ペッパーランチといきなりステーキは同じ系列?違いは?行くならどっち?

SPONSORED LINK

先日、ペッパーランチといきなりステーキに行ってきました。
ペッパーランチといきなりステーキが系列店だということ知ってましたか?hirotanはお店に行った後に、主人に教えてもらいました。主人も会社の同僚から教えてもらったそうですが(笑)

予備知識がないまま両店へ行ってみた感想を交えて・・・

ペッパーランチといきなりステーキの違いは?人気メニューやお値段は?どちらに行こうか迷ったら?

ペッパーランチといきなりステーキは同じ系列?違いは?

ペッパーランチもいきなりステーキもフランチャイズなんですね。歴史的にはペッパーランチのほうが先にできてるみたい。
じゃあ、ペッパーランチといきなりステーキの違いは何だろう・・・と、ちょっと疑問に思ったので調べてみました。

ペッパーランチ
徹底的にこだわったステーキ肉、目の前でジュージューと音を立てながら焼き上げるペッパーランチならではのスタイル、オリジナルのペッパーペーストとステーキソース、そして笑顔の「おもてなし」。
「自身に魅力の無い商品は提供しない。」これがペッパーランチのこだわりです。
参考:ペッパーランチとは

いきなりステーキ
・圧倒的なステーキの安さのわけは、立ち飲み食いでステーキとワインを楽しむスタイルのお店だから。
・厚切りビッグサイズステーキはグラム単位の量り売り。いわゆるオーダーカットシステム。(ランチ時は定量カット)
・ステーキはいきなり食べるとお肉の旨さが引き立ちます。
というこだわりのいきなりステーキ。
参考:いきなりステーキのこだわり

それぞれのお店に行く前の勝手な想像だけど、ペッパーランチはファミリー層をターゲットにした、ちょっと価格設定が安めのステーキ屋さんなのかな?

いきなりステーキは、いつもお店の外に人が並んでいて繁盛店だし、少し価格設定が高めのお店で、どちらかというとファミリー層より、会社の仲間や友人などと行くようなお店なのかな?と思っていました。

実際に、ペッパーランチは1歳の子どもを連れて行ったけれど、テーブル席に座り子ども用のお皿やフォークを準備してもらえたりと、ファミリーの設定もありました。

いきなりステーキはランチの時間帯に行ったので、子どもは一緒ではなかったけれど、いなくてよかったと思いました。というのも、座席がカウンター席がほとんどで、子ども用の設定がなさそうな感じだよねと、主人と話していたんです。(実際にはあるのかもしれませんが、その時は聞きませんでした。)

後々、お店のことを調べてみればいきなりステーキがカウンター席が多いのも納得。立ち食い飲みでステーキとワインを楽しむお店なんですもんね(;^_^A

なので、小さな子どもを連れていくときは、ペッパーランチのほうがいいかもしれませんね。

SPONSORED LINK

ペッパーランチの人気メニューやお値段は?

初めてのペッパーランチ。お店に入ってテーブル席へ案内されたので座って、メニューを渡されて選んでいたら、料金は先払いなんですって(;^_^A

ちなみに楽天ポイントを使って支払ってみました~。そして、楽天ポイントが貯まるお店です。

席はカウンター席とテーブル席が半々くらい?
わが家は家族で行ったけれど、結構一人で来ている男性も多く、みな先にレジで注文して会計してから席についてました(;^_^A

きっと、店員さんは小さな子供連れだからと気を利かせて、先に座らせてくれたのね。そのあと、子ども用の取り皿やお水を持ってきてくれた時にも、子どものグラスには氷を入れずに持ってきてくれたりと、気遣いが嬉しかったです。

お店の人気メニューから頼んでみました(^^♪ 注文後に渡されて席へ・・・ ↓ ↓ ↓

さて、ペッパーランチの特徴と言えば、約300℃に加熱された鉄皿で自分の好みにステーキ肉を焼き上げるスタイル。なので、オーダーしてから提供されるまでの時間が早い!

