カーブスとはどんなところ?大人女子に人気のフィットネスということでミヤネ屋で紹介された人気の秘密や3つのMとは?

CM・TV・NEWS
スポンサーリンク

 

皆さんは「カーブス」という名前をご存じですか?

 

行ったことはないけれど、看板を見たことがある、近所にお店がある、という方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私の近所にもカーブスがあるので地方にお住まいの方にも馴染みが有るかと思います。

 

50歳以上の”大人女子”に人気の女性専用フィットネスということで「ミヤネ屋」でカーブスが紹介されていましたね!

今回は、そんなカーブスに興味を持っていただけるようなカーブスの魅力をたくさん紹介します。

 

普段仕事ばかりで体を動かしたいなと思っている方、子育てが落ち着いてきたしそろそろ体を見直したいなという方、いろんな事情をお持ちの方におすすめできますのでぜひ最後までご覧下さい。

 

 

スポンサーリンク

カーブスとはどんなところ?

まずはじめに、カーブスについての基本情報を見ていきましょう。

 

カーブスフィットネスクラブは、女性のための新しいエクササイズを取り入れた、女性だけの30分フィットネスクラブです。

 

女性だけのフィットネスクラブなので、男性の目を気にすることなく、さらに自分のペースで運動に取り組むことができます。

 

1日30分という手軽さも忙しい女性に人気の秘訣です。

 

お仕事をされている方は仕事帰りに立ち寄ったり、主婦の方だと家事の合間に立ち寄ったり、自分の空いた時間を有効に利用できるため、手軽にカーブスに通うことが出来ます。

 

プールもスタジオも、お風呂もありません。

 

カーブスは2005年に日本で1号店が開店しました。

 

2017年5月には1791店、会員数はなんと80万人を越えたということです。

カーブスが女性に人気のヒミツは何?

 

続いて、カーブスが女性に人気の秘密を探っていきましょう。

 

カーブスが人気の理由は大きく分けて3つあります。

 

・マイペースで運動できる

 

カーブスでは自分のペースでやっていいので、とても気軽でプレッシャーもありません。

 

マシンが順番に置いてあって、マシン→ボード→マシン→ボードというように二周するというのが基本のプログラムになっています。

 

何も考えずに、音楽に合わせて運動していると2周はあっという間に過ぎます。

 

ささっと2周して、ストレッチして帰る、たった30分の運動が気軽でいいのです。

 

・通い放題なので、たくさん通うことが出来る

 

フィットネスクラブやジムで自分の時間を拘束されると負担になって続かないことが多いかと思います。

 

カーブスは営業時間内であれば、いつでも行って良いことになっています。

 

平日 午前10時から午後1時

午後3時から午後7時

土曜日 午前10時から午後1時

終了予定の30分前までなら、いつ行っても大丈夫です。

 

また、月額制で月に何回通ってもいいというシステムなので、毎日通うことも可能なのです。

 

・コーチも会員さんも女性ばかりなのでトレーニング以外の事に気を使わなくていい

 

必ず円陣の中にコーチがいて、マシンを使っているひとりひとりに、アドバイスや励ましの声をかけてもらえます。

 

スタッフの数が充実しているところでは、スタッフ間で申し送りもされているようで、何か変わったことがあると把握してもらえます。

 

自分のことを気にかけてくれるコーチがいてくれるということは、励みになりますよね。

 

スタッフ全員、笑顔を絶やさず、明るい雰囲気をつくっているので、楽しく運動ができる環境になっています。

 

また、お化粧が落ちてしまったり汗を掻いてしまったりと、男性がいると気にしてしまって集中できないという方もいらっしゃいますよね。

 

女性だけというのは気にしなくていいので安心です。

 

マシンを触るのも、女性が触ったものには抵抗なくても、男性が汗を流しながら触ったものには何となく抵抗があるという方にもおすすめです。

カーブスの3つのMとは?

 

最後に、カーブスの気になる3つのMについてご紹介します。

 

カーブスには3つのMを教室からなくしたことで人気になっています。

 

その3つとは、「(No) Men」「(No) Make-up」「(No) Mirror」です。

 

「No Men」に関しては、男性の目を気にせずに運動できて、スタッフも全員女性であることを指しています。

 

「No Make-up」はメイクの手間が要らず、手軽に通えるという意味と、化粧が落ちるほどの汗はかかないという2つの意味があります。

 

そして「No Mirror」は、教室に鏡がないという意味で、自分の体型を気にせずに運動に集中できるという理由から鏡をもうけていません。

 

ちなみにカーブスという名前は、女性の曲線美から名付けられたそうです。

 

シャワーもない施設ですが、近所にあって気軽に通える、フィットネス業界のマクドナルドを目指しているようですよ。

さいごに

 

カーブスについて様々な情報をご紹介しましたが、興味をもっていただけましたか?

 

女性だけで近所にある、気軽に通えるという魅力たくさんのフィットネスクラブカーブスに、ぜひ体験からでも行ってみましょう。

 

新しい自分を発見できるかもしれませんよ。

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました