スポンサーリンク

国際結婚で海外移住すると国籍はどうなる?併せて知りたい名字変更や苗字通称名

インターネットの普及や海外への格安チケットなどの兼ねあいもあって、最近では海外に行きやすくなり、そして外国人の方々と知り合いになるチャンスが増えました。

そんな現代人の結婚って国際結婚もめずらしくない時代になってきています。

周りの人達を見わたしても、意外と国際結婚している知り合いがいるって人がいたりしますね。

もう、ぜんぜん珍しい事じゃないんですよね。

そんな中でも、国際結婚したらどうなるだろう?疑問に思うことが沢山あります。

でも私の知るかぎりでは、結婚はある程度、結婚した夫の国のルールや法律に従って行えばいいのだとということなんですよね。

あと、国籍の事については、ご自身がそれを、夫の結婚先の国で行った時に自分の国で(日本で)どの様になるのか?ということです。

これらを知っておいた方がいいんですって。

ということで、これは身近で国際結婚をした方に聞いたお話です。

スポンサーリンク

国際結婚で海外移住すると国籍はどうなる?

実は、国際結婚で海外移住しても、日本人は日本人国籍のままの方が多いです。

なぜなら、日本はまだ二重国籍を認めていないため、日本国籍を抜ければ、日本国籍を失ってしまうからです。

そして、一度日本国籍を抜けてしまうと日本人に戻る事は難しいようです。

日本はもともと、あまり移民(国籍の違う人が永住を目的として移り住むこと)を受け入れてはいない国と言うこともあり、国籍を抜いて夫の国の国籍を持てば、日本人では無くなるということなのです。

そして、日本に一時的に戻る時にでさえ、例えば、実家に帰るときなども日本に入国するための何らかのビザが必要になります。

国籍が違う人が、その国に入る、そして生活や旅行をする為にはビザが必要です。

結婚相手のご主人さまが日本にいて、日本で外国人と結婚した場合は、移住する前に日本で移住予定である、夫の国の大使館に問い合わせをして、その国に入る前にビザの申請をします。

そのビザがないと空港の入国審査でその国に入ることもできません。

別例では、留学中などに、日本国以外でその国の外国人と結婚した場合は、その国の書類の手続きで結婚届をだしてから、保持しているビザを切り替える為にビザの申請をします(永住権などのビザに)。

そして、外国で結婚した場合は、国籍は変えやすいと思います。

書類の手続きの中に市民権を保持するか、しないかの選ぶ項目もあります。

しかし、万が一日本国の国籍を変えたいと、強く希望しているなら、その様に手続きを行い、その国の日本領事館の方にも伝えた方がいいと思います。(海外から結婚書類を提出する際に、移住先の日本国領事館が日本で戸籍のある、市役所にお知らせして戸籍に結婚した事を記入してくれています)

という事なので

ほとんどの、国際結婚をした人は、日本国の国籍のまま・・・だと思います。

その為に、その国で生活をしてもいい証明でビザが必要になります。

その国の外国人のご主人様ならば、申請すれば直ぐに申請中と言うことになり、国籍を変えなくても長期滞在(永住)が可能になります。

スポンサーリンク

国際結婚で海外移住するなら名字変更は必要?

女性の場合は日本でも結婚したら、御主人さまの名前になるのがほとんどだと思いますが、

外国でもそうです、名前を変えるのが一般的です。

しかし、名字を変更したいか、したくないかは、日本と同じ様に選べます。

名字の変更については、本人自身が移住先で生活をしていて、便利か不便ではないか?という事だと思います。

不便に思えることも沢山あるので、例えば、結婚しても日本のサービスを同じように利用したいなど、今まで、使っていたカードの名前なども、すべて変更することになるので、手間はかかります。

あとは、ご主人の苗字に変えたいか、変えたくないか、もしくは、ご自身の名字をミドルネームとして使用するという選択もあります。

例えていうならば、

トム・ハンサム(仮名)さんと言う、オーストラリアの方が、日本人の木戸間ニコル(仮名)さんと結婚するとします。

木戸間さんはお名前を

“ハンサム キドマ ニコル”に結婚後、改名しました。ご自身の苗字をミドルネームで使用しています。その様な事が出来たりもします。

国際結婚での苗字は通称名でもいいってホント?

国際結婚に限らずに、外国にお住まいで、その国の方が、日本人の名前を呼びにくい時などや、覚えてもらう為に、通称名を使って生活をされる方がいます。

私の知り合いは、その通称名の名前で銀行の口座なども作っているそうです。

しかし、銀行口座を作る際には、どうしてその通称名を名乗るのか、と言う理由を明らかにして、書類手続きを行い、手書きのサインも記入して本人証明をします。

さいごに

国際結婚ってまだまだ分からない事ばかりですが、当然、パートナーさんも、国際結婚が初めての方だと、2人して分からない事ばかりです。

国によっても、若干違いもあるので、日本で十分に情報収集が出来ない場合は、現地の日本人に聞いたりして、できるだけ情報収取をした方がいいですよ。

近くに日本人がいない場合は、結婚の書類やビザの申請をする所で確認する事もいいかもしれません。

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。