ラグビーワールドカップ2019はいつからいつまで?見どころやチケット購入方法

4年に1度開催されるラグビーワールドカップ。

2019年の今年は日本各地で開催されることが決定しています。

前回大会の成績によって出場権を獲得しているチーム、予選を勝ち抜いて出場するチーム、計20チームのよって試合が繰り広げられます。

ラグビーワールドカップ2019はいつから開催されるのでしょうか。

見どころやチケット購入方法についても紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019はいつからいつまで?

ラグビーワールドカップは、2019年9月20日(金)から11月2日(土)まで開催されます。

日本全国12会場12都市で、20チームが参加し、プール戦40試合決勝トーナメント8試合、計48試合が開催されます。

開催される場所は、北海道札幌市・岩手釜石市・埼玉熊谷市・東京都調布市・神奈川県横浜市・静岡県袋井市・愛知県豊田市・大阪府東大阪市・兵庫県神戸市・福岡県福岡市・熊本県熊本市・大分県大分市となっています。

日本全国で試合が行われることから、お住まいの地域に近い会場で試合を見ることもできますし、お気に入りのチームの試合を見に行くことも可能です。

また、開催都市となっていない地域でも、世界各国にチームがキャンプし調整を行うことがあるので、身近に選手たちを見る機会があるかもしれませんね。

ラグビーワールドカップ2019のみどころは?

ラグビーワールドカップ2019の見どころは、世界最強チームと言われるニュージーランドのオールブラックスの試合が見れること!

3連覇がかかっているという所も試合の見どころになってきます。

また、試合前のハカも迫力があり、強い男たちを感じることができます。

日本で開催されることで日本チームがどこまで頑張ってくれるのかも期待されています。

テストマッチではかなり手ごたえを感じていたようなので、4年前勝つことができなかったチームにリベンジを果たし、決勝リーグに残ってくれることを期待していきたいですよね!

スクラムを組むときの迫力や熱気、トライやゴールキックなど様々なプレーを試合会場で見ることで感動すること間違いなし。

なかには、チームではなくカッコイイ選手を見つけ、その選手を応援するという人もいるのではないでしょうか。

ラグビーワールドカップ2019のチケットはまだ買える?購入方法は?

ラグビーワールドカップ2019のチケット販売は、公式サイトで販売されています。

チケット申し込み・購入前に会員登録(ID登録)が必要です。

基本情報を入力し、登録完了メールが届き、本登録をすることで会員登録されIDが作成されます。

作成したIDを使い、公式サイトにログインしてチケットの申込み・購入していきます。

チケットにもセット券や通常チケットがありその中にも種類がいくつかあります。

試合日・出場チームなどをしっかりと確認し申し込みましょう。

ラグビーワールドカップ2019のチケットは、登録住所に直接郵送されてきます。

試合会場に入場する場合には、このチケットと身分証明書が必要です。

公式サイト以外で購入したチケット、転売されたチケットを使い試合観戦をすることはできません。

入場拒否や入場した会場から退場させられることがあるので注意しておいて下さい。

ラグビーワールドカップ2019のチケット販売は、昨年は抽選販売が行われましたが、2019年1月19日から3月31日まで先着販売が行われています。

気になる試合があれば早めに申し込んでおきましょう。

さいごに

ラグビーワールドカップ2019!開催が日本に決まったときから楽しみにされている方も多いかと思います。

我が家もその一人なのですが、チケットはいいお値段ですよね(>_<)

でも行きたい!(笑)

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

関連コンテンツ

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする