復元ドライヤーは体にも効果あり 育成光線はすごい?!使ってみたら・・・

SPONSORED LINK

復元ドライヤーを使い始めて半年以上たちますが・・・、最近では髪を乾かす以外の使い方を研究中。まぁ、基本はメーカーのホームページにある使い方なんですけどね(;^_^A

顔のリフトアップなどですよね。復元ドライヤーの体への効果や、育成光線てすごいの?使ってみたらどうだったか・・・の体験談です。

復元ドライヤーは体にも効果あり

復元ドライヤーは、美髪のためにできるだけ髪に近づけて乾かすことが必要です。

なぜなら、「育成光線」と「マイナス電子」の効果を高めるために「しっかりあてる」
「できるだけ近づける」という、これまでとは全く逆の使い方が必要だからなんです。

復元ドライヤーを使い始めたころの記事はこちら↓

復元ドライヤーが体にも使えることは、すでに多くの方が知っていると思うのですが・・・

■お顔キュッとケア(リフトアップ)

■上向きバストケア(バストアップ)

■ウエストキュキュットケア(くびれ)

■まんまるヒップケア(ヒップアップ)

■あこがれ美脚ケア(引き締めやむくみ解消)

■首・肩のケア(血行をよくしたり、肩こりの解消)

これらは、メーカーのホームページで使い方が説明されています。

参考:louvredo

復元ドライヤーの育成光線はすごい?!

復元ドライヤーの育成光線というのはそんなにすごいのか?!気になりますよね。

育成光線は波長6~20μmの遠赤外線の一種で、細胞内の水分と共振共鳴作用を起こすなど熱エネルギーを人体へ効率良く伝えることで知られ、医療・健康分野での活用に注目が集まっているそうです。照射された育成光線によって、温熱効果をもたらし血行を促すなど様々な働きが得られるということで・・・もしかしたら美容目的以外にもイケるんじゃない?と思って使ってみましたよ(笑)

SPONSORED LINK

復元ドライヤー使ってみたら・・・

実は、hirotanは2週間ほど前まで右手の腱鞘炎と肘の痛みに悩まされていました・・・。利き手の使い過ぎによるものだと思うので、つかわなければいいというのはわかるのですが、家事であったり仕事であったり、使わないわけにはいきません。

腱鞘炎の経験者である主人から、専用のサポーター(固定の鉄板が入っているやつ)を借りて使ってみたのですが、固定した状態だとできないことが多すぎる(;^_^A

こんなに不便だなんて・・・。仕方がないので、鎮痛作用のある湿布を購入し貼っていました。ちょっと手を動かしただけでズキズキしていられないほど痛い腱鞘炎。なんとかしたい!

そこで思ついたのが「そうだ!復元ドライヤーを当ててみたらいいんじゃない?」ってことでした。

早速、お風呂上りに髪を乾かしつつ、スイッチをLOWに切り替えて、右手の痛い部分に3分ほど当ててみました。

するとどうでしょう・・・翌日は痛みが無かったんですよ!たまたまかも?とも思いましたが、その日もお風呂上りに腱鞘炎の痛みがある部分に復元ドライヤーの熱風を当ててみました。

以降、ほぼ毎日痛みのあった部分に復元ドライヤーを当てていますが、痛みが出ることが無くなりました。現在、痛みがなく2週間経過しています。

主人に言うと「嘘でしょ?」というのですが、あんなにズキズキ痛かったのに、全く痛みがなくなったんですよ。これってすごい!これが育成光線の効果なのか~。

顔のリフトアップは、自分で実感できるほどではなかったけれど(たぶん毎日見てるからわからない)、痛みに関しては痛みがなくなるわけだから、そのすごさを実感できます。

さいごに

最近、野球を始めた主人が筋肉痛で体が痛いと言っているので「復元ドライヤー当ててみなよ~」とすすめるのですが、主人は痛みがなくなるというのを信じていないのと、めんどくさいのでやりません。でももし、痛みがある方は、髪を乾かすついでにぜひ痛い部分に復元ドライヤーを当ててみてください。そうしたら、復元ドライヤーの効果をより実感できると思いますよ。

【追 記 2018.05.28】

hirotanの妹が関節炎があり、復元ドライヤーを数日試してみたのですが、あまり効果は得られませんでした。炎症がある場合には、効果は期待できないのかもしれません。hirotanみたいに関節痛なら痛みは軽減できたのかな・・・

最近、子どものお風呂上りに「ドライヤーするよ~」と声をかけると腕を出してくるんですよ(笑)絶対ドライヤーの使い方間違えて覚えてる!!hirotanは髪を乾かす前に、肘や手首や指関節の痛みに復元ドライヤーを当てているから、それを見てドライヤーは腕に当てるものと思っているようだ・・・(笑)

 【関連】

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする