スポンサーリンク

家の基礎に地震で細かいひびが入ってしまった!このクラックを補修するならどこに頼む?

マイホームに何らかの問題が出るのは嫌ですよね。

しかも、地震の後に発見した基礎部分にヒビなんて…

特に最近、災害や、施工の不手際のせいでなどの、ネガティブなニュースも流れます。

あなたの家の基礎にもヒビはできていますか?

不安ですよね。

しかし、知らないから不安なのです、知れば対処も出来るし、安心も出来ます。

今回は、そんな家の基礎にひびが入った時どうしたらよいかをお話します。

スポンサーリンク

家の基礎に地震で細かいひびが入ってしまった!

家の基礎に、地震で細かいヒビが入ることも当然あります。

それは、あなたの家に限ったことではありません。

別にケアをしてないからという問題でもありません。

家も体と同じで、時間がたつと色々な問題も起こります。

しかし、ひびが出来たからといって焦る必要はないかもしれません。

ヒビには、外側の表面だけのひびか、内側の本物の基礎のひびかの2種類に分かれます。

外側のひびならセーフ、外側のひびならアウトです。

あなたの家のひびはどちらでしょうか?

家の基礎に出来た細かいヒビはクラック!直す必要はある?

では、ひびの二つのことについてお話します。

家を建てるときに、コンクリートを打ちます。それが基礎です。

さらに、打ったコンクリートの上に綺麗に見せるように、さらに別の物を塗ります。

先ほど言った、アウトのひびが前者で、セーフのひびが後者です。

まず、前者から行きます。

家の土台となる基礎にひびが入るという事は、もしそれが、さらに割れると土台が崩れてしまう可能性があります。

怖がらせるようになってしまいましたが、今すぐ、壊れるわけではありません、ひび程度では、壊れません。

しかし、放置していると、壊れる可能性が出てくるという事です。

そして後者です。

これは、綺麗に見せるための物なので、これにひびが入っても問題ありません。

しかし、見た目は嫌な感じにはなりますが。

女性のお化粧がはがれるようなものです。実際の肌には問題ないですよね?

女性としては問題大ありかもしれませんが…(笑)

なので、治さないといけないものは、内部の基礎のひび、治さなくてもよいものは外部の基礎のひびという事です。

家の基礎に出来たひびの補修が必要な時はどこに頼めばいいの?

家の基礎に出来たひびの補修ですが、塗装会社や、リフォーム会社に頼むのでいいと思います。

もしくは、家を建てるときに、携わってくれた工務店の方などですね。

家を建てた時に、携わってくれた人の方が、安心感があり、なんでも相談しやすいかもしれませんね。

しかし、万が一家を建てる際に、なにか違和感などを感じ、いまいち信用しきれなければ、別のところにお願いした方がいいでしょう。(我が家はそんな感じです(;^_^A  )

理由は、家というのは高いものなので、不安を抱えると安心できません。

それに、違和感というのが、ポイントで、中には悪徳業者も存在します。

自分のところの製品にもなるので、なかには、自分たちが管理している家に問題が生じた場合、内部のひびなのに、外部のひびだから大丈夫という業者もいます。

なので、そういう場合は、他社に頼んでみる、建築士に見てもらうなどの、第三者を絡めるといいと思います。

見積もりなども、時間に余裕があれば、何社かお願いして比較するのがいいと思います。



さいごに

家の基礎に出来るひびは、問題があっても、なくても、見た目的にはよくないです。

例え大丈夫だとしても、あなたの周りの方は不安を持ってるかもしれませんし。

それに、外側のセーフのひびでも、割れ目があるのは確かなので、雨や、ありなどが侵入してくる可能性もあります。

ですので、外側のセーフのひびでも、直しておくことに越したことはないです。

家はあなたが安心して、ゆっくり出来る場所です。

それを守るためにもしっかり、見極めて行動してくださいね。

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。