次世代住宅ポイント制度とは?家を建てない人には関係ないのか?交換商品は?

CM・TV・NEWS
スポンサーリンク

皆さんは次世代住宅ポイント制度というのをご存知でしょうか。

実はこれから家を新しく建てようと思っている人にとってはお得になるかもしれない制度なんです。

皆さんお得は大好きですよね。そこで今回は次世代住宅ポイント制度についてまとめてみました。

スポンサーリンク

次世代住宅ポイント制度とは?

次世代住宅ポイント制度はまだあまり聞きなれない言葉なのでご存知ない方がほとんどではないでしょうか。

そこで先ず初めに次世代住宅ポイント制度について簡単に説明いたします。

 

次世代住宅ポイント制度とは

一定の条件をみたした住宅の新築やリフォームをする際にポイントが与えられ、ポイントは様々な商品と交換出来るという制度です。

 

次世代住宅ポイント制度に求められる条件

家を新築やリホームする際に一定の省エネ性・耐震性・バリアフリー性能等がしっかり成されているのが条件です。

また発行されるポイントは導入した設備などによって細かく設定されています。

 

次世代住宅ポイント制度はいつまで続くのか?

次世代住宅ポイント制度は2019年の増税による住宅の買い控えに対する特別な措置といった役割もあります。

その為今のところ2019年度のみの制度で、申請期限は2020年3月31日となります。

ポイントの発行申請は2019年6月3日からです。

 

但し申請者が多く予算の上限になった場合は前倒しで締め切ることもあるそうです。

今年中に新築やリフォーム予定の方は、なるべく早くに申請しておいた方が良さそうですね。

 

従来の制度との違い

住宅エコポイント制度や省エネ住宅ポイント制度との違いは、ポイント対象となる住宅の範囲の違いです。

住宅エコポイント制度や省エネ住宅ポイント制度は「環境」に優れた住宅に対してポイントが発行されたのに対し、次世代住宅ポイント制度は「環境」だけではなく、「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援・働き方改革」が成された住宅もポイント対象になります。

 

次世代住宅ポイント制度は家を建てない人には関係ないのでは?

次世代住宅ポイント制度はこれから家を新しく建てる人にとってはお得な制度であることが分かりました。

しかしこれから家を新しく建てたり大がかりなリフォームをする予定がない人には関係ない制度のようにも思えます。

ところが意外なことでも次世代住宅ポイント制度を活用することが出来るのです。

 

次世代住宅ポイント制度は働く子育て世帯にも嬉しい制度

次世代住宅ポイント制度のポイントが発行される対象は、従来の制度に比べ広くなっています。

例えば家事の負担が軽減されるような設備の導入もポイント対象になる可能性があります。

 

具体的に対象となる設備

ビルトイン食洗器や浴室乾燥機、宅配ボックスなどが対象です。

また掃除しやすいレンジフード、ビルトインガスコンロ(ガス・IH)、掃除しやすいトイレなども対象となる設備です。

 

次世代住宅ポイント制度は若者・子育て世帯にも有利

若者や子育て世帯が既存住宅を購入しリフォームすることでもポイントが発行されます。

 

自分の家は関係ないと思っている人も意外な設備がポイント対象になることもあるようです。

ポイントの取り逃しがないようにしっかり確認しておきましょうね。

対象商品の検索 ⇒ 次世代住宅ポイント

 

住宅ポイント制度で気になる交換商品は?

交換商品は家電、玩具、食料品、スポーツ用品など様々です。

また交換商品は500ポイントから、なんと100,100ポイント以上の高価な物まで取り揃えられています。

 

特に食料品の種類が豊富で美味しそうなものばかりです。

またキッチンや掃除に関する家電が多く取り揃えられているのも特徴です。

 

交換商品の検索 ⇒ 住宅ポイント

 

家事の負担が軽減される設備を導入することでポイントを貯めて、そのポイントをキッチン家電に交換すれば主婦にとってはこの上ない贅沢ですね。

 

尚、商品の交換申請は2019年10月ごろからの予定とのこと。交換期間は2020年6月30日までの予定です。

 

さいごに

次世代住宅ポイント制度について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

我が家が家を購入した時には”住宅エコポイント”はなく、”すまい給付金”というものがありました。こちらは申請後に現金支給でした。

※すまい給付金は現在もあります ⇒ すまい給付金

こういった様々な制度というのは、自分で調べて申請しなくては受け取ることが出来ません。

そして多くの制度には申請の期限があり利用できる期間が決まっています。

知らないと損してしまうことが沢山あるんですね・・・。

利用できるものは、しっかり利用すべきだと個人的には思っているので、もしかして自分の家も対象になるのでは?と思った方は要件を詳しく調べてみることをおすすめします。

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました