節分でいわしの頭と柊を飾る理由は?いつからいつまで飾って処分はどうするか気になる・・・

その他・雑学
スポンサーリンク

節分」とは一般に各季節の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の前日の事で、漢字そのまま「季節を分ける事」を意味しています。

また、江戸時代以降は、立春(2月4日頃)の前日を指す場合が多いようです。

 

季節の変わり目といえば体調を崩しやすい方が多いのではないでしょうか?

 

今だからこそ、自律神経が・・・とか言われるようになりましたが、昔はそういった季節の変わり目の体調の変化を「悪霊」や「邪気」によるものと考えられていた為、節分の行事は私たちが思う以上に大きな意味があったようです。

 

あなたの地元は「柊鰯(ひいらぎいわし)」を飾りますか?

住んでいる地域によっては、見た事がないとう方もいるかもしれないので地域限定という事がわかります。

 

日本では古くから「門守(かどもり)」」という「災難や悪事、魔物」を避ける「まじない」として門口(かどぐち:門または家の出入り口)にあげるお守りの風習があります。

代表的なものは、社寺で受けた護符などがありますが、「柊いわし」も門守の一つです。

スポンサーリンク

節分でいわしの頭と柊を飾る理由は?地域でやったりやらなかったりする?

「柊いわし」は、地方によって呼び名が違います。

西日本では「やっかがし」、「やきさし」、「やいかがし(焼嗅)」、「やいくさし」など様々な名前で呼ばれているようです。

 

「節分」と「いわし」って何の関係があるの!?と思われた方も多いのではないでしょうか。

「魚に弱い」と書く位に海から揚げられた瞬間から弱っていく魚にどんな厄払い効果があるのか気になってしまいますよね。

 

どうやらいわしに多く含まれる脂が焼くことによって臭いや煙が強く出る為、鬼は煙を嫌って逃げていくといわれています。

 

魔除けの効能としては、

  • 柊の葉の棘(とげ)が鬼の目を刺すので門口から鬼が入れず、また、塩いわしを焼く臭気と煙で鬼が近寄らない。
  • 鬼が好きな生臭さで鬼を誘い、柊の葉の棘が鬼の目を刺す。
  • 鮮度が極端に早く落ちるという事から「弱し(よわし)」「卑しい(いやし)」とされるいわしを食べることで「陰の気」を食べて消してしまう。
  • 食べることで人にある鬼(邪気)を払う為、玄関から入ろうとする鬼をいわし

の頭で驚かせて柊の棘のある葉や枝で退治する。

という説があります。

 

この風習は青森、福島、群馬、栃木、埼玉、東京、千葉、愛知、静岡、岐阜、京都、大阪、奈良、広島、岡山にまだ残っているようです。

 

節分のいわしと柊はいつからいつまで飾ればいいの?

飾る時期に関しては地域によって違うようですので、いくつかご紹介しますね!

 

  • 小正月の翌日(1月16日)から節分の日まで
  • 節分の日のみ(2月3日)
  • 節分の日から2月いっぱい
  • 鰯の頭が猫に食べられるまで

 

地域や家庭によって異なるため色々な説がありますが、一般的には

「節分の日(2月3日)から次の日の立春(2月4日)まで」が多いそうです。

 

節分が終わったら鰯の処分はどうするの?

 

まずは「柊いわし」の作り方をご紹介いたしますね☆

柊いわしの作り方

<材料>

  • 鰯の頭1つ
  • 葉のついた柊の枝 (20センチ位のもの) 1本

 

<作り方>

  1. 鰯の頭を焼く

塩焼きにする場合は、鰯をそのまま焼いてから頭を落とす。

  1. 鰯の頭を柊の枝に刺す(鰯の口が上にくるように刺す)

 

これで、できあがりです!

 

最近では自宅の中に飾るご家庭も多いみたいですが、基本は、「柊いわし」を玄関に飾ります。

 

「柊いわし」の処分方法

節分の魔除けに使った物なのに「ゴミ箱にポイっ‼︎」って勇気がいりますよね!

 

取り外した柊鰯は神社などで行われる「お焚き上げ」で焼いてもらうのが一番良いようですが、近所の神社は1月7日しかやっていない、もしくは、「お焚き上げ」をしていない所もあるのではないでしょうか?

 

それ以外では自分で灰になるまで焼却するといった方法もあるようですが、マンションや自宅敷地で燃やす事が出来ない方もいらっしゃいますよね?

 

そのような場合は、「柊鰯」に感謝をしてから『塩で清めた半紙に包んで捨てる』という方法があります。

 

さいごに

鰯は魔除けにもなりますが、その成分にはDHAやEPAなど血圧を下げたり、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やします。

 

カルシウムが豊富で骨粗鬆症やイライラ予防、ビタミンB2が、細胞の再生やエネルギー代謝を促し、皮膚や髪、爪を作り成長を促すなど様々な体に良い成分が豊富な食材です。

 

食べて良し!飾って良し!鰯って本当に凄いですね。

節分の時期、あなたの家に鰯とともに幸せがやって来ますように!

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました