アロマリードディフューザーを自作して好みの香りで部屋を満たす時のオイルの量やスティックの本数とは

アロマリードディフューザーとは室内でアロマの香りを楽しむステキなアイテム☆

色々な市販品もありますが、オリジナリティを活かして自作して自分だけのアロマの香りに癒されませんか?

作り方のポイントを覚えておけば、とても簡単に出来ちゃうんです!!

今日はそんなアロマリードディフューザーについて説明していきますね。

スポンサーリンク

アロマリードディフューザーを自作して好みの香りで部屋を満たすには?

では、まずアロマリードディフューザーをつくるために必要なものをピックアップしていきます!

【材料】

・無水エタノール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無水エタノール(100mL)
価格:678円(税込、送料別)

楽天で購入

・お好みの精油

・ガラス瓶のような容器

・スティック

です。

作り方はとてもシンプルです☆

【作り方】

1.まず、ガラス瓶のような容器に無水エタノールを入れます。

2.そして、精油をそこに足していきます。

3.スティックをさして完成☆

とってもシンプル!!!

5分もあれば出来ちゃいそうです☆

では量などの細かいポイントを説明していきましょう。

スポンサーリンク

リードディフューザーのオイルの量はどれくらい?

基本的に、無水エタノールの量と精油の量を10:1になるようにしていくのがポイントです!!

例えば、無水エタノールを20ml入れたら精油は2mlです。

精油は一滴に0.05mlなので、2mlですと40滴を垂らします。

無水エタノールを50ml入れたら精油は5mlです。

精油5mlですと上記の要領で、100滴を垂らす事になります。

容器の大きさによって変わると思うので、容器によって無水エタノールの量を決めても

基本的な調合の方法を覚えておけば、簡単に出来そうですね!!

リードディフューザーのステックの種類や本数は?

オイルが出来上がったら次は挿すスティックですね。

大体5〜6本あればいいかと思います。

あとは容器とバランスを見て決めましょう☆

アロマリードディフューザーのスティックは市販で売っていますが、それよりも手軽に手に入るのが

竹串!!です!!

100均でも購入できるので手軽ですよね!

その竹串で出来ちゃうんです☆

竹串って先が尖っていますよね?

それをチョキンと切るだけでスティックとして使えちゃいます!!

簡単じゃないですか??

個人的におススメは100均で一気に竹串とガラス容器を買い、リボンや装飾アイテムを購入することですね☆

ちなみに無水エタノールはドラッグストアなどでよく見かけます。

精油はあらゆるところで見かけますが、ここにいちばんこだわって楽しみたいところです☆

ぜひお気に入りを見つけてください!!

ポイントを復習☆

アロマリードディフューザーを作る時のポイントです。

まずは

材料を調達しましょう☆

容器はあれば購入しなくてOK!!

精油はお好みを選びましょう!!

精油選びも楽しいポイントです♡

調達できたら早速作りましょう☆

無水エタノール→精油→スティックをさす

無水エタノールと精油→10:1

スティックは竹串をうまく使うと◎

ここでポイントは精油を単体ではなくぜひミックスして楽しんでみてください☆

必要量の半分づつから始めると簡単です!

出来上がったら

お好きな場所に飾って楽しみましょう☆

疲れて帰って来たときのリフレッシュに!玄関に。

リラックスタイムに!リビングに。

キッチンのおしゃれインテリアに。

集中して勉強できるように!子ども部屋に。

よく眠れるように!寝室に。

リフレッシュに、芳香剤代わりに!トイレに。

シーンに分けて、色々なところに飾ってみてください!!

さいごに

いかがでしたでしょうか?

気分やシチュエーションで自分で香りをアレンジできる魅力がありますね!

彼氏やお友達、家族や旦那さんなどのあなたの大切な人のために

そして自分の気分転換やリフレッシュのために☆

ぜひぜひアロマリードディフューザー、お試しください!!

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。