制度

スポンサーリンク
生活

年金手帳が手元に2冊!青とオレンジの意味は?複数ある時の手続きは?

日本では20歳をすぎると公的年金に加入することが義務づけられています。 年金手帳には10ケタの基礎年金番号が記載されており、自分個人の身分証明書になり、保険料を払ったという記録だけではなく、年金に関する情報が記されていますので手元に届いたら必ず大切に保管しておきましょう。 この年金手帳、私は2冊持っています(;^_^A オレンジと青とあるのだけれど・・・ 前の職場で厚生年金に加入した際にオレンジを提出したのに、戻ってきたときにはオレンジと青に2冊になっていて理由を聞いても「2冊持っていてください。」と言われただけでした。 「自分が持っているのと親が持っている表紙の色が違う…何でかな?」とか「どうして2冊も持っているのかな?」など、年金手帳のこと疑問に思った事はありませんか? 今さら人に聞けないと思っている方に必見! そんな「どうして?どうしよう…」を解説していきたいと思います!!
生活

被災ローン減免制度で自然災害住宅ローンやリース料を軽減できる?デメリットはある?

平成が終わり新しい元号「令和」発表された時しっくりきました。 私自身昭和生まれで「昭和」の「和」が入っているからでしょうか。 何も違和感をなく「いいじゃん◎」と思いました。 そんな中、新しく新鮮な気持ちで迎えた令和。 しかし残念なことに、地震、台風、火災などの災害が多くなっているような気がします。 今回の台風19号でも大きな被害が出ています。 災害にあった時にどうしたらいいかわからず途方に暮れると思います。 日本は優しい国です。 少しでもみなさんを助けてくれるいろいろな制度があります。 知っていたけど利用しなかったのと、知らなくて利用できなかったのでは大きな差がありますよね。 こういった制度は自分で申請しなければ利用できないものがほとんとです。
生活

特別養護老人ホーム選びは口コミや評判をチェックすべき?探すときのポイントや選び方ショートステイから検討する方法

愛する人の家族、自分の親、可愛がってくれた祖父母。 みんなといつまでも元気に楽しく過ごせたら一番良いのですが、厚生労働省が発表した「2017年患者調査の概況」によると
生活

障害年金の申請手続きはどうやってするの?等級によってどうかわるの?

皆さんは、障害年金という制度をご存知ですか? 障害年金という名前だけ聞いたことがあっても、詳しくはよく分からないという人も多いのではないでしょうか。 ただ一言で障害年金と言っても「障害基礎年金」と「障害厚生年金」と2種類に大きく分かれています。 申請手続きや等級によって何が違うのかなど、今回は「障害基礎年金」に的を当ててお話します。
日野市保育園

幼児教育無償化で日野市の保育園ではどうなる?かかる費用は?

いよいよ令和元年10月1日から幼児教育無償化がスタートします。 保育園や幼稚園に通っている子どもがいるご家庭では、そうなることかとやきもきしている方も多いかと思います。 イマイチ腑に落ちない?わかりにくい?部分がありますよね・・・ 日野市での幼児教育の無償化で保育園がどのようになるのかをまとめてみました。
2019.09.07
保育園

保育園の無償化は共働き夫婦にとってありがたい!子どもを無償で保育園に預けるための条件と2人目の場合について

保育園の無償化すたーとが迫ってきていますね。 子供を持つ共働き夫婦には非常に嬉しいニュースではありますが、詳しいことはよく分からないという方も多いようです。 そこで共働き夫婦が今1番気になる保育園無償化についてまとめてみました。
2019.08.27
CM・TV・NEWS

次世代住宅ポイント制度とは?家を建てない人には関係ないのか?交換商品は?

皆さんは次世代住宅ポイント制度というのをご存知でしょうか。 実はこれから家を新しく建てようと思っている人にとってはお得になるかもしれない制度なんです。 皆さんお得は大好きですよね。そこで今回は次世代住宅ポイント制度についてまとめてみました。
2019.12.04
CM・TV・NEWS

マイナンバーカードが保険証代わりに使えるになる?そもそもマイナンバーカードとは?

皆さんはマイナンバーカードをお持ちですか? 実はまだマイナンバーカードをお持ちでない方も多いのではないでしょうか。 そんなマイナンバーカードですが2021年3月からは健康保険証として使えるようにする制度がスタートする見込みです。 そこで今回は未だに良く知られていないマイナンバーカードについて紹介していきたいと思います。
2019.12.04
保育園

保育園の無償化はいつから始まってどこまで対象?所得制限はあるの?

小さい子どものいる共働き家庭にとって、日々の生活のお世話や食事、遊びを提供してくれる保育園は本当にありがたい存在です。 しかし、その一方で悩みどころなのが毎月の保育料です。 保育料は世帯収入が多いほど上がる仕組みですが、どこの家庭でも月数万円の出費は厳しいもの。 中には時短で復帰したら毎月のお給料がほぼ保育園への支払いに消えてしまう、何のために復帰したんだろう?と悩んでしまう方も少なくありません。 そんな中、保育料無償化の動きが決まりましたね。 無償化の恩恵を受けられるのは何歳からなのか、医療費のような所得制限はあるのだろうか? 保育園、幼稚園に通う子どものいる全世帯が対象になるのだろうか。そんな疑問を解決すべく調べてみました。
2019.08.27
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました