コード決済とは?〇〇payって便利なの?利用するメリットはあるのか

CM・TV・NEWS
スポンサーリンク

最近街のお店で商品を購入する際に少し迷うのがしはらいの方法です。

これまでなら現金かクレジットカード払いかのどちらかでした。

しかし最近は電子マネーやコード決済も出来るようになり、何で支払えば良いのか分かりませんよね。

そこで今回は最近新たに登場したコード決済についてまとめてみました。

スポンサーリンク

コード決済とは?支払い方で何が違うのかわからない

今のスマホ(携帯)は何でもできます。

レジの支払い時にはクレジットカードや電子マネーカード、時にはポイントカードや会員証代わりにもなります。

そのためお客である私たちは携帯を操作したりするだけなので「何払い」で支払っているかさえ分からなくなってしまうこともあります。

 

しかも最近はコード決済と言う新たな支払方法も登場してきたので益々分からなくなってきましたよね。

そこでまず初めにコード決済について解説していきたいと思います。

コード決済とは

QRコードやバーコードを使う電子決済システムのことです。

 

コード決済にも種類があり、お店側がQRコードやバーコードをススキャするン方法とお客側がスキャンする方法の2種類があります。

 

お店がQRコードやバーコードをスキャンする方法について

お客側はスマートフォンのアプリを起動して決められたQRコードやバーコードを表示します。一方お店側はお客が表示したQRコードやバーコードを読み取ることで決済を済ませることができます。

 

例えばコンビニエンスストアで決済方法をコード支払いにした時に、お客がアプリから表示したバーコードを店員さんがスキャンするやり方がありますがそれがこれにあたります。

 

お客がQRコードをスキャンする方法について

お客が表示したコードなどをお店側がスキャンするのに対して逆のことを行います。

 

具体的な手順は、紙に書かれたQRコードなどがレジ(店頭)に設置されているのでそれをお客が専用のアプリから読み取ります。後は金額を入力するなどの手順を踏めば支払いが完了します。

 

このように店ではなくお客がQRコードをスキャンする場合は金額を打ち込むなどの手順が増えるという点を覚えておくと良いでしょう。

 

それぞれの支払い方法はサービスによって異なる部分がある

コード決済のお金の流れは各サービスによって異なります。

そのため登録したクレジットカードからの支払い・チャージ残高からの支払い・銀行口座からの支払いなど、支払い方法も様々です。

利用するサービスごとに機能を確認しなくてはいけないので注意が必要です。


 

コード決済を利用するメリットはあるの?

お財布携帯や電子マネーならばレジにある専用に端末に携帯電話をかざすだけで支払いができます。

ところがコード決済となると自分で携帯を操作し専用画面を表示しなくてはなりません。

 

これではかざすだけで済む従来の支払い方法で十分だと感じますよね。しかしコード決済は色々とメリットもあります。

 

店への導入費用が安い

クレジットカードや従来の電子マネーの場合、店は専用のカードリーダー端末を設置する必要があり導入費用が高額でした。

しかしコード決済ならば導入費用を安く抑えることができます。

キャッシュレス支払いできる店が増える

店への導入費用が安いことから、今までは大手企業でしか利用できなかったものが、身近な小売店でも利用できるようになるかもしれませんね。

今後コード決済が可能になる店が増えてくることが予想されます。

そうすると小銭をジャラジャラと持ち歩くことも減るので毎日の暮らしがスマートになります。

 

コード決済を使い分けてお得をゲットできる

コード決済で支払うとポイントが貯まることがほとんどです。

しかも現在はキャンペーンが頻繁に開催されているのでいつもより多くポイントが貯まります。

少し前のpay payのキャンペーンがニュースに取り上げられたのも記憶に新しいですよね。

低金利のこの世の中、ポイント還元は非常に価値のあるものなのではないでしょうか。

 

さいごに

 

支払い方法が多様化してお客にとっては支払い1つでも複雑になり困る時もあります。

「〇〇pay」とう決済サービスが一気に増えてきたので、利用する私たちもそれぞれのサービスのことを知らないと、上手に使うことが出来ません。

私は基本は「楽天」なので、アプリも楽天payを利用していますが、スマホはSoftbankなので「pay pay」をよくすすめられます。

「登録は簡単なので!」と言われますが、あれこれ登録しすぎてしまうと、結局支払いもごちゃごちゃしてしまって、お得だからと言って使いすぎてしまうことも考えられます。

キチンと管理できる状態を作って、どのように利用するのが自分にとって一番メリットがあるのかを見極めてから使い始めることをおすすめします!

 

ぽちっと応援お願いします(^^♪→
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました