昭和記念公園ピクニックで秋を満喫!子乗せ自転車サイクリング子連れ攻略ルート

昭和記念公園
スポンサーリンク

多摩エリアでおすすめの公園と言えば「昭和記念公園」。

ちょっと大きな公園に行こうよ~となれば、誰もが思いつく場所。

身近な公園だけど、実はあまり行っていない・・・という人もいますが、子どもから大人まで1日楽しめるのが昭和記念公園。

今回は秋を満喫!コスモス&いちょう狩りへ子連れでピクニックをサイクリングしながら行ってみよう!ということでお出かけしてきました。

スポンサーリンク

昭和記念公園へピクニック!秋を満喫する方法

昭和記念公園へのお出かけ前には、天気予報はもちろんのこと公式サイトでイベント情報と開花情報は必ずチェック!

公式サイト ▶ 国営昭和記念公園

今回の我が家のテーマ

・2歳、4歳児を連れてのサイクリング

・子どもたちを遊具で遊ばせる

・コスモス畑でインスタ映え写真撮影

・イチョウ並木でインスタ映え写真撮影

・お外でピクニック

と、かなり盛りだくさんの内容です。

 

子どもたちが小さいので、あまり長時間になりすぎないようにということも考えて、ざっくりプランを立てたのですが、コレが見事にハマりました(笑)

攻略ルートについては後ほど説明しますね。

スポンサーリンク

昭和記念公園子乗せ自転車でサイクリング

利用時間は9:30~閉園1時間前までです。

最初に券売機にてチケットを購入します。

大人(15歳以上)
3時間…420円(30分ごとに70円)

小人 (中学生以下)
3時間…260円(30分ごとに30円)

子乗せ自転車のシートに乗る子供の料金はかかりません。

繁忙期(2020年は9月12日~11月29日)は、3時間券の販売のみで、1日券はありませんでした。

コロナの影響か・・・券売機3つのうち1つしか開いていなくて、みな並んでいました(;^_^A

そんな中、1日券を探していたため(目の前に3時間券しか無いって書いてあるのに!娘に指摘されるまで気づかなかった。)ちょっと時間かかってしまった(;’∀’)

チケットを購入したら自転車選びです。

公式サイトを見てみても、子どもを自転車に乗せることが出来る子乗せシートがついているかどうかの表記ってないんですよね・・・

レンタサイクルは立川口と西立川口、砂川口にあるサイクルセンターで貸出をしています。

サイズは18~26インチ、かご付自転車、タンデム自転車などがあります。

子乗せシートがついた自転車は2種類あります。

前乗せ後ろ乗せです。

自転車に乗れる幼児で2歳~小柄な3歳くらいなら前乗せで大丈夫だと思いますが、4歳くらいになると後ろ乗せの方が楽ですね。

自転車サイズは普通のものと一緒で、24とか26インチのものが多かったように思います。

シティーサイクルなので荷物を載せられるカゴ付きなのも便利。

ちなみに、子ども用のヘルメットも貸し出ししてくれますよ。

タンデムタイプの自転車は台数が少ないので、乗りたいなら早めにいかないとすぐになくなっちゃいます。

自転車も借りられたことだし、いざサイクリング&ピクニックにレッツゴー♪

スポンサーリンク

昭和記念公園2歳4歳子連れでの攻略ルート

小さい子供がいるお出かけは、時間が気になりますよね。

今回の我が家のざっくり決めて行ったルートが思いのほか良かったので、攻略ルートとしておすすめします(笑)

今回の参戦は2歳児、4歳児、娘(21)、私の4人です。

車で出かけました。

車を停めたのは⑨立川口駐車場でついた時間が9時過ぎくらい。(駐車場は普通車1日840円

入園口で入園チケットを購入し開門を待ちます。

子ども用に迷子札があったので利用しました。

遊びに夢中になった子供がはぐれてしまうケースは多く、園内放送で迷子の呼び出しを何度か聞きました(;^_^A

チケットは大人(15歳以上)450円、子ども(小中学生)0円、シルバー(65歳以上)210円です。

9時半からの開園で、チケットを買って列に並んだのが9時15分くらいでした。

9時半の開園とともに⑥立川口サイクルセンターに向かいます。

チケットを購入したり自転車を選んだりで10分~15分くらいかかると思いますよ。

 

自転車でサイクリングロードをひた走る・・・

⑰レインボープールの方へ行ってしまうと、サイクリングロードは行き止まりになってしまいます。

第1サークルでは間違わないように!

ウチは間違えて行ってしまったんですけど、この時期はプールはやっていないので閑散としていましたが(;^_^A

第2サークルでは昭島口方面へ向かいます。

すると右手に㊶わんぱくゆうぐが見えてきます。

わんぱくゆうぐの手前にはワクワク広場があり、噴水を楽しむことが出来ますよ。

子どもたちが大好きなふわふわドームもあります。

比較的幼児~小学校低学年生向けの遊具があるのがわんぱくゆうぐ。

 

少し遊んだら、次は㉖こどもの森へ向かいます。

第4サークルを左手に行くとこどもの森です。

空のすべり台、虹のハンモック、雲の海などなどこちらは中学生くらいの子どもも多く遊んでいます。

霧の森は15分間隔でキリが噴き出すので、子どもたちがキャーキャー言いながら霧の中を走り回っていましたよ。

雲の海(通称ふわふわ)では、大きな子どもと小さな子どもとで、別々のエリアになっているので、幼児でも遠目に見守っているだけで大丈夫。

このあたりでちょうどお昼くらいになりました。

ドラゴンの砂山が見えるあたりでお昼を食べている家族は多かったです。


我が家も仲間入り~

子どもたちは、あっという間にご飯を食べ終えドラゴンで遊んでいました(;^_^A

上に登ったり、口の中に入ってみたりとみんなやることは同じですね(笑)

こちらでの遊びを終え、またしても自転車移動。

玉川上水口方面に少し自転車を走らせると銀杏並木がありますよ。

一旦第4サークルまで戻り(時間に余裕があれば、こもれびの丘を通って砂川サイクルセンターを経由して、第3サークルを過ぎ、みんなの原っぱに向かうといいかも。)第3サークルを右手に行くと㊳みんなの原っぱに向かいます。

みんなの原っぱの花畑ではコスモスが満開でした。

娘曰く映えな写真・・・

花畑の通路に入って、花畑の外側から写真を撮るとこんなかんじになりますよ(笑)

みんなの原っぱと歩道の間に、子どもには楽しい迷路的な庭園があります。

しばらく駆け回っていて、よっぽど楽しかったんだろうな~と(笑)

秋を堪能したら、立川口サイクルセンター目指して戻ります。

最後に寄るのが⑩カナールです。

噴水を楽しんだり、銀杏並木を楽しみました。

立川口サイクルセンターに自転車を返却したのは15時くらい。

追記2020.11.22

今月2回目の昭和記念公園。

今回は主人と一緒だったんですけどね・・・20日経つと、イチョウはほとんど葉を落としていて、紅葉も見ごろは過ぎた感じでした。

子どもの要望で、パークトレインに乗りました。

現在は1日券はありませんでした。

みんなの原っぱの周りをぐるっと半周して反対側で降りる・・・みたいな(笑)

日本庭園は夕方からはライトアップされています。

昼間は昼間で、また違った良さがありますけどね!

スポンサーリンク

さいごに

子連れで1日楽しめる昭和記念公園。

子どもたちと秋を楽しむなら、ビニール袋も持っていくといいですよ。

ドングリや松ぼっくり拾いも楽しめます。

走り回ると意外と暑くなるので、体温調整できる服装でいくといいですね!

次のお休みに行ってみては?

▶▶▶たびノート 昭和記念公園

コメント


タイトルとURLをコピーしました