スポンサーリンク

転んだ時の擦り傷の処置方法が昔と今は違う?!今どきの治し方は消毒しない!絆創膏貼らない!

昔と今では目まぐるしく変わってきています。

子育ての情報もいろいろ変わっています。

じつは小さいことでも変わってきています。

擦り傷の治し方もそのひとつです。

今は消毒液も絆創膏も使わないんですよー!

え?本当にそれでいいの!?って思いますよね^^;

最近はそれでいいと言われています。

そのほうが傷の治りも早く、傷跡も残りにくいと注目を集めています。

半信半疑だと思いますので、そのあたりを詳しくみていきましょう!

スポンサーリンク

転んだ時の擦り傷の処置方法は昔と今は違う?!今どきの治し方は?

擦り傷の処置方法はここ10年で変わってきています。

(昔の処置方法)

・擦った部分に菌が入って化膿しないように消毒液を塗る

・塗ったあとは絆創膏やガーゼで貼って蓋をする

というのが基本でした。

私もこの方法で擦り傷の処置をしてもらっていました。

というより、この方法しか知らないので正しいとも思っていましたし、合っていると思っていました。

ですが、今の処置方法はその逆です。

(今の処置方法)

・擦った部分の汚れを水で落とす

・特殊な絆創膏を貼る

以上!たったこれだけです。

また、昔は患部を乾燥させることでしたが…

今は患部を乾燥させないことです!

擦り傷の処置方法ひとつで、こんなに変わったことは凄いことですよね(°0°)‼

消毒液は本当に使わなくてもいいの?

水だと余計酷くなるんじゃないの?

とまだまだ不安はあると思いますので、つぎでお話ししますね(^^)

擦り傷が出来てしまったら消毒しない!

上記でも言いましたが、今は消毒しません!

むしろ消毒すると傷の治りが遅くなると言われています。

擦り傷は水で洗い流すだけで十分なのです◎

水で洗い流すことにより、汚れや菌を洗い落とすことができます。

また、炎症部分を冷やす効果があります。

私の小さい頃は、消毒液を使うなんて当たり前だったので、この方法を聞いたときには驚きました!

消毒液は化膿させないことが目的だと言われていました。

ですが、消毒液は皮膚の再生に悪影響を与える、完全に菌をなくすことができない、その上消毒液は傷の治りを悪くするということが、わかったため、今ではほとんど使われていません。

そう言われれば、そうかな?という点ありませんか?

私自身、学生の頃ピアスを自分であけて、菌が入らないようにと消毒液を毎日していました。

しかし、消毒液を使えば使うほど悪化した記憶があります^^;

今思えばこれがそうだったんだと思います。

簡単に言えば、消毒液は気休め程度ということです・・・(;^_^A

擦り傷には絆創膏貼らない!

これも今どきの方法です。

昔は傷口をカバーするために絆創膏を貼っていました。

絆創膏は傷から出た血液や体液を吸い取ります。

ですが、絆創膏についた血液や体液は乾燥するので、貼りかえるたびに傷をつけてしまいます。

治りかけの皮膚に負担をかけることになるため、治りが遅くなってしまいます。

傷を早く治すためには乾燥させないことです!

そのため、今は擦り傷に対して絆創膏は貼りません。

傷をしたときに傷口がベタベタしていませんか?

そのベタベタ、じつは皮膚の再生に欠かせない役割を担っています。

ベタベタ=化膿しているではありませんので、ご安心を(^^)

ベタベタが傷口を適切に覆うことで乾燥させず、皮膚の再生をさせるという治療方を「湿潤療法」と言います。

なんか聞いたことありませんか?

この療法はお医者さんの中でも推奨されています◎

湿潤療法のメリットは・・・

・傷跡が残りにくい

・傷が早く治る

・痛みが軽減される

最近は、湿潤療法が家庭でも簡単にできる被覆材(透明な素材)がドラッグストアなどで売られています!

使われる際は、使い方をしっかり守ってくださいね◎

あまりにも傷が深かったりする場合は、速やかに病院に受診してください!

さいごに

いかがでしたか?

傷の処置方法でこんなに今と昔では違うことに驚きですよね!

ですが、あくまでも適切な対応をとることが前提です。

なので、自信がない場合は無理に行わず、病院で処置してもらってくださいね!

ポチっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。