赤ちゃんが泣き止まないのはなぜ?ピタッと泣き止む方法と安心する色

SPONSORED LINK

初めての子育てに、てんやわんやのパパとママ。赤ちゃんが泣き止まない時、どうしたらいいかわからない・・・。あれをやってもダメ、コレをしてもダメ・・・もう疲れちゃった(-_-;)なんて経験はないですか?

赤ちゃんが泣き止まないのはなぜ?ピタッと泣き止む方法がある?赤ちゃんを安心させるために・・・ということでまとめておきます。

赤ちゃんが泣き止まないのはなぜ?

赤ちゃんが泣き止まないのはなぜ?明確な理由があるの?

赤ちゃんが泣くのは意思表示。『お腹が空いたよ』とか、『おむつが濡れて気持ち悪いよ』など、不快感を伝えるために泣くことがほとんどですね。赤ちゃんのお世話に慣れてくると、赤ちゃんの泣き方で、何をしてほしいと要求しているのかがわかってくるようになりますよ( ^ω^ )

あれ?泣き方がなんか変だな・・・と思ったときは、体調が悪いこともあるかもしれません。普段の泣き方や、泣く理由を観察しておくと、慌てずに対処することができます。

お腹もいっぱいだし、おむつも濡れてないし・・・なんで泣き止まないの?泣き止まない理由を、一つずつつぶしていって、それでもわからない・・・そんなの時は?

SPONSORED LINK

赤ちゃんがピタッと泣き止む4つの方法

赤ちゃんが泣き止まなくて、パパもママもオロオロ・・・となってしまうと、赤ちゃんも不安になってしまいますよ。まずは、おおらかな気持ちで接することが大事。

その1 赤ちゃんが泣き止むある行動

赤ちゃんが泣き止まなくて困ったとき、抱っこして歩いてあげましょう。でも、これはただ歩くだけじゃダメなんです。”歩く”のではなく”運ぶ”ことを意識します。これは、動物の輸送本能に由来します。動物は、ママが子どもを移動させるときに口に咥えて運んだりしますよね?その時に泣いていたのでは、他の動物に見つかり危険が増してしまいます。なので、運ばれている最中はおとなしいんですね。赤ちゃんも同じです。

その2 赤ちゃんが泣き止む”鉄板”のテンポ

赤ちゃんは、ある一定のテンポでゆらゆらしてあげるのが超効果的。そのテンポとは・・・1分間に60回。これは、赤ちゃんがママのお腹の中にいる時に聞いている心音と、ほぼ同じテンポ。大人の心拍数は1分間に60回程度と言われていますので、赤ちゃんを抱っこして、このテンポでゆらゆらしてあげると、あら不思議・・・赤ちゃんはピタッと泣き止みます。

その3 赤ちゃんが泣き止む〇〇〇の音とは?

泣いている赤ちゃんが、この音を聞くとピタッと泣き止みます。その音とは・・・”そば”をすする音。「ズルズルズル~」という、そばをすする音は、赤ちゃんがママのお腹の中にいる時に聞いている血液の流れる音に似ているんだそうです。なので、この音を聞くことで安心するのだそうです。テレビの砂嵐の音や、ドライヤーの音でも同じ効果が得れるそうですよ!

その4 人見知りの赤ちゃんが泣き止む方法

生後6ヶ月を過ぎたころから始まる人見知り。知らない人を見て泣き出してしまうということもよくありますね。人見知りの赤ちゃんを泣かさないようにするためには、あえて目を合わせないこと!動物の本能として目をわせることは威嚇することにつながります。人見知りの赤ちゃんは、初めて会う人と目が合うと反射的に恐怖が湧き警戒して泣いてしまうんですね。目を併せないことで、警戒心も薄らぐんだそうですよ!

赤ちゃんが安心する色とは?

普段の生活の中で取り入れていきたいのが、赤ちゃんが安心する色の洋服を着るということです。授乳期のママであれば、ママの肌色に近い暖色系の色や、パステル系の色のお洋服を着ることで、赤ちゃんも安心できるそうですよ。子どものうちは、自然に近いやさしい色の環境を整えてあげることも大切ですね。

さいごに

初めての子育てで、いろいろと不安になることもあると思いますが、周りに気軽に相談できる人はいますか?パパやママがおおらかな気持ちでいることが、赤ちゃんにとって一番良い環境だと思います。イライラした気持ちは、赤ちゃんも敏感に感じてしまうんですよね・・・。子育ては大変だけれど、喜びもたくさんありますよ(^^♪