京都デートは嵐山で決まり!着物が映える穴場スポットのご紹介

京都
スポンサーリンク

 

京都と言えば、やっぱり行ってみたいのが嵐山です。

嵐電にゆられて、あなたも王道の観光名所「嵐山」へデートをしに行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

京都デートは嵐山が人気!

嵐山がなぜ、こんなに人気なのでしょうか。

渡月橋

1つ目は「渡月橋」です。

この橋は、嵐山のシンボルと言ってもいいほどの橋で、川に掛かるこの橋と嵐山の景色がとても美しいと絶賛されています。

嵐山は、紅葉がとても綺麗な場所ですので、ここから眺める景色は他では味わえません。

灯籠流しなどの開催地にもなっています。

URL: https://www.kyoto-kankou.or.jp/info_search/?id=289&r=1569653700.8968

たびのーと → 渡月橋近辺のおすすめスポット

保津川下り

2つ目は「保津川下り」です。

約2時間かけて渓流を下っていくもので、お値段はちょっと高めですが、それ以上のスリリング&感動が味わえるものとなっています。

川下り中に、嵯峨野トロッコ列車が走っている姿が丁度見えたらシャッターチャンスです。

URL: https://www.hozugawakudari.jp/

たびノート → 保津川下り近辺のおすすめスポット

嵐山駅前

3つ目は「嵐山駅前」です。

嵐電の嵐山駅前は、足湯や売店などがある他、最近では夜になるとキモノフォレストと呼ばれるライトアップがされるようになりました。

友禅染されたポールがたくさん立ち並んでおり、幻想的な世界が広がっています。

URL: http://www.kyotoarashiyama.jp/about

たびノート → 嵐山駅近辺のおすすめスポット

京都デートと言えば着物!

京都と言えば、一度は着物で歩いてみたい町ナンバーワンと言っても過言ではないでしょう。

海外からの観光客も多いので、着物を着て歩いていると「写真一緒にいいですか?」と声をかけられることもあるそうです。

ですが、京都での着物レンタルショップは多数あり、どこを利用して良いか分からくなっちゃいますよね。

嵐山で借りるなら、嵐電嵐山駅すぐにある「京越 嵐山店」が良いでしょう。

お値段もリーズナブルで、ショップも大きいので種類も豊富です。

URL:https://kyoetsu-gion.com/

京都デートを着物でゆっくり過ごせる穴場スポットとは

せっかくのデートは、落ち着いた雰囲気で過ごしたいものではありますが、やはり人気観光地では、観光客も多く二人でゆっくりと過ごせる場所がなかなかないってことありますよね。

そこで、ちょっとした穴場スポットを紹介したいと思います。

知る人ぞ知るという場所で「千光寺」というところがあります。

嵐山駅から徒歩で30分程度あります。

30分もあるのかと驚く人もいるかもしれませんが、目的地まで30分ということで、道中も楽しみながら行けますので、ご安心ください。

私も行ったことがありますが、確かに繁忙期の時期にも関わらず観光客はぐっと減ります。

というのも、嵐山=渡月橋・竹林の道・天龍寺という人が多いからです。

確かに、どれもかなり有名で観光客でごった返すほどの人気ぶりです。

ですが、ちょっと違う場所へ行けば二人でゆっくりと落ち着いた雰囲気を楽しめます。

千光寺は、川沿いにそってずっと歩いて行きます。

モンキーパークを過ぎてしばらく歩いていると、もう人は少なくなってきます。

川沿いをずっと歩く事になるのですが、物静かな場所で特に何があるというわけでもない道を歩くので不安になるかもしれませんが、時々ちゃんと千光寺への案内看板がありますので、大丈夫です。

それに、川に映る景色がとても情緒あって案外きれいです。

いざ、千光寺手前に来ると、ちょっときつめの山を登らなければいけません。

しかし登った先には、絶景が待っています。

晴れた日は、かの有名な比叡山もばっちり見えますので、テンションも上がること間違いないでしょう。

たびノート → 大悲閣 千光寺

さいごに

嵐山でのデートをお考えの方は、参考になりましたか?

着物を着て歩くと風情もあり、更にムードを高めてくれるでしょう。

実際に行ってみると、渡月橋のふもとで涼を楽しむ人や写真を撮る人、駅前で食べ歩きをする人、竹林の道で自然を味わう人、歴史を感じる人など皆思い思いに過ごしている人が多いイメージでした。

私もなんだかんだのんびりしていると半日くらい経っていて時間はあっという間に過ぎた感じでした。

嵐山に行くなら嵐電やトロッコ列車もおすすめですが、やはり利用者も多いので、人が多くない時間を狙ってゆっくりと堪能してみてください。

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました