iPhoneは外気温が上がると問題が?!温度警告画面が表示されたら温度を下げるべき?その下げ方とは

今年の夏は、異常気象でしたね。全国各地で真夏日!

しかも、ついに40度を超えた場所もありましたね!

あなたは熱中症などには、ならなかったですか?

さて、あなたは無事でもiPhoneに異常がでたみたいですね!

では、今回はそれについてお話していきましょう!

スポンサーリンク

iPhoneは外気温が上がると問題が起こる?!

iPhoneに限らず、機械は繊細なので問題はおきます。

iPhoneの特徴として、使用環境が0度~35度、保管環境が-20度~45度と推奨されているそうです。

・何が起きるかというと、そもそも画面が動かなくなる

・カメラのフラッシュ機能が使えない

・電波が弱くなりスムーズに動かない

など、様々な症状がでます。

状況によっては、壊れてしまい、使えなくなったというケースもあるそうです。

なので基本的には、なるべく推奨温度を意識して、使えば問題はないでしょう!

がっ、それを知ってて、わざわざ危険にさらす人はいないですよね?

あなたもそのはずです!

しかし、問題が起こってしまった。ではどうしたらいいのか?

スポンサーリンク

iPhoneの温度警告画面にビックリ!その時どうする?

↑実際に表示された警告画面です。(;^_^A

あなたはどうしましたか?

初めて温度警告画面がでてきたら、そりゃびっくりしますよね。

しかも、動かせないから、調べようがない!

しかし、ありがたいことに答えは、出ていますよ!

「高温注意 iPhoneの本体温度が下がるまでお待ちください。」と。

*シリーズによっては少し違うかもしれません…

私も初めての時はびっくりして、思わずスクリーンショットしてしまいました。

そして一言「iPhoneも熱中症になるの?人間かよ…」

経験者は語る…  (笑)

あっ、本題に戻りますね。答えは文字通りです。

基本は冷えるまで待つしかないでしょ?(笑)

待てばいいのです。

しかし、その文字が出るということは、かなりiPhoneも熱を持っています。

あなたが覚えているかは、わかりませんが、その時はiPhoneが熱かったはずです!

それを、ただ待つのは時間がかかります。ですので、なるべく早く回復する方法を教えます。

iPhoneの温度警告画面が出た後に温度を下げる方法

さぁ、熱をもったiPhoneをどうやって早く回復させるか?

調べてみると色々な人が、色々な方法で試したみたいです。

・冷蔵庫にいれた

・冷凍庫にいれた

・保冷剤を使った

・扇風機にあてた

方法は色々あるみたいですね!

私は実は、この画面がでたのは、合計三回です!!学習能力がないのでしょうか?(笑)

その時は、このようにしました。

一回目、iPhoneの接地面をなるべく浮かすようにして、涼しい場所において放置

二回目、真空パックに入れて流水した

三回目、冷凍庫にいれた

です。

その結果一番、早く回復したのは三回目、冷凍庫に入れた。でした。

二番目は涼しい場所、三番目は流水でした。

早く連絡や、携帯を使いたいなら三番目がいいでしょうね。

しかし、注意もあります

一気に冷やすことができますが、その過程で内部に結露がたまって、故障する可能性もあります。冬の時の窓をイメージするとわかりやすいかもしれないです。水滴がたくさん出ますよね。

それに、外出先で冷凍庫があるかもわかりませんし。

ですので、オススメは一番の接地面をなるべく浮かすようにして、涼しい場所に置くです。これなら、どこで起きても、すぐ使えますよね!

それに、リスクがないです。

人間と同じですね。軽度の熱中症になった時に、涼しい場所に、なるべく涼しい格好で過ごすとおちついてきますよね。

なので、もしカバーとかがついていれば、それも外して、なるべくiPhoneの接地面を浮いて、涼しくなるようにしてみてください。

まとめ

iPhoneも人間も熱を持ったら冷やせということです。

すごいと思うのは、高温の時を想定して、そのような機能が作られていることにびっくりしました。ということは低温にすれば、もしかしたら…

それはやめときましょう。もし偶然なったら、また報告しますね。

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。