iPhoneの液晶ガラスが割れてしまった!割れたまま使うのはデメリットある?修理代金の相場はどれくらい?

形あるものはいずれ壊れます。iPhoneの液晶も当然ながら…

最近は、iPhoneケースや画面に貼る保護フィルムがよくできてきているので、前よりは画面が割れている人を、見なくなったような気がします。

でもiPhoneの液晶ガラスって、ちょっとしたことでも割れませんか?

思った以上に傷が入りますよね?

傷というよりは、もうヒビとか割れていると言った方がいいかもしれませんね(;^_^A

今回はそんなiPhoneの液晶ガラスについてお話します。

スポンサーリンク

iPhoneの液晶ガラスが割れてしまった・・・そのまま使う?

普通に考えれば使わない方がいいですよね(;^_^A

だってそれは、いわゆる不良品になってしまったのだから・・・

ほとんどのものが、あるべき形の上で、構造され機能が成り立っています。

それが、今回のように液晶ガラスが割れるということは、構造上に問題が発生しているわけなので、それによって何かマイナスなことがあっても、誰も何もサポートしてくれないでしょう。

だからこそ、液晶ガラスが割れたのであれば、使わない方が賢明だと思いますよ。

しかし、そのまま使っている人もいますよね?

私も見たことがあります。

普通に使えるのだから大丈夫と言って修理しなかったり、お金がもったいないとかが、大概の理由だと思います。

それをそのまま使うとデメリットもあります。

iPhoneの液晶が割れたままだとガラスが指に刺さるとか?そのままにしておくデメリット

iPhoneの液晶が割れたままだとガラスが指に刺さるとか?

ですね。

コレ・・・うちの娘です(笑)

画面がバキバキになってたので、ガラス交換したら?と言ったら「まだ使えるしお金ないから我慢する」といってそのまま使っていたら「ガラスが指に刺さった~( ;∀;)」と。

想像してください、窓ガラスが割れて掃除していたら、指を切ったりしますよね?

それと同じです。

ましてや、iPhoneは操作するためには、絶対に液晶ガラスを触らなければいけません。

そうなると、割れているガラスが指に触れ、傷つくか、刺さることも考えられます。

しかも、自分ならまだ、自己責任ですが、今は小さい子供や、年配の方まで使う時代です。

万が一、自分以外の人が触った時にそのような問題が起きると、大変ですよね?

他にもデメリットはあります。

・的確に画像が見れない

・見落としがある可能性がある

・操作が出来ない、または反応が悪い

せっかく撮った写真などが、綺麗に見れないことがあります。画面上上手く取れていても、いざプリントしてみると、なんか違う?みたいなことがあります。

書類や、小さい数字が入っているものは、読み間違いがあったり、ちょうどヒビの場所に大切な数字等があり見落とすこともあります。

ガラスが割れているので、タッチパネルとして機能しないこともあります。

つまり、デメリットしかありませんね(;^_^A

スポンサーリンク

iPhoneの液晶が割れたときの修理代金の相場はどれくらい?

修理代金の相場ですが

8000円から10000円という所です。

iPhoneの種類、機種によって料金が変わってきますので、修理する際は確認を先にしておいた方がいいですね。

あとはどこで修理してもらうかにもよるので、自分が修理してもらう場所が決まれば、先に調べる方が賢明だと思います。

自分の計画もあるでしょうし。

あとは、ガラスが割れるということは、それだけ衝撃も加わっていたのだから、iPhoneそのものも、何かしらの問題があるかもしれないので、操作も大丈夫か試してみて、何か不具合があれば、一緒に修理してもらう方が、2度手間にならずに済みますよ。

さいごに

ガラス割れ意外にも、水没、各種パーツの修理も多い案件になりますので、そうならないように、日ごろから扱いには注意してくださいね。

わざと、不具合が出るようなことをする人はいないと思いますが、普通に使っていても不具合は出るときは出ます。

なので、早めにその時は修理した方がいい結果になると思います。

病気の早期発見、早期治療と同じですね。(笑)

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。