スポンサーリンク

美容院でのヘアスタイルの頼み方!好みの髪型を伝えるコツと写真のポイント

そろそろ髪が伸びてきたから切ろうかなぁ・・・

そう思って美容院へ行ったとき、どうやって美容師さんに好みのスタイルを伝えますか?

美容師さんに、言葉だけでイメージを伝えるのって難しいですよね?

現役美容師さんに聞いた美容院でのヘアスタイルの頼み方。好みの髪型を伝えるコツと写真のポイントを教えます(^^♪

美容師さん曰く「美容師の立場から言うとズバリいろいろな角度のショットがあるといい」だそうです!

もちろん、スタイル本でもいいですし好きなタレントさんや女優さんの写真など。自分や美容師さんが明確にわかる物があるといいんだそうですよ。

スポンサーリンク

美容院で自分好みのヘアスタイルの頼み方はどうすればいい?

オーダーするためのポイントをいくつかお話します。

まずは、あなたがしたい長さやスタイルがあるはずです。

そのことを伝えたあとに好きなシルエット、例えば(ひし形)・(Aライン)・(タイトライン)とシルエットにもいろいろありますので伝えます。

例えば、前髪は下げたいのか流したいのか、サイドは肩につくのかつかないのかなどピンポイントであなたの希望を伝えてください。

昔、お客さまでいたのですがいろんな角度で希望の長さが書いてある“絵”をお持ちになったお客さま。

びっくりしましたが1番わかりやすかったです。

でも“絵”で表現するのは難しいと思うのでピンポイントで伝えたら美容師さんの方からスタイル本を見せてくれると思います。

もし、美容師さんの方からスタイル本を見せてくれないようでしたらあなたの方からスタイル本を見せてもられるように言ってみてくださいね。

そこからいろいろなことのスタートになります。

希望のスタイルにするには顔の輪郭、髪質、クセといろいろ話が進みます。

スポンサーリンク

美容師に好みの髪型を伝えるコツは?

なかなか言葉で伝えるのは難しいですよね。

どういう風に伝えれば美容師さんに伝わるのか…?

それは何パターンか好みの形や長さなどをスタイル本や写真をみせるといいです。

自分の毛質やクセで希望のスタイルができないかもしれませんが、そこは髪のプロ!好みのスタイルをふまえた上でできるかできないか判断してくれます。

好みの髪型を伝えるコツはズバリ美容師もお客さまもお互いに目で見て目で理解することが1番です。

もし、スタイル本や写真であなたがやってみたいスタイルがなかったら好きなタレントさんや女優さんで探すと意外に見つかりますよ。

美容師にヘアスタイルをオーダーするときの写真は後ろや横からのショットも必要?

正直言って正面からの写真だとニュアンスだけの希望じゃないスタイルになる確率が高くなると思います。

よく聞く失敗スタイルにされたという人の話だと希望の長さよりも短かくなった、違うスタイルになったと聞きます。

美容師さんはカウンセリングのときに必ず正面・サイド・後ろと確認をします。

もし、正面からしかない写真だった場合でも見せてもらった写真に似たスタイルを探して決めていきます。

なので、写真は前・サイド・後ろと。3パターンぐらいを持っていくといいですよ。

それでも、似たスタイルが見つからなかったら?

よくやることなんですが、希望のスタイルよりも少し長めだったり少し短めの似てるスタイルで話をしていきます。

さいごに

お話を聞いた美容師さんは、20年近くお仕事を続けていてお客さまには笑顔になってもらいたいと思いながら仕事をしているそうです。

でも、いろいろなお客さまのお話を聞いているとなかなか希望通りになったことがないと聞きます。

まずは写真を何パターンももっていくのが希望のしたいスタイルになる方法なんだそうです。

私も新しいスタイルにするときに前はこのスタイル・サイドはこのスタイル・後ろはこのスタイルと。

最低でも3ショット、多いときで5ショット持っていきます。

あとは、担当の美容師さんにお任せしてしまいます。

長く担当してくれてる美容師さんならあなたの好みのスタイルを理解してくれてると思います。

初めての美容師さんだったら写真・スタイル本をもっていきましょう。

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。