スポンサーリンク

年賀はがきを早期割引で購入後に喪中・・・返金はできる?その時手数料は・・・

早いところだと10月くらいから年賀はがきの、早期割引の広告が目に付くところもありますね。

年賀ハガキに限らず、洋服にしても、クリスマスのイベント、母の日、父の日などは、早い段階から色々な商品を取り揃え”早期割引”を実施してますね。

今回は年賀はがきの早期割引で購入した後に、喪中になった場合について話していきたいと思います。

個人的には、昔よりも年賀はがきを出す人は、少なくなってきており、メールなどで終わらせる人が多いと感じますが、その分ハガキで頂けると、なんか特別な感じがして、より嬉しくなります。

スポンサーリンク

年賀はがきの印刷購入早期割引を利用するメリットは?

メリットはやはり安さですよね。

当たり前に普通で買う値段よりも、早期に予約した方が安いです。

それに、ギリギリだと年始の一発目に届かないこともあります。

それは、ギリギリだと年賀はがきが作成されずに、手元にないか、書くまでに時間がかかり、結局投函が遅くなるからです。

あとは写真を入れる方は、写真を選ぶのに、一生懸命になり、意外とそれ自体で、結構な時間もかかるので、早い方が悩む時間もたくさんあり納得できる年賀はがきが作れるのではないでしょうか?

そう考えると、時間に余裕があれば、早期予約をしない手はないと思います。

ハガキの印刷代も安くなりますし、書くときに時間に余裕をもって書けますし、メリットだらけ。

むしろ私個人的にはデメリットを見つけられません。

スポンサーリンク

年賀はがきを購入後に喪中・・・はがきは処分するしかない?

そのハガキ・・・処分することはありません。使い道はありますよ。

使い道としては

・普通のハガキと同じように使う

・切手などに交換する

・現金に変える

です。

・普通のハガキとして使うには、年賀状特有の年賀という文字を消し忘れないようにしてください。

後は、それぞれの家によるかもしれませんが、裏側に写真や、住所を書いている場合があるでしょうから、普通のハガキとして使う時は、気になる方は、そこも注意しておいてください。

・未使用・印刷済問わず年賀はがき等は、1枚5円で切手や官製はがきに交換できるので、余ったハガキの使い道がなければ、切手や官製はがきに変えておくと、なにかと便利だと思いますよ。

・未使用のはがきは金券ショップなど、買い取ってくれるところに持って行って、現金に変えてもらいます。ハガキの種類によって金額に差があるので、まずは、お店に行って確認すると、より確実だと思います。

せっかく発注したハガキです。そのままにしていても勿体ないです。

年賀はがきは近親者の喪中の場合は返金が出来る

返金というよりは、交換の方がニュアンスはいいかもしれません。

郵便局だと、返金はされません。切手や官製ハガキとの交換になります。

通常だとこの変換は、手数料(1枚につき5円)がかかりますが、喪中の場合はこの手数料がかかりません。尚、この交換手数料が無料になる期間は、年賀はがきの販売期間中のみです。

そして、喪中の場合は、確認されるので、虚偽報告はしないと思いますが、念のためお伝えしときます。

交換じゃなくて、やっぱり現金に換えたいのであれば、やはり、金券ショップに持っていくことをオススメします・・・が、きっと買取価格は安いですよ(;^_^A

さいごに

不幸なことは、正直起こってほしくないのが普通ですが、そのような予期せぬことも当然起こるのも、また人生です。

この年賀ハガキも、色々落ち着いてからか、誰か冷静に対処してくれる人に、任せるのもいいかもしれません。

まずは、大切な方のことが、ひと段落してから始めても、全然遅くないですよ。

ぜひ、この中の選択肢から、どれか一つでも、あなたの暮らしに役立てて頂けるのであれば、嬉しく思います。

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。