インフルエンザ予防法は手洗い・うがい・マスク+ウイルス除去に置くだけ○○とは?

SPONSORED LINK

乾燥する時期になると、感染症の流行も気になりますね。ニュースでインフルエンザの流行が発表されると、かからないように気をつけようと、インフルエンザ予防対策を始めると思うのですが・・・予防方法や、置くだけ〇〇についてのお話です。

インフルエンザの予防方法はどうしてる?

インフルエンザにかからないようにするためには、体力をつけ抵抗力を高めることが大事ですね。体力が落ちて、抵抗力が弱まると、ちょっとしたことでも体調不良になるという経験をしている方は多いと思います。

また、ウイルスは乾燥しているところでは長時間空気中を漂うことになりますので、加湿器などで室内を適度な湿度(50~60%)に保つことも大切です。

インフルエンザが流行してきたら外出する際はマスクを着用し、人ごみを避けることも大切です。インフルエンザにかかってしまった人には、咳やくしゃみの飛沫から他人への感染を防ぐ効果もありますので『人に対して』という意味で『エチケットマスク』をするのも大切ですね。

外出後は手洗い・うがいで、接触による感染予防や、のどの乾燥を防ぎましょう。

SPONSORED LINK

インフルエンザの予防に手洗い・うがい・マスク+

なかなか”しっかり”と、手洗い・うがいをしているという方は少ないと思うのですが、映像を見ながらおさらいしましょう。

HIROTANは、小学校での手洗い・うがい指導以来、見てないよ~ ((+_+))

マスクにも正しいつけ方があることをご存知ですか?

よく、マスクをしていても鼻だけ出していたりする人もいますが・・・(;^_^A

顎までしっかりマスクで覆うこと。隙間を作らないことが大切です。

ウイルス除去 置くだけ〇〇とは?

我が家では置くだけでウイルスが除去できるというものを使い始めました。置くだけで「空間除菌」ができるというものですね!

二酸化塩素の力で浮遊微生物を低減させようというものです。※ウイルスや菌をすべて除去できるわけではありません。

室内の高いところに置くことで、成分が部屋に均一に広がるそうです。が・・・部屋の中がプールの塩素臭くなります(笑)

主人が「クサイんだけど!」とうるさいので、しばらくリビングから出していたところで、子どもが保育園でロタウイルスをもらってきたので、慌ててリビングに戻しました(笑)

その時のお話はこちら↓ ↓ ↓

場合によっては臭いで頭痛や吐き気がある人もいるそうですので、中のキャップで濃度を調節してくださいという注意書きがありました。

CHECK>>>空間除菌 置き型タイプはこちらから

置き型タイプと併せて使いたいのがこちら。

細菌・ウイルスなどに接触した瞬間に不活化され除菌効果を発揮するため、空気中に浮遊するウイルスなどにも有効で、液体が乾燥するまで除菌効果が得られます。

金属や繊維、皮革製品等に使用しても腐食することはなく、使用時に漂白の心配もありません。

塩素特有の臭いもなく無臭なので臭いに敏感な人にも安心、赤ちゃんやペットにも安心して使用できます。

さいごに

インフルエンザの予防接種を毎年接種している人もいると思いますが、かからないための努力は必要ですよね。受験生は特に、この時期が大切ですので、できるところから予防をしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする