税金

スポンサーリンク
仕事

年収130万円以下のパートでも確定申告は必要か?必要書類ややり方

働いている上で、税金の損得の話は昔から絶えませんよね。 勤め先で、扶養内で働いていても所得税を払っているんですが・・・これって確定申告すれば戻ってくるのかな?というのが話の始まりでした。 夫の扶養対象外にあたるのは、妻の稼ぎがしっかりしていて自分で税金を納める事ができるという判断をされた場合です。 その判断基準が「年収」となるのです。 今回は、このことについてお話ししたいと思います。
仕事

個人事業主+パート掛け持ちの収入がある場合の確定申告は控除が違う?申告のメリットは?

今やパソコンとネットがあれば在宅で仕事ができる時代です。家にいながらフリーランスで仕事を得て収入を得ることが出来るんですね。 ただ、その仕事だけで生活していくのは難しいから、パートの仕事も・・・という方もいいるかもしれませんね。 そんなとき気になるのが税金です。 事業色が経費を差し引いて10万円だったとしても確定申告は必要?
仕事

主婦のパートは確定申告不要?扶養内で仕事を掛け持ちしている場合の確定申告のやり方

パートの同僚と話していてちょっと気になりました・・・ 「パートかけもししてるんだけど、確定申告とかって必要なのかなぁ・・・今までしてなかったんだけど、今の会社って所得税引かれてるよね、扶養内で働いていたら税金かからないんじゃないのかなぁ・・・。」と。 「扶養に入っているし、確定申告はしなくていい」とつい考えがちです。
仕事

個人事業主+パートの掛け持ちでも扶養内でいられる?130万円の壁と扶養から外れるタイミング

最近では、ネットのフリマで不用品を販売したり、ハンドメイドの小物や洋服を販売できるようになったことで、主婦でも手軽に副収入を得ることが出来るようになってきましたね。 でも、そんな時に気になるのが税金。 月に数千円の収入であればもんだいはないかもしれませんが、その額が多くなってきたら? もう立派な個人事業主ですね(^^♪ 個人事業主になると扶養から外れそうなイメージがありますが、それは違います。 条件次第で扶養枠にもなります。 旦那さんは会社員で、妻は夫の扶養枠でカフェを経営しているというケースもあります。 今回は、このことについて書きたいと思います。
生活

住民税の支払いはいつから?納期限が過ぎてしまって督促が来たら財産差し押さえ?!

一般企業であれば「社会保険完備」が多く、厚生年金ですので給料天引きとして税金関係は意識してなくても支払っていますが、アルバイトや働いていない時期、転職して社会保険に加入するまでなどは国民健康保険・国民年金となり、住民税も自分で振り込むか引き落としにするかしないと支払いが完了しません。 この仕組みが税金滞納となってしまう事が多々あります。 そこで今回は、意外と怖い税金の滞納のお話をしたいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました