リキッドファンデーションにはジェルパフ?!仕上がりキレイな使い方や保管方法

あなたはファンデーションはリキッド派ですか??パウダー派ですか?

リキッド派の方、話題のジェルパフを知っていますか?

私は最近ではパウダーよりリキッドタイプを使うことが多くなったのですが、スポンジだとリキッドファンデーションをスポンジで吸い込んでしまっている気がして、なんかもったいない感じ・・・

そこで気になっていたジェルパフを試してみたのですが、今度は顔にベタっとつきすぎる。

コレってどうやって使うんでしょう?あと、気になるのが保管方法ね(;^_^A

スポンサーリンク

リキッドファンデーションにはジェルパフがおススメ!その理由とは・・・

最近話題のジェルパフ。

そもそもジェルパフとは、リキッドファンデーションをのせる際のジェル状のパフのこと。

名前の通りジェル状のパフになっています。↓コレですね。シリコンパフとも言いますね。

スポンジパフは有名ですが、最近人気になりつつあるジェルパフのオススメポイントは・・・

まず手にとっていただければわかるのですが、手触りがとってもやわらかで気持ちがいいです。

という事は顔に使用する際もやわらかく、気持ちがいいのです!

そしてファンデーションをジェルパフにのせても、スポンジパフのように浸透しないので

量もわかりやすいです。

そしてファンデーションの伸びが良く、扱いやすいです。

ファンデーションをのせる時間も短縮できちゃいます。

とってもいいことづくしですね!!

スポンサーリンク

ジェルパフにをリキッドファンデーションをどれくらいつけるの?その使い方

ジェルパフはファンデーションを吸収しないので、リキッドファンデーションの量は

いつもより少なくて済みます。

私はコレが上手く調整できていませんでした・・・

まず、いつもより少なめにファンデーションをのせ、肌に伸ばしてみましょう。

しっかりと広範囲にのびてくれます。

ここでつけすぎてしまうと、顔にのせたときにビターっとなってしまってつけすぎ状態になるので、気を付けて!

いつもつけている1/3の量くらいからスタートするといいですよ。

ジェルパフでお悩みが多いのは、「すじになりやすい!」「なじみにくい!」ですが、伸ばした後にポンポンとジェルパフでファンデーションをなじませてみましょう。

これでしっかりとなじんでツヤも出てきます!

ジェルパフは使った後にその都度洗う?保管はどうしたらいい?

ジェルパフの使用後ですが水洗いが可能。

石けんで洗えば清潔に長く使うことができます。

毎回洗うほうが衛生的ですが、ほとんどジェルパフにはファンデーションが残らないので拭き取る程度でも大丈夫かと思います。

汚れが目立つようだったらきちんと洗いましょう。

洗った後の拭き取りや乾燥もスポンジより楽ちんですよ!

保管方法ですが、チャック付きの袋などを利用するとポーチの中にも入り持ち歩きしやすいと思います。

プラスチックのケースのようなものもおすすめです!

衛生的にも収納しておけばいつでも使えて安心ですね!

↑ケースとジェルパフがセットで売っているものもありますが、ジェルパフのみで売られているもの多いです。

さいごに

話題のジェルパフ、100均にも登場してきているので探してみるといいですよ!

気になったらプチプラのジェルパフから試してみるのもいいですね。

リキッドファンデーションの量はスポンジより少なくて良いのでコスパの良さを実感できると思います。またファンデーションの伸びが良く使用感も気持ちいいです。

気になる浮きやスジもポンポンとジェルパフでなじませれば問題ないのでぜひ試してみましょう!

またこのジェルパフ、ファンデーションだけでなくコンシーラーやチークものせられます!!それもまたすごく魅力的ですね!

使用方法はファンデーションと同じですがのばすよりポンポンと叩いてなじませていくと、仕上がりがキレイです。

メイクに大活躍!コスパもよく使い心地も抜群。衛生的に使い続けられるジェルパフメイクをあなたも楽しんでみましょう!!



スポンサーリンク

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。