴収票が必要となります。

控除額の算出をするために1月1日から12月31日までの医療金額の総計を出します。

その際、エクセルを利用して合計を出すととても簡単にできます。

もちろん、このエクセル資料も医療費明細書として提出しても可能です。

私の場合は、インターネットで医療費集計フォーム(エクセル)をダウンロードして、それに書き込み総計を出し、控除額を算出しています。

そして提出時に、明細表としてエクセル資料も提出しています。

そのためには、そのエクセルの中に「医療費を受けた人の名前」「病院等の支払先」「医療費区分」「支払った額」「支払った額のうち補填された金額」をすべて記入する必要があります。

自分で最初からフォーマットを作るのは面倒くさいので、医療費集計表をダウンロードしましょう。

参考としては、国税庁のホームページの「医療費控除の準備」からフォーマットがダウンロードできます。

URL http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/h30_iryouhi-download.htm

医療費控除の為の書類はどこに提出するの?

基本的には「今住んでいる場所」の税務署で行います。

ただし「居所地」と言って、長期出張などの理由から住所と違うところで住んでいる場合は、その場所で手続きをする必要があります。

年の途中で引っ越した場合は、引っ越し前の住んでいた地域の最寄り市役所(区役所など)で納税地の変更届出書を提出しなければいけません。

その他、少し難しいイレギュラーのある場合は、国税庁のホームページから該当する税務署を検索することもできます。

URL https://www.nta.go.jp/about/organization/access/chizu.htm

医療費の控除申請は年末調整ではなく確定申告!

医療費の控除は年末調整でするものだと勘違いされている方もいますが、医療控除の申請は自分で行うため、確定申告でしなければいけません。

年末調整で会社に提出しても対応してもらえません。(できないです)

なので、医療費控除を受けようと考えている人は、自分で確定申告をしに行く必要があります。

さいごに

いかがでしたか?

・医療費控除の申請をする際、エクセルで医療集計を作成したものは明細書として提出できる

・医療集計フォーマットはインターネットから無料でダウンロードができる

・年末調整ではなく確定申告で申請する必要がある ※1

・確定申告は、基本的には住んでいる場所の税務署に行って行う ※2

※1 確定申告方法は、インターネットまたは自分で税務署へ行く方法と2つある

※2 確定申告会場が市役所などで行っていることもあるので要確認

以上の4つがポイントでした。

私は、はじめて医療控除を申請しようと思ったとき、エクセルを使わず、手書きで医療集計を作りました。

とても面倒だったので今思えば早くエクセルを使えばよかったと思いました。

最後に余談ですが、1年にかかった医療費が10万を超えていなくても控除が受けることができる場合があります。

それは給与年収が約311万円以下の時です。控除額は小額かもしれませんが、確定申告した情報は、市区町村が住民税を計算するときの情報にも活用されます。

そのため、確定申告をすると、自動的に住民税にも医療費控除が適用されるのです。住民税率は、所得税と違って一律10%です。その差は大きいですよ。(※なお、いくら給与収入311万円未満といっても、もともと税金を納めていない人には、いくら頑張っても還付も減税もありませんのでご注意を(>_<))

また、申請する際にエクセルで作った明細は必須なのですが、「医療費のお知らせ」というはがきでも代用できるようになり、少し手間が省けるようになりました。

また、以前は領収書の添付をしなければいけなかったのですが、その必要がなくなり、より申請しやすくなっています。

ただし、基本的に領収書は5年間自宅に保存しておく必要はあります。(※医療費のお知らせで申請した場合、そのお知らせに記載されている医療費の領収書は保管しなくてもいい)

平成29年度から提出方法に変更が一部されており、以前から申請していた人は若干面倒に感じるかもしれません。

私はごちゃごちゃになるのが面倒なので、医療費のお知らせというのはあえて利用せず、すべてエクセルで作成したものを提出しています。

これが一番シンプルで分かりやすいと個人的には思っているからです。

ぜひ、合わせて参考にしてみてください。

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

 

関連コンテンツ

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする