広島観光の穴場スポットやカップルにおすすめのコースとは!

広島と言えば、宮島や原爆ドームなど色々ありますよね。

観るところがありすぎて、迷っちゃうそこのあなた!

今回は、カップルにおすすめのスポットなどをご紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

広島を観光するなら、感動する穴場スポットへ行っちゃおう!

感動する場所へ行ってみたいけど、人込みが多いと大変だし…と考えている方へ地元民がおすすめする穴場スポットご紹介!

一つ目は、広島市から山口方面へ下っていくと「宮浜温泉」という町があります。

大野ICで降りて、2号線を下っていくと海沿いに出ます。

この海沿いがとても綺麗です。

対岸には、宮島や山口県の岩国にある工場のコンビナートが見えて、夜はキラキラと輝いていてすごく感動します。

宮浜温泉の2号線沿いに2件の飲食店があります。

海側は「Miya」というイタリアンレストランです。公式サイト:http://www.miya-seaside.jp/

Miyaのシェフは、飲食店「ZIZO」のオーナーシェフの元で修業したのち、独立してここを経営しています。

ZIZOオーナーの味を再現しつつも、オリジナリティあるメニューも作っており、今ではとても人気のあるお店です。

山側には「Tino」というダイニング&カフェがあります。

公式サイト:https://loco.yahoo.co.jp/place/g-MdmRkA13X6I/

こちらのシェフは、ZIZOオーナーシェフの息子さんが経営しています。

鉄板を使ったイタリアン料理を提供しています。

私は、ZIZOも含め両方のお店も行ったことがありますが、Miyaは最高のロケーションを楽しみながら食べる事が出来る点、Tinoは、鉄板を使った様々な料理の数々(特にガレット等)に圧倒されました。

どちらも美味しいです。

ここでご飯を食べて帰るというのもとてもおすすめです。

【宮浜温泉 観光スポット口コミ】

初めての広島観光、カップルにおすすめの場所はココ!

実は、最近広島市内に新しい観光スポットが出来ました。

その場所は、おりづるタワーです。

公式サイト:http://www.orizurutower.jp/

原爆ドームのすぐ近くにあり、アクセスもとても良い場所です。

出来たばかりで、全国的にはまだまだ認知度は低いでしょう。

だからこそ、今のうちにデートで行ってみるのも良いのではないでしょうか。

決して建物自体は高い方ではありません。

しかし、この建物からだからこそ眺める事が出来る景色があります。

屋上展望台(ひろしまの丘)からは、広島の街が広がって見えるんです。

おススメする理由がもう一つあります。

Eirth HIROSHIMAの折り鶴キーホルダーです。

グッドデザイン賞を受賞しているキーホルダーで、見た目がとても可愛いです。

これをお揃いで買って帰るのもGOOD!

もしくは、彼女へプレゼントしてあげるのも良いですね。

実際に私もこれを夫とお揃いで持っています。

手にのるくらいの小さなキーホルダーなのですが、丸いフォルムがたまらなく好きです。

一度持つと手放したくないようなキーホルダーです。

公式サイト:https://earth-hiroshima.jp/products/28/

【原爆ドーム近辺の観光スポット】

初めての広島観光、おすすめコースはこれだ!

隠れ人気スポットである「宮浜温泉」に遊びに行くコースがおすすめです。

市内は、駐車代金が結構高いので長居がしにくいです。

電車を使えば、動きやすい反面、ありきたりな場所しか行く事ができません。

ですので、市内から少し離れた「宮浜温泉」へ車でドライブしながら行くのがおすすめなのです。

(ちなみに広島市から山口方面へ走っているJRも、2号線沿いですので海がしっかりと見えます。宮島から大野区間のJRは、比較的乗車している人も少ないので、のんびり景色を見ながら過ごせるのは間違いないです。

ただ、宮浜温泉に駅が現在はありません。おいおいは、駅も出来るそうですので、その時はJRコースをおすすめします。

宮浜温泉は、名前の通り温泉&宿「べにまんさくの湯」があります。

海が一望できる温泉ですので、こちらもおすすめですよ。

公式サイト:http://benimansaku.jp/

さいごに

広島市街や宮島などもとても素晴らしくデートスポットでもおすすめですが、少し離れた宮浜温泉へ行くのも良いのではないでしょうか。

一時期、宮浜温泉は衰退してきていましたが、現在、再び成長していっています。

今のうちに一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする