沖縄本島で気軽にダイビング!慶良間諸島の魅力と初心者におすすめの現地ツアーの紹介

沖縄
スポンサーリンク

沖縄でダイビングをするなら、綺麗な場所でしたいですよね。

綺麗な海といえば、離島ですが、離島と言えば石垣島などをすぐ思い出すのではないでしょうか。

石垣島は、沖縄本島からはやや遠くてなかなか足を伸ばしづらいですよね。

そこで沖縄本島にいながらも、石垣島のようなきれいな海でダイビングをしたい!とわがままを叶えてくれる島があります。

それが今回紹介する慶良間諸島です。

スポンサーリンク

沖縄本島から目と鼻の先にあるダイビングスポット慶良間諸島

慶良間諸島(けらましょとう)は、大小色んな島が連なっている場所です。

なんと2014年には国立公園として認定もされて、徐々に認知度が上がっている場所です。

那覇から一番近い島(クエフ島)まで最短20分ほどで到着するので、日帰りで遊びに行く事も可能です。

ちなみに少し離れた渡嘉敷島は約1時間くらいかかります。

そして、この諸島だからこそ観る事ができるサンゴや魚、その他ウミガメ産卵地のひとつでもあるため、普段は見る事がなかなか難しいウミガメと遭遇することもあるのだとか。

運が良い人は、ダイビング中にウミガメと一緒に泳ぐこともできるそうです。

一番の魅力は、海がとにかく美しいということです。

通称「ケラマブルー」とも呼ばれていて、ハワイやグアムなどに遊びにきたかのような美しさで、時を忘れさせてくれます。

沖縄でのダイビングってそもそも初心者でも出来るの?

ダイビングと聞くと、ライセンスがないと出来ないのではないかと思うでしょう。

しかし、体験ダイビングがほとんどですので、プロと一緒にダイビングを体験という形で行うのであれば、ライセンスがなくても出来ます。

泳ぐことさえ出来れば初心者の人でも出来るんです。

私が初めてダイビングを体験したのは、20歳くらいの時でした。

そもそも、しばらく泳いでもなかったですし、だいぶ不安だったのですが、息の仕方のコツなどを教えてもらって、あとはすぐにダイビング出来ました。

もちろん、もっと海の下に行きたいのに行けないという時もあったのですが、こういう点はプロにお任せです。

アシストしてくれるので、安心してダイビングできました。

なので、あくまで経験上ですが初心者でも出来ると思いました。

沖縄のダイビングを考えているならここのツアーがおすすめ!

慶良間諸島へ行くなら、那覇発のものがおすすめです。

更に、慶良間諸島は、20個の島々が集まっており、その島によって色んな特色があります。

サメと遭遇できるポイントや、安室島周辺ではウミガメ遭遇のポイント、座間味島の東側では、映画のロケ地にもなったポイントをはじめ、多くのダイビングポイントがあります。

そこで、慶良間諸島をダイビングするなら、「諸島終日ツアー」がおすすめです。

このプランを実施しているツアー会社を紹介します。

ダイビングショップ「リーファーズ」

慶良間諸島で3つのポイントを回ってくれます。

基本料金には、レンタル代・お昼ご飯代、ダイビング1回分(1ダイブ)が含まれていて、10,000円です。

2ヵ所目や3ヵ所目に回った時に追加ダイビングをする場合、追加料金5,000円となります。

ちょっと高く感じる人もいるかもしれませんが、私は安いと思いました。

最初からダイビングの回数を決められているツアーも多い中、こちらのツアーは、追加料金として計算してくれるからです。

もし、ポイントに行った時に「別にここではダイビングしたくない」と思えば、シュノーケルでもOKなのです。

シュノーケルは無料です。

他社だと2ダイブで17,000円くらいするところもありますが、仮にこちらのツアーで2ダイブしたとしても15,000円です。

慶良間諸島をぐるっと船で観る事ができるのも醍醐味です。

ぜひ、お時間があるかたは、こちらのツアーを体験してみてはいかがでしょうか。

公式サイト http://www.reeffers.com/

【楽天トラベル】慶良間諸島へGO!

さいごに

慶良間諸島の魅力が伝わったでしょうか?

本当に色んなポイントがありますので、ツアーを組むときに話してみるのも良いのではないでしょうか。

こちらでは紹介しませんでしたが、上級者向けのダイビングポイントも何か所かあります。

例えば、「トムモーヤ」と言われるポイントは、潮流が変わりやすい場所で、水深も深いため上級者向けとされています。

大物の魚と出会える人気ポイントのひとつなのです。

初めての方も、これをきっかけにダイビングの魅力にひかれていくでしょう。

上級者になった時は、ぜひトムモーヤなどのポイントも遊びに行きたいものですよね。

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました