東横インVS NHK受信料支払いは?放送法で徴収された受信料の行方は?

CM・TV・NEWS
スポンサーリンク

つい先日、東横インに対してNHK受信料を約19億3,500万円支払うように最高裁が決定したというニュースを聞いて何があったんだろうと疑問に思った人もいらっしゃいますよね。そこで今回は東横インのNHK受信料問題について考えてみました。

スポンサーリンク

東横インVS NHK 受信料支払いは?

問題になっていたのは「東横インのNHK受信料未払い」でした。東横インは全国におよそ230ものホテルがあり、各部屋にテレビが設置されています。

数にすると約34,000台だそうです。それにしても約3万4,000台とは想像もつかないテレビの台数ですね。

ところが東横インでは平成24年1月から26年月の間、NHK受信料が未払いとなっていたのです。訴訟では、全国230カ所余りのホテルに設置されたテレビについて、平成24年1月~26年1月に未払いとなっていた約3万4,000台分の受信料が争われました。

NHKの受信料未払いのケースは個人ならたくさんいますよね。しかしホテルが「未払い」とは、何か理由があるのでしょうか。また何故この問題が法廷で争われることになったのかも疑問ですよね。

実はこの問題には次のような経緯があるのです。東横インは「NHKとの間に支払いを免除するとの合意があった。」と主張していたのです。

そのため東横インは受信料を払っていなかったんですね。それならホテルといえども未払いになっても納得です。

ところがNHKは東横インに対して通常通り受信料を要求しました。東横インとしては「あれ?話が違うんじゃないの?」となりますよね。

そのため受信料の支払いをしていなかったみたいです。結果、法廷で争われてしまう結果になりました。

これだけ聞くと、受信料の免除の約束をしてあったのだから受信料は支払わなくて良いようにも感じますよね。

しかし裁判によると「放送法は合意による免除を許可していない」という観点から、東横インはNHKに対して未払い分の受信料を払わなくてはいけないと決定しました。

ルールとはいえ、ホテル側としては腑に落ちない所もあるでしょう。それにしても「受信料を免除する合意があった。」とありますが、一体誰と誰がどのようなタイミングで合意したのか気になりますよね・・・

ニュースでは今のところそこまで明かされていません。しかしこの「合意」が真実なら、少し東横インが可哀そうな気もします。

東横インとNHK受信料問題の放送法とは?

それにしても東横インとNHK受信料の論点は放送法にあると思いませんか?そこで放送法についてまとめたのでこちらをご覧ください。

放送法は日本の決まりです。

この決まりによると、NHKを受信する人はNHKと契約をして受信料を支払わなければいけないことになっています。

しかも番組を視聴している・していないに関わらず、番組を見ることが出来る環境にある場合は必ず受信料を支払わなくてはならないのです。

つまり全くテレビを見ていなくても部屋にテレビがあり、テレビ番組を視聴することが出来るならNHK受信料を払わなくてはならないということです。

現在は部屋のテレビだけではなく、車のカーナビにテレビ放送を受信するワンセグ機能があるものであったり、スマホでテレビを視聴することができるものに関しても、NHKの受信料を求められますよね・・・


 

皆の謎!NHK受信料の使い道

しかしなぜNHKだけ受信料があるのでしょうか。

そこでNHK受信料の使われ方について調べてみると・・・

・受信料は番組の制作費に充てられる。

・民法はスポンサー料を制作費にするが、特定のスポンサーを持たない変わりに公平性が保たれる。

つまり「皆から取り立てたお金で番組を作っているから、偏った内容の番組にならない」というのが目的なんでしょうね。

確かにキリンビールがスポンサーに付いている番組の出演者は「アサヒビール最高!」とは言わないですよね。

ただこの考え方は今の時代に適していないと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

NHKの番組を見るよという方は受信料を払うことに抵抗はないかと思います。

しかしNHKを全く見ない人からすると納得いかないですよね・・・

さいごに

東横インのNHK受信料問題でまたこの話題が上がってくると思いますが、今の日本の放送法ではどうすることも出来ないですよね。

しかも今の放送法は時代と合わなくなってきているようにも感じます。テレビは情報を得たり楽しむためのものなので、皆が納得する放送法になってくれれば良いと思います。

そうなれば、気持ちよく受信料を払うことができるのに!

 

そういえば、先日の東京都参議院選挙ではNHKから国民を守る党の立花孝志代表が当選していましたね。うちの主人が唯一興味を持っている党でした(笑)

主人はしょっちゅうYouTubeを見ているので、そこから得た情報ということで聞いたのが「NHK撃退シール」というものがあって、そのシールを玄関に貼っておくことで、NHKの営業が来たらそこへ電話して撃退してもらうのだとか?

 

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました