転職するなら異業種へ!と悩む20代・・・転職エージェントは利用するべきか?

みなさんは転職エージェントで思いつく会社はどこですか?

たとえば、大手老舗のマイナビAGENT、最近CMが話題のビズリーチ、

DODA子さんことDODAやTYPE転職エージェント、ハタラクティブなどがありますね。

最近では直接企業にアプローチするよりも、

情報とパイプをもっている転職エージェントを通して転職活動をする方が多い気がします。

就職活動をしている方なら直接雇用の厳しさが身に染みていて、転職の際は思いっきり転職エージェントに頼る・・・なんてことも(;’∀’)

ですが転職エージェントといえど、それぞれの特色によって強みが違います。

それによって、直接企業にアプローチするべきか、転職エージェントを介すべきか違いますよね。

今回はその特色とともに、転職について考えてみましょう♪

スポンサーリンク

転職するなら異業種へと悩む20代におすすめの転職手段は?

まず転職では、年齢によって事情が大きく変わってきます。

・将来を見込んで怖いもの知らず、勢いだけでも動ける20代

・20代での経験をもとに確実な新しい一歩を踏み出す30代

・経験や実績を評価されて管理職として腰を据える40代

実際に20代であれば経験分野であれば即戦力として喜ばれますし、経験がなくても潰しがきくため、異業種でも転職は難しくはないでしょう。

同じように40代の方が実績や経験なしにガッツだけで行けるかと言えば、まず無理です。



この様に、転職には年齢によって事情が異なります。

それだけでも20代の転職とは『なんだってありなんです。

ですがまだ社会人として経験が浅く、人脈が薄い場合は転職エージェントを利用することをお勧めします。

持っている情報を聞くだけでも勉強になると思いますよ。

転職エージェントとはどんなことをするの?

そもそも転職エージェントとは何をしてくれる会社なのでしょうか?

同じように見られがちな派遣会社との違いも含めてみていきましょう。

まず、転職エージェントは、求人企業と転職希望者のマッチングを行います。

この時、雇用は企業と転職希望者が直接結び、かつ正社員雇用です。

無事に両者の希望通りに話が進んだ場合、転職エージェントは採用後関与しなくなります

一方派遣会社は、求人企業と転職希望者のマッチングを行いますが、

雇用は派遣会社と転職希望者が結び、派遣社員として雇用されます(中には3か月の使用期間後に正社員としての雇用制度もあります)。

その後も派遣会社は、求人企業と転職希望者の間に調整役として関与するため、ここが大きな違いと言えます。

また派遣会社と違って、転職エージェントはキャリア向上を目的とした転職に重点を置いてくれる傾向があるため、どの様に働きたいかで選んでもよさそうですね。

転職するときに転職エージェントは利用するべきか?

個人的意見ですが、企業名まで明確に決まっていない場合、20代のうちはズバリ利用するべきだと思います!

30、40代であれば自身の得意分野が経験実績を活かす道を明確に想像できますが、経験の浅い20代では、まず周りの意見を聞く方が無難だからです。

まだまだ知らないことも多いですから、勉強のために聞いてみるだけでもいいのではないでしょうか。

人の話を聞くことにより、思いもよらない✨天職✨に出会える可能性もあります。

またお客様と接する業種であれば、引き出しの1つとして、話のネタにもっていても損ではないと思いますよ(^^♪

さいごに

いかがでしたでしょうか?

転職と一言で言っても、年代や状況によって様々です。

自力でベストな道を選べればいいですが、そう上手くいかないから転職があります。

騙されたと思って、まずは転職エージャントをのぞいてみるのもいいかもしれませんね。

これから転職を考えている方、もしくは新しい道を目指すべきか迷っている方がいれば、いい道がみえてくるといいですね(*’▽’)

楽しく仕事が出来れば、毎日が楽しいですから♪

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。