底見えコスメとは?底見えするにはどのくらい?最後まで使い切る?それとも捨てる?

底見えコスメ 生活
スポンサーリンク

みなさんは、底見えコスメという物をご存じですか?

SNSなどで見たことがあるという方もいらっしゃるでしょう。

 

今回は、気になる”底見えコスメ”とは何か、どのくらい時間がかかるのか、また使い切るのか捨てるのかについてもご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

底見えコスメとは?ネットでよく見る言葉の意味

コスメ

最後まで使い切ってしまうほど愛用しているお気に入りのコスメ、底が見えるまで大事に最後まで使い切るような愛着コスメのことを”底見えコスメ”と呼びます。

 

同じような言葉として使い切りコスメというのも最近はハッシュタグに多用されているようです。

 

底見えコスメとして人気なのは、やはりデパコスよりもプチプラのコスメです。

コスメの底見えってどれくらいかかる?

底見えコスメ

商品が発売されるたびに、手に入れたくなってしまうメイク道具ですが、あっという間に使い切って底見えになってしまう人も多いかと思います。

 

↑の写真は私が使っているアイシャドウ。使いやすい色味で、何度かリピしてます。底見えしてきたら筆で使います(笑)

 

では、コスメの種類別にどのくらいで底見えになるのかを見ていきましょう。

 

まずはファンデーションですが、下地なので毎日使いますよね。

多くの方は、極端に厚塗りにしないかぎり半年くらいは持つようです。

ファンデーションは季節によって処方を変えるメーカーもあるので、半年をサイクルにすると良いかと思います。


グロスは同じ物を使い続けても3ヶ月くらいは持ちます。

 

1か月で1本はなかなか使い切れないと思います。

 

さらに、アイシャドウは1年ほど持つと言われています。

しかし、アイシャドウの場合薄い色を広範囲に塗るため、濃い色だけが残ってしまうことが多いです。

 

1種類のみを底見えまで使う場合は、3ヶ月ほどで薄い色はなくなってしまうこともあります。


また、チークは3年ほど持つという方が多いようです。

チークは塗り方にもよりますが、私も同じ物を2年ほど使い続けています。

まだ底が見えていないのでやはり3年は持つのかなと感じています。


底見えコスメは使い切る?それとも捨てる?

底見えコスメ

底見えコスメはお気に入りで使い続けているという方が多いかと思います。

 

しかし、底が見えてくると使い切るべきか、捨てるべきか悩んでしまいますよね。

 

底見えコスメをどうするかについて見ていきます。

 

チークやアイシャドウ、ファンデーションなどの粉物は、ケースの底が見えてきたらもうすぐ買い替えというサインです。

 

だんだんとブラシに粉が均一につかなくなりますよね。

 

そうなってしまうと、いくらメイクをしても色がムラになってまばらに付くだけです。

 

それでは綺麗にメイクが出来ませんね。

 

粉物に関しては、ファンデーションのスポンジにも気をつけなければいけません。

 

ぼろぼろになっているのでなければ、買い換える必要はないのです。

 

ドラッグストアに行くと、スポンジ用洗剤がうっていますので、それで洗いましょう。

 

スポンジを洗うと化粧ノリがよくなります。

 

できれば、週に1回は洗うようにしたいですね。

 

汚いスポンジでいくらお化粧しても、粉が肌に付かないことがあります。

 

また、マスカラは中の量が見えないので、なくなったことに気が付かない方が多いですよね。

 

ブラシを抜いたときに、液体が入っているような音がするならば中身はまだはいっています。

カサッと乾いたような音がするのであればもう中身は空です。

そのマスカラにまつ毛を上げる力はありませんので、新しいものを買いましょう。

 

私もマスカラはかさかさになるまで使い続けてしまいますが、やはりダマになってしまったり、うまく液がつかなかったりすることが多いです。

 

底が広範囲に見えてきたら、仕上がりや衛生面を考慮するとやはりどのコスメも買い換えた方が良さそうです。

さいごに

今回は、SNSで話題の底見えコスメについて、どのくらいかかるのか、また底見えコスメを捨てるべきか使い続けるべきかについてご紹介しました。

 

お気に入りの物を長く使い続けるのはとても素敵なことです。

 

衛生面に注意して、コスメを底見えになるまで大切に使いましょう。

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

 

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
hirotanをフォローする
スポンサーリンク
ひろたんの回想録 日野・八王子

コメント

タイトルとURLをコピーしました