主人が注文したワイルドステーキ200g(税抜き¥999) ↓ ↓ ↓

鉄板でジュージュー焼いて食べる様子(笑) ↓ ↓ ↓

hirotanは子どもと食べるのでビーフ100%ハンバーグ200gペッパー無し(税抜き¥920) ↓ ↓ ↓

子どもがいると、コショウをかけるかどうか確認してくれるみたい。これまた気遣いが行き届いたお店ですね~。hirotanは子どもと食べるので、コショウ抜きにしてもらいました。

主人のステーキは感動!というほどのものではなかったけれど、ジューシーなお肉を自分好みに焼いて食べられたことで満足感が大きかったみたい。

ビーフハンバーグも普段家では食べないので、美味しくいただきました。

普通に、普通な感じで「美味しかったね」って感じです。主人もhirotanも結構食べるほうなので、200gだとちょっと少ない?(;^_^A
主人は食べてちょっとしたらもう「お腹減ったな・・・」とか言ってたし。

店員さん、超気の利く人だしまた行ってもいいよね!というのがペッパーランチの感想でした。(味じゃないんか!と突っ込まないで(笑))

いきなりステーキのランチでおすすめは?

初めてのいきなりステーキは、あまり並ばなくて済むかな・・・ということでランチの時間帯を狙っていきました。子どもは保育園に行っている時間帯なので夫婦二人で行ってみました。

いつもお店の外まで人が並んでいるいきなりステーキ。お昼はというと・・・やっぱり混んでる。でも、数分で席につけました。

店内の8割くらいがカウンター席。カウンター席も2種類あって、ハイカウンターとローカウンター?ちょっと気になったのが、ローカウンター席。そちらに案内されたのだけれど・・・知らない人と向い合せΣ( ̄ロ ̄lll)

相席ではないんですよ。幅30cmくらいのテーブルで20cmくらいの高さの調味料の棚が前にあるだけで、すぐに向かいのテーブルなので普通に向い合せに座ってる感じです。前に座る人たちの会話も丸聞こえだし、ちょっと・・・と思ってしまいました。

お店のコンセプトを後から知ると、あの形態でも頷ける。

さて、本題のランチのおすすめですが、ランチは基本定量カットのステーキ。グラム数は選べます。

主人が頼んだワイルドステーキ300g(税抜き¥1390)↓ ↓ ↓

hirotanはコンボ300g(税抜き¥1250)↓ ↓ ↓

コンボというのはワイルドステーキとワイルドハンバーグを150gずつです。

それぞれセットでライス・サラダ・スープ付きです。

お肉はジューシーで美味しかったです。ポットに入った暖かいソースがあったのには驚きました。きっとお肉が冷めないように温めてあるんですね。

いきなりステーキは調味料が充実してますね。塩・胡椒・ワサビ・ステーキソースなどなど。お肉にワサビが美味しかったですよ!さらにそこにステーキソースも加えてまろやかに。

300gは多かったかな?なんて注文したときは言っていたけれど、二人ともぺろりと食べてしまいました。

これで我が家も肉マイレージカードのメンバーに! ↓ ↓ ↓

カードは無料でもらえました。現金をチャージしてプリペイドカードとしても使えるようです。今はアプリもあるみたいですけどね。

さいごに

いきなりステーキの後、主人と話したのですが、お肉はいきなりステーキのほうが美味しかったかも。なんでだろうと考えてみたけど、ペッパーランチは自分で好みに焼く楽しさはあるけれど、焼きすぎて固くなっちゃうちゃうのかな?
価格的には同じくらいなんですよね。
お店の雰囲気はというと、いきなりステーキのほうがこじゃれた感じはします。家族で行くならペッパーランチ、デートでステーキ食べるなら、いきなりステーキかな(笑)
次回の主人とのデートにもいきなりステーキでランチしよう(^^♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする