貯金の平均金額はいくら?夫婦共働き30代が地方暮らしで初めて知る事実とは!?

生活
スポンサーリンク

あなたの貯金は今いくらですか?

将来の事を考えて、なるべく貯金額を増やそうと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで、やる気を出すために貯金平均額を「夫婦」「地方」「30代」のキーワードから紹介したいと思います。

スポンサーリンク

貯金の平均金額は夫婦共働きでこれだけしかない!?

基本的によく言われているのは「手取り金額の20%を貯金する」です。

月に給与手取りが夫25万、妻18万(夫婦で43万)であれば、大体1か月あたり65,000~70,000円貯金していると計算して、大体年間78万~84万円貯金しているということですね。

節約術などの本では、30%くらい貯金に回すという考えもありますので、多いところで年間100万円以上は貯金しているところもあるでしょう。

実際の調査では、夫婦共働きの貯金平均額は、月に11万円です。

 

どういう事!?

 

と思った方もいるでしょう。

これは、収入に格差があるがゆえの結果ということだと思います。

 

貯金の平均金額は30代夫婦でこれだけだ!

30代共働き(子供なし)夫婦の平均貯金額は600万円と言われています。

30代共働き(子供あり)夫婦の平均貯金額は400万円くらいです。

しかし、この結果もあくまで平均です。

実際は、貯金ゼロという夫婦も全体の3割もいるということも分かっています。

ちなみ私は30代のころは元夫と別居中、その後離婚という状況でしたので貯金どころではなかったですけどね(笑)

[quads id=1]

貯金の平均金額は都会と地方ではこんなにも違う!

なんとなく気づいた方もいるかもしれませんが、都会と地方では給料は全く違います。

(もちろん物価も違います)

給料が違えば、貯金に回すお金だって違って当たり前です。

ある調査での県別平均年収の結果です。

東京/約610万円(貯蓄約730万円)
北海道/約400万円(貯蓄約370万円)
福岡/約430万円(貯蓄約420万円)
沖縄/約330万円(貯蓄約270万円)

県で見ただけでもかなり格差があります。

年収の格差があれば、もちろん貯蓄額もかわってきて当然ですね。

そのかわり、物価も比例していますので収入は高くても支出も多くなっています。

それでも年収がそもそも違うわけですから必然的に貯蓄額も違って当たり前ですね。

知人の話ですが、30代女性が福岡市内でずっと働いていてその後、大分県に住むことになり、それに伴い仕事も変わりました。

そしてここに移住して嘘のような本当の話で、今でも笑ってしまうような事実を知る事になったというのが・・・

福岡で正社員をしているころは、年収が250万を切る事がなく、久留米市で働いている時は270万でした。

それでも高い収入とは思ったことはなく、最低限の年収だと思っていたそうです。

しかし、大分の田舎に移住して仕事に就いた時、正社員で年収170万ほどだったというのです。

福岡でアルバイトをしていた時の年収より低かったと。

その方は、自分の勤めた会社の給料が悪いのかなと思い、自分の夫や夫の知り合いなどに聞いてみると「ここらへんでは、妥当な金額だ」と言われたのだそうです。

その地域では、アルバイト生活中心にしている人も居るそうで、その方が稼ぐことができるからという理由で、バイトを2~3掛け持ちしているのだというのです。

確かに正社員でこの年収なら、そうするかもしれないなと私も思いました。

地方と都会では大きな違いがあるんですね・・・。

さいごに

夫婦共働きの場合や30代夫婦の場合、地方と都会の貯金額についてなどを紹介しました。

節約をしようと思ってインターネットなどで調べる時に、分かりやすく色々例を挙げて説明してくれているものがあります。

それを見ると夫婦で年収600万のケースや1000万円のケースで説明しています。

そのような年収例は反面、自分たちに当てはまらないと・・・

それらを見るたび「格差があるんだな」と感じてしまいます。

30代夫婦の1カ月あたりの貯金平均額11万円とみると、「貯金ビンボーになるわ!」と突っ込んでしまいます(笑)

理想の貯金額は、「手取り額×0.2」ということですので、周囲と比較していても大変ですから自分たちで出来る範囲の貯金をしていく事が一番大切だという事ですね。

周囲と比べず、短期・中期・長期の貯金目安と目標をもって貯金していきましょう!(私の個人的な意見ですのであしからず)

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました